プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

PB2017の合奏: 本番まで1ヶ月を切ったの巻

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。

 今日は、最初に「英雄」から。

 第1楽章。毎回そうなのだが、冒頭からの数小節間のテンポが決まらないし、Vcの音程が相変わらず気になる。
 テンポを緩めた後にギア・チェンジをして元のテンポに戻すタイミングのコンセンサスがイマイチ。
 まだ が大きすぎるところがある。
 指揮者曰く「密やかに」とおっしゃった感覚。
 sf に至っては、「熱いものに手を触れて、引っ込める」感覚。
 その引っ込め方のスピードにコンセンサスがないのだろう。
 また cresc. した後に、decresc. が不十分なところが気になる。

 第2楽章。冒頭からの Cb がイイ感じになってきたように思った。
 弦楽器は、丁寧に演奏しようとして音楽が前に進まず停滞しているように感じるところが数か所。
 葬送行進曲であるゆえ、「歩き続ける」ことを怠らないことが必要で、そのビート感の共有が必要だろう。

 第3楽章。この楽章も が大きすぎるところがかなりある…というか が1つのところが大きすぎるのかもしれない。
 音量のダイナミックスの幅が小さいと音楽にメリハリがなくなるので注意が必要。

 第4楽章。冒頭の変奏曲で、やはり Vc の音程が気になる。
 自分の課題であった Poco Andante (349小節目)からの部分、今日は前回よりも気持ちテンポが速いと言うか音楽が停滞しない感じだったので、このノリであればブレスコントロールは何とかなりそうだ。
 最後の Presto 部分は、今日のテンポであればシングル・タンギングで対応可能。
 
 「英雄」は、全体的に良くなったところが増えた感があるが、よろしくないところは相変わらずな感じ。
 まだあまり見通しの良い演奏とは言えない。

 次に「皇帝」をピアノ独奏無しで合奏。
 今日は、1st のGさんが欠席なので、エロイカ 1st のHさんが代奏。

 今日は独奏無しなので、ソロ部分を飛ばしながらの流し合奏。
 ピアノ独奏がないことで、木管が裸になって目立った分、音程や吹き方のコンセンサスなど気になるところがあった。
 第1楽章の488小節目の付点2分音符の処理の仕方が管楽器の中でも合ってないし、弦楽器ともコンセンサスが得られていないように感じた。
 この付点2分音符の処理は、その後フェルマータ後の Tutti で2回出てくるがいずれも同様の課題。
 第3楽章の146小節目から出てくる弦楽器の16分音符2個スラー+4分音符の音型の縦が相変わらず合っていない。
 待ちきれずに先に出ちゃっている人がいるし、音が出た後に転んでいる人もいる。
 これは言うまでもないが各自がゆっくりしたテンポで16分音符をメトロノームで刻みながらカチっとはめるトレーニングをして、できるようになったら徐々にテンポを上げていくと言うことをきちんとしておくべきだろう。

 いずれにせよ本番(4月15日)まで1ヶ月を切って、残す練習はステリハを除くと後2回。
 練習録音もあることだし、きちんと復習をして少ない時間で効率の良い練習ができるようにしたいものだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PB2017の合奏: 今日はフルコースの巻

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。

 今日は最初に「皇帝」を全楽章。

 練習の前に「3.11」と言うことで黙想を1分間実施。

 まずは第1楽章から。
 いくつかの約束事の確認(例えば110小節目からのrit.など)。
 それでも「耳覚え」をしている人が居るせいでコンセンサスを得ないところがある。
 バランス的に木管がアンサンブルをしているところは、弦楽器がもっと薄くてよいと思うところもいくつか。
 逆に80~81小節目のように木管が1st Vnを聴いてビート感を共有しなければならないところもある。
 第2楽章は、省略して、最後のほうの第3楽章につながるところから始めて第3楽章へ。
 146小節目から出てくる弦楽器の16分音符2つスラー+4分音符の音型が、パートによって弾き方がバラバラだし、出だしの下の低い音がきちんと聞こえてこないのはよろしくない。
 まだ音程が良くないところもあるので、個人練習が必要だろう。

 次に「英雄」の第1・第3楽章を重点的に。
 第1楽章は、これまでの練習で注意を受けたところができていなかったりする。
 特に音量のダイナミックスに関しては、ベートーヴェンがきちんと仕掛けを作っていて、それを譜面に書いてあるわけだから、それをまずきちんとやるべきであり、それに指揮者の解釈でプラスした「お約束」があるので、それらをきちんと守らなければよろしくない。
 指摘を受けてきちんとやればそれなりに効果が出ている(練習録音を聴いてそう感じた)ので、各自がもっと注意力と集中力を持って演奏すべきだろう。

 第3楽章は、まず通し。
 テンポは比較的遅め。
 この楽章をきちんと通しておくことは重要だ。
 やってみて感じたことは、どうしても繰り返し前と後で演奏に差が生じる、つまり前者のほうが精度が低いことが多い。
 これを最初っから高精度で演奏できるようにすべきであろう。
 個人的には428小節目の2拍目の入りがいつも遅れるので要注意だ。

 最後に第2・第4楽章。
 第2楽章は、旋律を弾くVnと伴奏の低弦のビート感のコンセンサスがまだできていないために、何となく噛み合わせの悪い演奏に聴こえる。
 第4楽章は、先週練習したこともあり、見通しの良い演奏になりつつあると感じた。
 それでも音量のダイナミックスに関しては、コンセンサスができてないところがあり、例えば、Flのソロが終わった198小節目から練習記号[C]までは、sfがあってもpなのだが、sfのたんびに大きくなってしまう(同じ傾向は第1楽章にもあり)。
 こういう部分は、かなり意識してシビアに音量をコントロールするクセをつけないと統制が取れない。
 個人的には、349小節目からのPoco Andanteのところのブレスが決まらず苦戦を強いられている。

 次週は練習がないので、練習録音を聴いて課題への対応をし、その次の合奏では、完成度を高めるようにしたいものだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

エロイカの合奏: PB2017 第2回目

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。
 今日は、先に弦分奏だったので、後半の合奏から参加。
 曲は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」の第2・第4楽章。
 今日は、1st のHさんがアンサンブルの本番で欠席のため、協奏曲の1stを吹くGさんが代奏。

 まず第4楽章。
 前回の課題だった349小節目からの Poco Andante の部分、前回よりも少し余裕が出た感じだが、自分のパートは、このテンポだと息が持たないので、どこでブレスをするかが検討課題。
 前回と同じように思ったことは管楽器の楔型のアクセントの付いた音符の処理。
 例えば練習記号【C】(211小節目)から後の付点音符の音型にこの楔型のアクセントが出てくるのだが、もっと音色としては硬い感じで良いのではないかな。
 
 次に第2楽章。
 前回と同じようにpのところのダイナミックス、例えば練習記号【F】の後は、pなのだが、なんとなく大きくなってしまっている。
 譜面に忠実に従えば、177小節目まではpで、178小節目でcresc.してdecresc.→pである。
 この楽章は、同様の我慢比べみたいなところが何度もあるので、その辺りをもっと注意力を持って余裕で演奏したいところだ。

 今日の合奏は、エロイカの2つの楽章のみだったので、比較的体力的には何とかなったが、個人的には更に精度を上げた演奏ができるようにしておきたい。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PROJECT B オーケストラ 2017 始動!

 午前中に PROJECT B オーケストラの初回練習に参加。
 今回は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」とピアノ協奏曲第5番「皇帝」の2曲プロで、2曲とも2ndを担当する。
 これらはこれまでに 1st は吹いたことがあるが、2nd は初めて。
 1st は、一昨年の定演でご一緒したお二人なので安心して演奏できる。
 オケは、対向配置で、バスーンは、下手側に位置する。
 この配置は、2ndの場合は、VcやCbが近いので個人的にはやりやすいと思っている。

 今日は、まず「英雄」から。
 第1楽章。
 最初はビート感の共有が出来ずにテンポが決まらなかったが徐々に慣れてきた。
 それでも歌いすぎたり、必要以上に弾きすぎてグルーブ感が失われそうになるところがかなりある。
 fが1つのところとffのところの差をもっと意識すべきだし、sfが続くとpなのに段々クレッシェンドしてしまう傾向がある(sfが続く場合にクレッシェンドと解釈するやり方もあるが、今回はその解釈はしない)。
 管楽器は、楔形のアクセントがついている音符とそうでない音符の吹き方にもう少しコンセンサスを持って吹き分けたほうがよいかいもしれない。
 第2楽章も注意すべきところは同様で、それが出来てくるとダイナミックレンジが広がるだろう。
 第3楽章も少し気が緩むとpのところが段々大きくなってくる傾向がある。
 第4楽章の349小節目からの Poco Andante の部分、管楽器のアンサンブルが余裕がない感じになってしまっている(自分も含めて)ように感じるので、もう少し楽な音量で響きを大切にした吹き方をしたいところだ。

 次に「皇帝」。
 初回からソリストの田中 良茂氏との協奏。
 全体としては初回にしてはまずまずだと感じたが、まだまだオケに余裕がない感じ。
 その影響もあってオケの中で噛み合わせが悪いと感じるところに気づく。
 ピアノとオケの音量バランスなどは、今後調整可能だろう。

 この大曲2曲を全曲通す(「英雄」は返した楽章もある)とかなりの体力を消耗する。
 バテないような体力配分も個人的な課題だ。

 練習後は、IPOJ の譜読み合奏へ移動。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PROJECT Bオーケストラ 第3回定期演奏会終了

 PROJECT Bオーケストラ 第3回定期演奏会終了。

 今日の演奏会場は、晴海トリトンスクエアにある第一生命ホール
 自分としては初めて演奏するのホールなのでステリハで音出しをするまではどんな響きがするのか興味深かった。
 ホール最寄り駅に向かう大江戸線のとある駅でマエストロのH氏が乗って来たのでビックリ!
 おかげでホールの楽屋口まで問題なく到着。
 10時のステリハ開始までの間は、リードのチェックやウォーミングアップをした(舞台設営は45歳以下の男性というオヤジと女性に優しいオケであるw)。

 ステリハは、本番の曲順とは異なり、ベートーヴェンの交響曲第1番から。
 2nd バスーンで出演するこの曲でホールの響きや自席での聴こえ方をチェック。
 マエストロより弦楽器が大きすぎると言うご指摘。
 弓の毛1本で弾くくらいのニュアンスで伴奏に回る気遣いが欲しいところ。 

 次のレオノーレ序曲第3番は、降り番だったので客席側でステージからの聴こえ方も確認。
 思っていたよりも弦楽器がクリアに聴こえてこないのが気になった。
 弦楽器の対向配置(Cbは、下手側)と木管後列の逆配置(バスーンが下手)からのオケの鳴り方は、なかなか興味深い。
 ステリハの最後は、ピアノ協奏曲第1番。
 ホールの響きに慣れてきたところだが、ステージの幅が狭いのでピアノとの距離が近い。
 そのためピアノとオケの音量のバランスが、オケ側でやや掴みづらい感じがした。

 本番。

 前プロの序曲は、最初のうちは多少硬さがあったものの徐々にほぐれてきて最後は良い鳴りをしていたと思う。

 次に交響曲。
 本番でのテンポがそれまでよりもやや速くなることは想定内だったが、その想定どおり全楽章やや速めになっていた。
 そんな中でもテンポのよりどころがすぐに見つかり、落ち着くオケであれば問題ない。

 休憩をはさんで、メインのピアノ協奏曲。
 ピアノ独奏の田中 良茂氏、ブラボー!
 特に第1楽章のカデンツァが素晴らしかった☆
 1st を担当したこの曲、第3楽章でちょっとしたミスをしたが、全体を通して気持ちよく吹けた。
 第3楽章後半の木管やHrが細かい音符で掛け合いをするところも本番は問題なし。

 アンコールは、ピアノ協奏曲の第3楽章。

 今回のバスーン・パートは、当初出演予定だった常連メンバーが相次いで出演できなくなり、代わりに初参加の私が声をかけて集まってきていただいたお二人とご一緒した。
 序曲の2ndと交響曲の1stを吹いたHさんとは、10年以上前にアマオケのファゴット奏者が集まって吹きっちらかしの会をやった時に初めてお会いしてからのお付き合いだが、これまで一度もオケでは一緒に吹いたことがなかったのでとても良い機会だった。
 もう一人の序曲の1st、ピアノ協奏曲の2ndを吹いたGさんは、学生時代にジュネスで知り合い一緒に吹いた仲だが、社会人になってからは一度も一緒に吹いたことがなかったので、実に30年以上ぶりに一緒に吹く機会となった。
 急なお願いにもかかわらず、お忙しいところをスケジュールを割いて参加してくださったお二人には感謝の意を表したい。

 そして、何よりも今回の演奏会の出演オファーをしてくださった指揮のH氏に心より感謝。
 来年でオケ生活40年を迎えると言うのにベートーヴェンのピアノ協奏曲を演奏する機会が去年IPOJで5番を吹くまで一度もなかった自分にとっては、このオケが出来た時からとても気になっていた。
 今回、こうして出演できたこと、更に演奏の機会が少ないピアノ協奏曲第1番を吹くことができたのは本当にありがたかった。
 尚、H氏が著者の「アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち」が間もなく発売となるため、ホールのロビーで特別価格での販売が行われたので自分も購入しサインをいただいた
 私が主に活動をしているSオケのことも取り上げている。

 さて、このオケ、既に来年の第4回定演の日程も決まり、曲目は、ベト7とピアノ協奏曲第4番、他と言うことで、あくまでもベートーヴェンのみを取り上げる「プロジェクト B」オーケストラなのであった。
 このオケの皆さんとまたご一緒できれば幸いである。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PB 2015 G.P.: いよいよ来週本番!

 今日は、午前: PROJECT Bオーケストラ、午後: IPOJ、夜: ザ・シンフォニカの練習と言うトリプルヘッダーの日。

 その第一戦目は、PB 2015のG.P.から。

 最初は降り番のレオノーレ序曲第3番
 予定終了時刻よりやや押し気味で終了。

 次に交響曲第1番
 第1楽章から楽章ごとに通し。
 特に綻びを生じるようなことはないが、無難におさめている感あり。
 おそらくダイナミックスが平均化されているからかもしれない。
 後は本番当日のホールの響きになれることも必要だろう。

 最後にソリストの田中 良茂氏をお迎えしてのピアノ協奏曲第1番
 ここに来てリードの調子がイマイチで(今日は朝方は雨で湿度が高かった影響もあり)、集中力を欠いた演奏をしてしまい反省。
 例えば、第1楽章の122小節目は、これまでの練習録音を聴くといつも縦があっていないので、気をつけるつもりが拍を数え間違えて一人飛び出してしまった…orz
 第2楽章は繊細なダイナミックスと音程が要求されるが、リードの影響もあって自分としては納得がいかない演奏だった。
 第3楽章では、鬼門の299小節目と514小節目からの木管楽器の16分音符と8分音符の音型の絡み合いが崩れた。
 全楽章を通してからマエストロに名指しで第1楽章の72小節目の2分音符とその後のスラースタッカートの付いた4分音符の間を空けて吹いてますか?と言う問い。
 間を空けない感じで吹くと言うことで練習番号[A]からピアノソロの入る前までを通して確認して終わり。
 いずれにせよ、今日のミスに関しては、もう一度練習録音を聴いて対応策を考えたい。

 来週は、いよいよ本番
 第一生命ホールでの演奏は、初めてなのでステリハでホールの響きに早く慣れたいところだ。

 練習後は、午後のIPOJの練習へ移動。

P.S.: この演奏会にご興味をお持ちの方は、ご招待いたしますので、こちらよりお知らせください。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PB 2015 の合奏(第4回目): 練習も残すところあと2回…

 今日の午前中は、PROJECT Bオーケストラの練習と言う習慣が身についた今日この頃、第4回目の合奏。
 4月18日の本番まで練習は今日を入れて後2回となった。

 最初に交響曲第1番から。
 第1楽章は、序奏部分の5小節目から後の部分でオケ全体のビート感のコンセンサスができるまでの時間がかかっている。
 1小節目と2小節目の管楽器の8分音符の処理の仕方に統一性がない。
 所々でオケ全体のビート感が停滞し、音楽が前に行かない感じになる。
 例えば77小節目からの8小節間とか。
 第2楽章も第1楽章と同様にテンポ感が安定するまでにまだ時間がかかっている。
 ObとBnの46小節目からのダイナミックスをもっと出すようにとの指摘。
 ちなみに同様の2回目(146小節目から)は、Hrが入るので音量的には問題なしなので、確かにバランス的にはそのようにしたほうがよいと思う。
 第3楽章のトリオの伴奏音型の作り方。
 繰り返し後も同じダイナミックスでキャラクターを作るのであれば、音量と言うよりは音の質感で4小節+4小節のフレーズ感を出すような感じが良いと思う。
 第4楽章の86小節目から後の"sf"の連続は、解釈が色々あると思うが、1回1回に付けるタイプと"sf"の連続は、"cresc."と解して、段々音量を増やしていくタイプの概ね2通りあると思う。
 今回は、どちらとはっきり指定がないが、やや後者に近いか。
 悩ましいのは、繰り返しの第1カッコも第2カッコもダイナミックスが"f"だから。
 86小節目が"f"なので、繰り返しのカッコ内のダイナミックスが"ff"であれば、後者の解釈で持って行ってもよいかと思うが、そうではないところが実に難しい。

 次にソリストの田中 良茂氏をお迎えしてのピアノ協奏曲第1番。
 まずは第1楽章を通してから、ピアノが入る107小節目から返し。
 オケがピアノ独奏の伴奏に回る場合とオケだけになった場合とでのダイナミックスがイマイチあいまいなところがあって確認。
 また、237小節目から後のように木管が旋律を担当、特に大事な4分音符にスタッカートが付いている音型のキャラクターが聞えなくなってしまうような音量バランスにならない(弦が大きすぎない)ようにという注意もあり。
 292小節目から後のBnとObのソロのスラースタッカートの吹き方のコンセンサスを確認。
 266小節目以降、調性が変わり、また音楽が横に流れる感じになっているので、ここではスラースタッカートの4分音符をあまり立てずに横に流し気味に吹くことで合意。
 第2楽章は、個人的には弦やソロとの音量バランスがイマイチつかめていない感じ。
 演奏会当日のホールで響きを確認しながら決めたいところ。
 第3楽章は、514小節目から後の木管楽器がアウフタクトで入ってくる音型が乱れがちでカチッと決まっていない。
 ここはまずはメトロノームを使ってビート感をきちんと身に付けてブレない演奏ができるようにすべきだろう

 最後に弦楽器だけレオノーレ序曲第3番。
 514小節目からのPrestoの合わせを主に。
 ほんの5分くらいで合うようになったのはなかなか。

 来週は、午前中にこのオケのG.P.後、午後は、IPOJの合奏、夜は、ザ・シンフォニカの今シーズン初合奏と言うトリプルヘッダーなり。
 体力が持つかどうか…orz
 実は、その翌日の日曜日の午後には、シンフォニカのメンバーによる管楽アンサンブル(モーツァルトのセレナーデ 11番 K.375)の練習もあるのであった…。

【宣伝】
 指揮の畑農 敏哉氏著の「アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち」、アマゾンで予約受付中です!


テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>