プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

PROJECT B オーケストラ 第5回演奏会終了

 PROJECT Bオーケストラ 第5回演奏会終了。

 今日のホールは、晴海トリトンスクエアにある第一生命ホール
 ここは、2年前の第3回演奏会の時に自分が初めて演奏したホールだ。
 ステリハ開始までの間は、リードのチェックやウォーミングアップをした(舞台設営は45歳以下の男性という相変わらず我々世代と女性に優しいオケであるw)。

 ステリハは、「英雄」から。
 ホールの響きに早く慣れることを念頭に置き、全曲乗りの体力配分も考慮しつつ演奏。
 ホールがよく鳴るので、オケは頑張りすぎないようにと言う指摘。

 ステリハの後半は、「皇帝」。
 2年前のステリハの様子で、『ステージの幅が狭いのでピアノとの距離が近い。 そのためピアノとオケの音量のバランスが、オケ側でやや掴みづらい感じがした。』と書いているが、これまで毎回練習してきた練習場所よりも奥行きが狭いので、弦楽器が横に広がり、Cbがかなり下手の奥のほうに行ってしまい、練習の時はかなり近くでアンサンブルしていたので、ちょっと遠いなという感じがした。
 「英雄」を通した後で、やや緊張感が緩んだせいか、2回ほど出を間違えるケアレスミスをしてしまったので要注意。

 本番。

 「英雄」は、出だしからこれまでよりも快速テンポで進行。
 途中でも推進力を失わない第1楽章は本番が一番良かったと思う。
 そういう第1楽章の後の第2楽章は気が緩みがちだが、緊張感を伴った演奏だった。
 第3楽章も軽快なリズム感の持続がなされ、アタッカで入った第4楽章もバリエーションからの流れが良かった。

 休憩をはさんで、メインの「皇帝」。
 まずは、ピアノ独奏の田中 良茂氏、ブラボー!
 ステリハで犯したケアレスミスは、帳消しとなり、ほどよい緊張感を伴いつつ、ピアノ独奏とのアンサンブルがなされたと思う。
 アンコールは、第3楽章の後半より。

 来場者数は、555名とのことなので、全座席数の7割以上入った。
 特筆すべきは、当日売りが100枚も売れたこと。 

 このオケは、毎回ベートーヴェンのピアノ協奏曲を取り上げてきたが、今回で5曲すべてを演奏し終えた。
 来年は、ベートーヴェン交響曲第2番ブラームスのピアノ協奏曲第1番を取り上げる予定だ。
 いずれにしてもPROJECT "B" なのであるが、シーズン2に入る感じ。
 練習期間が短期間で、年一回の演奏会のオケなので名残惜しいが、既に次が待ち遠しい感もある。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット PROJECT-B 練習日記

PB2017のG.P.: 来週はいよいよ本番!

 午前中に PROJECT B オーケストラのG.P.。

 今日は最初に前回やり残した「皇帝」の第3楽章からソリストの田中 良茂氏と合わせ。
 第2楽章の最後の所から第3楽章につなぐところから開始。
 第3楽章の全体的な流れはOKだが、細部でオケがもう少し出ても良いところや逆に控えたほうが良いところがあると感じたが練習録音で要確認。
 戻って第2楽章の冒頭から。
 2分の2拍子と言うことを意識してメロディーラインの流れが止まらない演奏を心掛ける。
 最後に第1楽章。
 この楽章も精度が落ちるような感じになるところがあるので、集中力と注意力を絶やさずに演奏したい。

 休憩を挟んだ後半は、「英雄」を第1楽章から全楽章通し。
 この機に全楽章を通しておくことは色々な意味で大事。
 全体的にビート感の共有はかなりできてきたと感じたが、指揮者が指摘したようにpに落ちたところで大事に演奏しようとするあまりに音楽の推進力が落ちて、その結果テンポが停滞する傾向があるので注意が必要。

 来週は、いよいよ本番
 ホールの響きに早く慣れて安定した演奏をしたいものだ。

 練習後は、IPOJ の合奏へ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PB2017の合奏: 本番2週間前の巻

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。

 今日は最初に「英雄」を第3→4→2→1楽章の順で合奏。
 いきなりの第3楽章は、最初はエンジンがかからず、機動性を要求される楽章としてキツイものがあったが、徐々に対応。
 やはりをキープできず、だんだんと大きくなってしまうところ(例えば、377小節目からの4小節間とか)があって指摘を受けてオケが反応。
 第4楽章は、198~199小節目にかけてdecresc.してpに落とすことを忘れてしまっている人がいてモヤモヤする。
 ここは練習記号【C】の4小節前のffが突然出てくることに意味があるので、そこまで我慢できずに段々音量が大きくなっていくのはよろしくない。
 第3楽章の377小節目と同様に400小節目からの2小節間のがキープできていない。
 第2楽章は時間の関係で最初から Maggiore が終わる104小節目までを通して、223小節から最後までを通したのみ。
 冒頭からのCbをもっとアグレッシブな感じで演奏するようにという指摘を受けた後は引き締まった感じになって良かったと思う。
 第1楽章の冒頭、Vcの旋律は、どうやら「耳覚え」をしたままで弾いている人がいるようで、未だにビートに乗っていない演奏となってしまい、数回やり直した。
 ここが決まらない限り、お客様を引き付けることはできないだろう。
 この楽章も時間の関係で中間部を省略して、後半から通して終わる。
 全楽章、全体的な流れは良くなってきたと思うが、まだまだ細部に配慮が足りない演奏。

 次にソリストの田中 良茂氏と「皇帝」の合奏。
 まず第1楽章を通してから返し。
 冒頭部分のコンセンサスを確認。
 221小節目からのBnは、大きめにという指摘。
 その他、オケがブレーキをかけてピアノ独奏に渡す部分(例:332小節目など)のコンセンサスを確認。
 第2楽章は、2分の2拍子であることを意識。
 第3楽章は時間切れでやり残しが出たので次回に持ち越し。

 練習後は、IPOJ の木管分奏へ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PB2017の合奏: 本番まで1ヶ月を切ったの巻

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。

 今日は、最初に「英雄」から。

 第1楽章。毎回そうなのだが、冒頭からの数小節間のテンポが決まらないし、Vcの音程が相変わらず気になる。
 テンポを緩めた後にギア・チェンジをして元のテンポに戻すタイミングのコンセンサスがイマイチ。
 まだ が大きすぎるところがある。
 指揮者曰く「密やかに」とおっしゃった感覚。
 sf に至っては、「熱いものに手を触れて、引っ込める」感覚。
 その引っ込め方のスピードにコンセンサスがないのだろう。
 また cresc. した後に、decresc. が不十分なところが気になる。

 第2楽章。冒頭からの Cb がイイ感じになってきたように思った。
 弦楽器は、丁寧に演奏しようとして音楽が前に進まず停滞しているように感じるところが数か所。
 葬送行進曲であるゆえ、「歩き続ける」ことを怠らないことが必要で、そのビート感の共有が必要だろう。

 第3楽章。この楽章も が大きすぎるところがかなりある…というか が1つのところが大きすぎるのかもしれない。
 音量のダイナミックスの幅が小さいと音楽にメリハリがなくなるので注意が必要。

 第4楽章。冒頭の変奏曲で、やはり Vc の音程が気になる。
 自分の課題であった Poco Andante (349小節目)からの部分、今日は前回よりも気持ちテンポが速いと言うか音楽が停滞しない感じだったので、このノリであればブレスコントロールは何とかなりそうだ。
 最後の Presto 部分は、今日のテンポであればシングル・タンギングで対応可能。
 
 「英雄」は、全体的に良くなったところが増えた感があるが、よろしくないところは相変わらずな感じ。
 まだあまり見通しの良い演奏とは言えない。

 次に「皇帝」をピアノ独奏無しで合奏。
 今日は、1st のGさんが欠席なので、エロイカ 1st のHさんが代奏。

 今日は独奏無しなので、ソロ部分を飛ばしながらの流し合奏。
 ピアノ独奏がないことで、木管が裸になって目立った分、音程や吹き方のコンセンサスなど気になるところがあった。
 第1楽章の488小節目の付点2分音符の処理の仕方が管楽器の中でも合ってないし、弦楽器ともコンセンサスが得られていないように感じた。
 この付点2分音符の処理は、その後フェルマータ後の Tutti で2回出てくるがいずれも同様の課題。
 第3楽章の146小節目から出てくる弦楽器の16分音符2個スラー+4分音符の音型の縦が相変わらず合っていない。
 待ちきれずに先に出ちゃっている人がいるし、音が出た後に転んでいる人もいる。
 これは言うまでもないが各自がゆっくりしたテンポで16分音符をメトロノームで刻みながらカチっとはめるトレーニングをして、できるようになったら徐々にテンポを上げていくと言うことをきちんとしておくべきだろう。

 いずれにせよ本番(4月15日)まで1ヶ月を切って、残す練習はステリハを除くと後2回。
 練習録音もあることだし、きちんと復習をして少ない時間で効率の良い練習ができるようにしたいものだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PB2017の合奏: 今日はフルコースの巻

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。

 今日は最初に「皇帝」を全楽章。

 練習の前に「3.11」と言うことで黙想を1分間実施。

 まずは第1楽章から。
 いくつかの約束事の確認(例えば110小節目からのrit.など)。
 それでも「耳覚え」をしている人が居るせいでコンセンサスを得ないところがある。
 バランス的に木管がアンサンブルをしているところは、弦楽器がもっと薄くてよいと思うところもいくつか。
 逆に80~81小節目のように木管が1st Vnを聴いてビート感を共有しなければならないところもある。
 第2楽章は、省略して、最後のほうの第3楽章につながるところから始めて第3楽章へ。
 146小節目から出てくる弦楽器の16分音符2つスラー+4分音符の音型が、パートによって弾き方がバラバラだし、出だしの下の低い音がきちんと聞こえてこないのはよろしくない。
 まだ音程が良くないところもあるので、個人練習が必要だろう。

 次に「英雄」の第1・第3楽章を重点的に。
 第1楽章は、これまでの練習で注意を受けたところができていなかったりする。
 特に音量のダイナミックスに関しては、ベートーヴェンがきちんと仕掛けを作っていて、それを譜面に書いてあるわけだから、それをまずきちんとやるべきであり、それに指揮者の解釈でプラスした「お約束」があるので、それらをきちんと守らなければよろしくない。
 指摘を受けてきちんとやればそれなりに効果が出ている(練習録音を聴いてそう感じた)ので、各自がもっと注意力と集中力を持って演奏すべきだろう。

 第3楽章は、まず通し。
 テンポは比較的遅め。
 この楽章をきちんと通しておくことは重要だ。
 やってみて感じたことは、どうしても繰り返し前と後で演奏に差が生じる、つまり前者のほうが精度が低いことが多い。
 これを最初っから高精度で演奏できるようにすべきであろう。
 個人的には428小節目の2拍目の入りがいつも遅れるので要注意だ。

 最後に第2・第4楽章。
 第2楽章は、旋律を弾くVnと伴奏の低弦のビート感のコンセンサスがまだできていないために、何となく噛み合わせの悪い演奏に聴こえる。
 第4楽章は、先週練習したこともあり、見通しの良い演奏になりつつあると感じた。
 それでも音量のダイナミックスに関しては、コンセンサスができてないところがあり、例えば、Flのソロが終わった198小節目から練習記号[C]までは、sfがあってもpなのだが、sfのたんびに大きくなってしまう(同じ傾向は第1楽章にもあり)。
 こういう部分は、かなり意識してシビアに音量をコントロールするクセをつけないと統制が取れない。
 個人的には、349小節目からのPoco Andanteのところのブレスが決まらず苦戦を強いられている。

 次週は練習がないので、練習録音を聴いて課題への対応をし、その次の合奏では、完成度を高めるようにしたいものだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

エロイカの合奏: PB2017 第2回目

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。
 今日は、先に弦分奏だったので、後半の合奏から参加。
 曲は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」の第2・第4楽章。
 今日は、1st のHさんがアンサンブルの本番で欠席のため、協奏曲の1stを吹くGさんが代奏。

 まず第4楽章。
 前回の課題だった349小節目からの Poco Andante の部分、前回よりも少し余裕が出た感じだが、自分のパートは、このテンポだと息が持たないので、どこでブレスをするかが検討課題。
 前回と同じように思ったことは管楽器の楔型のアクセントの付いた音符の処理。
 例えば練習記号【C】(211小節目)から後の付点音符の音型にこの楔型のアクセントが出てくるのだが、もっと音色としては硬い感じで良いのではないかな。
 
 次に第2楽章。
 前回と同じようにpのところのダイナミックス、例えば練習記号【F】の後は、pなのだが、なんとなく大きくなってしまっている。
 譜面に忠実に従えば、177小節目まではpで、178小節目でcresc.してdecresc.→pである。
 この楽章は、同様の我慢比べみたいなところが何度もあるので、その辺りをもっと注意力を持って余裕で演奏したいところだ。

 今日の合奏は、エロイカの2つの楽章のみだったので、比較的体力的には何とかなったが、個人的には更に精度を上げた演奏ができるようにしておきたい。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

PROJECT B オーケストラ 2017 始動!

 午前中に PROJECT B オーケストラの初回練習に参加。
 今回は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」とピアノ協奏曲第5番「皇帝」の2曲プロで、2曲とも2ndを担当する。
 これらはこれまでに 1st は吹いたことがあるが、2nd は初めて。
 1st は、一昨年の定演でご一緒したお二人なので安心して演奏できる。
 オケは、対向配置で、バスーンは、下手側に位置する。
 この配置は、2ndの場合は、VcやCbが近いので個人的にはやりやすいと思っている。

 今日は、まず「英雄」から。
 第1楽章。
 最初はビート感の共有が出来ずにテンポが決まらなかったが徐々に慣れてきた。
 それでも歌いすぎたり、必要以上に弾きすぎてグルーブ感が失われそうになるところがかなりある。
 fが1つのところとffのところの差をもっと意識すべきだし、sfが続くとpなのに段々クレッシェンドしてしまう傾向がある(sfが続く場合にクレッシェンドと解釈するやり方もあるが、今回はその解釈はしない)。
 管楽器は、楔形のアクセントがついている音符とそうでない音符の吹き方にもう少しコンセンサスを持って吹き分けたほうがよいかいもしれない。
 第2楽章も注意すべきところは同様で、それが出来てくるとダイナミックレンジが広がるだろう。
 第3楽章も少し気が緩むとpのところが段々大きくなってくる傾向がある。
 第4楽章の349小節目からの Poco Andante の部分、管楽器のアンサンブルが余裕がない感じになってしまっている(自分も含めて)ように感じるので、もう少し楽な音量で響きを大切にした吹き方をしたいところだ。

 次に「皇帝」。
 初回からソリストの田中 良茂氏との協奏。
 全体としては初回にしてはまずまずだと感じたが、まだまだオケに余裕がない感じ。
 その影響もあってオケの中で噛み合わせが悪いと感じるところに気づく。
 ピアノとオケの音量バランスなどは、今後調整可能だろう。

 この大曲2曲を全曲通す(「英雄」は返した楽章もある)とかなりの体力を消耗する。
 バテないような体力配分も個人的な課題だ。

 練習後は、IPOJ の譜読み合奏へ移動。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>