FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

[PB2020] 「第九」の第1・3楽章をミッチリと…

 今日は朝9時から、PB2020の合奏、いつもの練習場所とは違うところにて。

 今日は、ベートーヴェン第九の第1・3楽章のみをミッチリとやる合奏。
 木管後列は、山台に乗ったので見晴らしが良く、弦楽器がよく見えて合わせやすかった。

 まずは第1楽章。
 音の長さなどの指揮者の指示に対するオケ側のコンセンサスが分かっていてもなかなか音になって出てこないもどかしさをやや感じる演奏。
 特にオケ全体で同じリズムで演奏する場合のグルーヴ感が指揮者の意図するものにまだ遠い。
 それでも初回よりは見通しの良い演奏になってきた。

 次に第3楽章。
 今日は、2nd 正パートのTさんが都合により早退したので、2アシ兼CFgのGさんが代奏してくださった。
 冒頭は最初は刻んで弦楽器が入ったら4つ振りで発車オーライ。
 後半部分で音の強弱に関して譜面に細かく書いていない解釈を追加。
 まだ余裕のある演奏とは言い難い。

 練習後は、せっかく築地場外市場の近くなので元祖海鮮ひつまぶしのお店でランチ

 今日の夜は賛助出演するKフィルの合奏なので中抜けダブルヘッダーなり。
 こちらではエロイカを吹くが、第九の後だと何か感覚が変わるのだろうか…?

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

[PB2020] PROJECT B オケ、「第九」@サントリーホールへ向けて始動!

午前中は、今年も出演させていただくことになったプロジェクト B オーケストラの初合奏へ。

 今年は、メインがベートーヴェン交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」
 昨年までに第8番までの交響曲とピアノ協奏曲5曲は全て演奏を終え、満を期しての演奏会は、4月04日(土)にサントリーホール大ホールにて行われる。
 前プロには、ブラームスの「悲劇的序曲」を演奏する。

 今日は初回練習で、まずは「第九」から。
 今回で4度目の第九は、1st を担当。
 このオケは、対向配置で木管後列もバスーンが下手に座るパターン、すぐ目の前にVcが居て、右横にはCb軍が居るので、低音チームとしては、とてもアンサンブルしやすい。
 但し、2nd バスーンが2nd Ob と一番遠い位置関係になるので、この2本がアンサンブルを要する曲は、合わすのに集中力と注意力を要する。

 第1楽章、この楽章での4分音符と付点8分音符の長さは十分にキープすること。
 楽譜に忠実に弾きすぎる傾向があって、音楽の流れが前に行かない部分がある。
 第2楽章は、結構な音符のボリューム。
 今回はアシストが居るのでうまく体力温存を考えないと第3楽章がつらくなる。
 付点4分音符+8分音符+4分音符の音型、全員がこの音型で動く時は、段々重たくなる傾向があるので、後ろの2つの音は適切な処理を施すこと。
 第3楽章は、前半はアシなしで吹いて、後半は助けてもらうことに。
 第4楽章は、タテの線が合わなくなるところが数箇所。
 耳覚えをしているところにそうなる傾向がありそうだ。

 第九の後は、前プロで本来は降り番だが、今日は2ndの代奏。
 2ndは、最低音部で動きの多い曲なのでなかなか大変だったが、今日はCbが8人揃っていたので、アンサンブルを楽しめた。


 次回は第九の第1・第3楽章のみの練習予定。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

[PB2019] PROJECT B 2019 終了

 PROJECT B 2019終了。

 演奏会場は、晴海トリトンスクエアにある使い慣れた第一生命ホール
 集合時刻前にホールに到着し、ステリハ開始までの間は、リードのチェックやウォーミングアップをして待機。

 ステリハは、本番の逆順で乗り番のベト8から。
 いつものことながらホールの響きに早く慣れることを念頭に置いて、短めの曲だが体力配分も考慮しつつ演奏。
 かなり残響があるが、客席が埋まればおそらくもう少し落ち着くだろう。

 本番。

 降り番の「田園」を控室のモニターを通して聴く。
 先に本番ステージの演奏を聴いてバランスや管楽器の聞こえ方を確認できるのはよい。

 乗り番のベト8、第1楽章冒頭が結構鬼門で、オケの響きに身を任せてしまうと拍を失いやすい(特に3拍目)ところをなんとかこらえる。
 昨日のG.P.やステリハでも確認した箇所は無事に通過。
 ソロの部分はホールの響きに委ねて楽に吹けた。
 第1楽章が終わった辺りからかなり暑くなってきて発汗したのだが、この曲は休みが少ないので汗を拭く暇もない。
 第2楽章はホールの響きに16分音符の刻みをうまく乗せることを考えて無理な力を入れないようにした。
 第3楽章のソロは、繰り返しも入れて3回吹くことになったが、特に事故もなく通過。
 第4楽章は、本番のテンポがおそらく今までで一番早く始まったと思うが、fになったりpになったりする度にテンポが緩んだり、先に行ったりという事象が発生した。
 これを一気通貫に行うのはなかなか難しい。
 いずれにせよ、本番が一番良かったと思う。

 アンコールは、ベト8の第2楽章。
 この楽章がアンコールなのは、本番終わって口が疲れているところで正直言って少々大変だった。

 このオケのメンバーと一緒に音楽を創るのは非常に楽しい。
 今回は、指揮者の畑農氏より「思いやり」が練習でのキーワードとなったが、本番では各パートとセクションがお互いを思いやって、絶妙のアンサンブルを醸し出していたと思う。
 そういうオケで自分が吹くことは自分が精進しなければついていけないことになるので良い刺激となっていることは間違いない。

 来場者数は、当日売りが42枚も売れたとのことだが、定員の57%程度の入りだった。
 ご来場いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

 来年は、ベートーヴェン交響曲の集大成、第9番「合唱付き」サントリーホールにて演奏する予定なので今からとても楽しみだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

[PB2019] PROJECT B オケの G.P. : いよいよ明日本番!

 午前中は、明日本番プロジェクト B オーケストラのG.P.へ。
 今日は、先に「田園」からで、乗り番のベト8は、後半。

 今日は通しはなく、第1楽章から流しつつチェックを入れていく。
 第1楽章の12小節目から後の管楽器の16分音符と4分音符の音型の絡みが、弦楽器と悪いところを今更ながら指摘される。
 考えてみれば、この辺りはいつも流していて弦楽器と管楽器と別々に音を出したことがなかったから、今日初めて仕組みが音として理解できた感じ。
 管楽器が待ちすぎるように聞こえるのは、木管楽器はおそらく全員耳がTrpに向いていて、そこに合わせようとするあまり、タイミングが毎度若干遅れるものと思われる。
 このことは再現部の後、209小節目から後でもあって、ここは以前私が指摘したとおり注意力が散漫になり、縦が合わなくなるところなので要注意だ。
第2~4楽章については、ディナミークがまた平坦になってきてしまったので、改めて各自が意識して演奏することで、きちんとしたディナミークを表現したいところだ。

 これで今月に入って続いていた土曜日のオケ練ダブルヘッダーは終わり。
 明日は、このオケで何度も吹いている第一生命ホールで本番だが、早くホールの響きに慣れて気を緩めることなくいきたい。

 午後は、IPOJの合奏へ移動。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

[PB2019] PROJECT B オケの合奏(第3回目)

 朝一でプロジェクト B オーケストラ合奏第3回目へ。
 今日は、先に「田園」からで、乗り番のベト8が後で、第1楽章から楽章順に。

 第1楽章は、5小節目の "p dolce" 部分のディナミークがやや大きい。
 先週の練習で感じた210小節目から後の16分音符の処理は、注意しようという姿勢は感じられるが、探り合っている感じがしてまだしっくりこない。
 このような部分は、演奏者のビート感のコンセンサスができていればすぐに縦が合うはずだ。
 337小節目辺りから cresc. が始まるが341小節目は、"f" が1つ、そのままのディナミークで349小節目で "fff" となるので、 "f" が大きすぎると思う。
 第4楽章、158小節目や351小節目からのFのオクターブ、次のFlとObが入ってくる導入として dim. するような感じでと言う指揮者の要求に対応。

 最後に第1楽章から第4楽章まで全部通した。
 このタイミングでの全曲通しは非常に嬉しい。
 体力配分(口の疲れなど)のコントロールをどのように設計するかを考える良い機会となった。
 演奏は全体として守りの姿勢を感じたが、もっと攻めることが出来る部分は、そのようにしたほうがよいだろう。

 さて、もう来週はG.P.となり、その後は、ステリハのみ。
 次のG.P.でキメるつもりで行こう。

 午後は、IPOJの木管分奏へ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

[PB2019] PROJECT B オケの合奏(第2回目)

 朝一でプロジェクト B オーケストラ合奏第2回目へ。
 今日は乗り番のベト8が最初で4→3→2→1楽章の順で。

 事前に指揮者から初回合奏を聴いてのお願いとして、全体として「フレーズの最後を『念押し』せずに、『収める』ような表現・弾き方」と「f」と「ff」と「fff」の差を改めて意識することに対してのオケの反応はいかに…。
 前回、ディナミークを「個人レッスンに持っていく曲のつもり」で念入りに確認しておくようにとの指示があったので全体としてオケが気を使っているのが感じ取れた。

 合奏の最初は第4楽章。朝一ということもあってか最初はエンジンのかかりが悪い感じだったが、次第に体がほぐれてきてビート感が生まれる。
 前回よりもややテンポを速めということだが、ジンマンのトーンハレ管を聴いている自分にはかなり遅く感じる。
 全体としてディナミークに関する注意力はもっと働かせることができると思う。

 第3楽章のソロ、全体の音量は「pp」となっているところ、弦の伴奏音量が大きすぎる嫌いは前回から指摘があったところだが、ソロを吹いているほうとしては、バランスがよく分からない…今日は前回よりも大きめに吹いてみた。
 練習録音で聴いてみたがおそらくOKで、後はホールに助けてもらおう。
 ここに限らず、この楽章のディナミークは、ffが終止部のカッコにしか出てこなくて、f 1つが主流、後は、p と pp なので、意外と音量の段階調整が他の楽章と比較して難しい。
 特に注意していないと音量の変化の乏しい演奏になってしまう。

 第2楽章、管楽器は、8分音符と16分音符の長さの差をもう少し意識したほうがよいかも。
 管楽器は、p と pp の差をもう少しきちんとできると良いかな。

 第1楽章は、前回よりもかなり見通しの良い演奏になっていると感じたが、所々でほころびが出る。
 例えば、管楽器は、210小節目から始まる16分音符と4分音符の音型で、16分音符の食いつきが不揃いになっていた。
 ここは再現部の後で、注意力がやや緩慢になる傾向があるので要注意だ。
 また第1楽章のディナミークは、"pp", "p", "f", "ff", "fff" となっているので、"f"は、通常の"mf"感覚で演奏しないと大きすぎる嫌いがある。
 しかしながら小さく演奏しようとするとテンポが緩慢になる傾向がややある。

 さて、残すところ今日を入れて合奏は3回+ステリハ。
 どうなることやら…。

 午後は、IPOJの合奏へ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

[PB2019] PROJECT B オケ始動!: ヘ長調2曲♪

 午前中は、今年も出演させていただくことになったプロジェクト B オーケストラの初合奏へ。
 曲目は、ベートーヴェン交響曲第6番 「田園」と同じく交響曲第8番のヘ長調2曲。
 今回は、ベト8の1stを担当。
 実は、他のベートーヴェンの交響曲は複数回演奏経験があるのに、この8番だけ今まで全楽章吹いたことがなかった。
 これでやっとベートーヴェンの交響曲コンプリートになるということで、非常に楽しみにしている。

 先週、弦分奏があり、今週から合奏開始。
 本番の4月21日までステリハを除くとG.P.入れて4回しか合奏がない短期決戦。
 十分な準備期間が用意されていたし、初回から毎回ほぼフル正規メンバーで合奏をするオケなので、後は各自の集中力とアンサンブル力が注入され、化学反応を起こして最後の本番で最大のパフォーマンスを引き出すという例年どおりの運びとなることを祈念しているところ。

 今日は前半が「田園」、後半が乗り番のベト8。
 ベト8の合奏は、時間にして正味1時間ちょっと。
 しかしこの時間は非常に充実した時間だった。
 初回合奏ということもあり、細部に至らないところがあったにせよ、ある程度見通しのつく演奏、そして時々感じるグルーブ感。
 木管は吹き方のコンセンサスさえ統一できれば、かなりイイ線にいきそうな気がする。
 ともかく演奏していて楽しいのだ。
 
 …とは言え、細かいところで気のついたところは、以下の点。

・ 木管後列は、対向配置をするのであれば、バスーンの1stがセンターとすべき。今日は右側にシフトしていたので吹きづらかった。
・ 第1楽章は、最大音量が190小節目のfffとすれば、f 一つの音量の処理と、cresc.の始まりの音量のコンセンサスが必要。

 残された時間には限りがあるが、このオケならきっと大丈夫なはずだ。

 そして午後は、IPOJの木管分奏へ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>