FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

[IPOJ] 日本IBM管弦楽団第33回定期演奏会終了

 日本IBM管弦楽団(IPOJ) 第33回定期演奏会終了。

 連日の真夏日、朝から日差しが暑い。
 今日はステージの設営担当なので、演奏会場のすみだトリフォニーホールに、9時前に到着し、ステージの山台などの設営をしてからウォーミングアップ。

 ステリハは、2ndを吹くブラームス交響曲第1番から。
 全楽章を通して気になるところをチェック。
 ホールの響きに早く慣れることに心がける。

 次に降り番の前プロ、ワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲だったので、舞台裏で一休み。

 ステリハの最後は、1stを吹く、中プロのオペラのアリアと歌曲。
 本番は指揮者と歌手が曲の前に曲の説明などをする時間を持つとのことで楽しみ。
 オケと歌手の声量とのバランスは特に調整を必要とするところはなかった。

 本番。

 降り番のワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲は、舞台裏で聴いていたがやはりこれまでの課題部分については本番でもスカッとしなかった感じ。

 中プロのオペラのアリアと歌曲は、気鋭のソプラノ歌手の藤原 唯さんとテノール歌手の又吉 秀樹さんが抜群の歌唱力を発揮。

 まずは、ドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」より「ラララの2重唱」と「人知れぬ涙」。
 「ラララの2重唱」は、歌手のお二人の歌とアクションがとても素晴らしかった。
 「人知れぬ涙」のバスーンのソロは、ハープがホールの響きによく乗って聞こえてきたので吹きやすかった。
 演奏後にマエストロからスタンデイングの機会が与えられ立たせていただき光栄だった。

 次にJ. シュトラウス Ⅱのオペラ「こうもり」より「侯爵様、あなたのようなお方は」。
 藤原さんの歌がとてもチャーミングだった。

 次にシューベルトリスト編曲)の歌曲「魔王」。
 又吉さんが、今回是非やりたいとおっしゃっていた曲、力強くて実にかっこいい!
 ピアノ伴奏版とは異なった表情が色々なところにちりばめられていて、さすがリストらしい編曲。

 最後にグノーのオペラ「ファウスト」より「宝石の歌」。
 この曲は、藤原さんが最近フランス物を積極的に手がけているということで選んだ曲とのことで、ドイツ物とは異なった表現が印象的だった。

 アンコールには「オー・ソレ・ミオ」をお二人で。

 メインのブラームス交響曲第1番は、おそらく本番が一番良かったと思う。
 細かいところでの綻びはあったものの、集団としての音楽に対する積極性などが見られたし、練習では途中でダレてしまっていたようなところも緊張感を持って音楽が流れていたと感じた。
 
 アンコールは、ブラームスハンガリー舞曲第1番。

 本日の入場者数は、1,125名だったとのことだが、1・2階席はステージから見るとほぼ満席に見えた。
 お忙しいところをご来場いただきました皆様に感謝申し上げます。
 どうもありがとうございました。

 次回は、2019年11月24日(日)にめぐろパーシモンホール大ホールにて、指揮者に当団とは初共演となる松岡 究氏をお招きし、スッペの軽騎兵序曲、モーツァルト交響曲第39番シューマン交響曲第4番を演奏予定。
 どうぞお楽しみに!

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

[IPOJ] 本番前日のG.P.: まさかのソロ立奏の巻

 午後から明日本番のIPOJのG.P.。

 今日はまず最初に2ndを吹くブラームス交響曲第1番を楽章順に通し。
 通した後に各楽章の気になるところをチェック。
 マエストロが進めようとしているテンポよりも遅くなったりする傾向がある場所は、おそらく耳覚えをしている箇所で悪しき習慣。

 休憩後に降り番の前プロ、ワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲。
 やはりコールアングレのソロの部分が聴いていて一番心もとない。
 伴奏楽器の音程も不安定だ。

 最後に1stを吹く、中プロのオペラのアリアと歌曲。
 今日は、ハープありで、共演するソプラノ歌手の藤原 唯さんとテノール歌手の又吉 秀樹さんとの合わせ。

 まずは、ドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」より「ラララの2重唱」と「人知れぬ涙」。
 2重唱は、テンポの切り替え部分でのギアチェンジがもたつく傾向がある。

 「人知れぬ涙」の冒頭のバスーンソロは、この1週間寝ても覚めてもこのことを考えていた。
 今日は、最初吹き出してすぐにマエストロが「ハープが聞こえますか?」という問いかけがあったので、あまり良く聞こえないことを伝えると、特別にハープの横で吹くようにとの指示。
 この際だから立って吹くことにした。
 ハープのほぼ真後ろに立って吹いたが、非常に良く聞こえるので、ソロもボリュームを上げて吹いてみたことで、ブレスのタイミングもつかめたように思う。
 まぁ明日の本番は定位置に着席して吹くだろうけど、今日の感触を忘れずに演奏したい。

 次にJ. シュトラウス Ⅱのオペラ「こうもり」より「侯爵様、あなたのようなお方は」。
 3拍子の中に独特のタメのある歌い方をする部分のコンセンサス合わせなど。

 次にシューベルトリスト編曲)の歌曲「魔王」。
 オケとテノールのソロとの音量バランスが悪いところが散見される。

 最後にグノーのオペラ「ファウスト」より「宝石の歌」。
 この曲も途中のテンポが変わるところでのオケの反応がイマイチにぶい時がある。

 明日はいよいよ本番。
 いつもながら早くホールの響きに慣れて落ち着いて良い演奏をすることを心がけたい。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

[IPOJ] 村上氏の合奏 (第7回目): ほぼ本番一週間前なのに…

 午後からIPOJは、指揮者の村上 寿昭氏による合奏第7回目。
 ほぼ本番一週間前。
 今日は、歌のソロ合わせはなく、オケだけの合奏。

 今日はまず最初に2ndを吹くブラームス交響曲第1番を全楽章通し。
 アマオケの本番で突発事故発生という事案の理由の一つは、本番前に特に交響曲の全楽章通し練習が不十分なことが理由の一つになっているように感じた。
 今日、初めて全楽章を通してみると、アンサンブルがほころびるところがわかったり、それをリカバリーする術があるのかないのか…オケの実力を試される機会にさらされる。
 村上氏からは、演奏前に2つの話があった。
 1つは、集団としての積極的な音楽造り。
 「集団として」が重要で、セクションとして音楽の方向を見据えてプロアクティブな演奏を心がけることが大事。
 もう1つは、バランス感覚。
 ブラームス特有の音の重ね合いがあって、多くの音が重なった場合の音量バランスや音色をきちんとデザインして演奏することが必要。

 続いて第1・第2楽章。
 通し練習の中で課題となった部分を取り出しての練習。
 第1楽章は、ビート感の共有がキーとなる部分が多いな。
 第2楽章は、音楽の歩みが停滞してしまう部分がある。
 先に述べた集団としての積極的な音楽造りがこのような緩いテンポの楽章ではなおさら必要となる。

 次に第3・第4楽章。
 第3楽章は、8分の6拍子になった後の8分休符の感じ方のコンセンサスができていないのと、その後の付点4分音符の長さが揃っていないことで、見通しの悪い演奏になっている。
 第4楽章は、練習記号[Q]の後から Piu Allegro に持っていくまでの間、初めの方の音量が大きすぎるのと、Piu Allegro 直前の2小節感の string. の勢いの付け方(ベクトルのコンセンサス)が不揃いで残念。

 休憩後に1stを吹く、中プロのオペラのアリアと歌曲。
 今日は歌もハープも居ないので、要所を取り出しての練習。
 まずは、ドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」より「ラララの2重唱」と「人知れぬ涙」。

 「人知れぬ涙」は、中間部から終止部までをチェック。
 一番最後のソロは、G♭で吹き出す存在感を示すようにとのリクエスト。

 次にJ. シュトラウス Ⅱのオペラ「こうもり」より「侯爵様、あなたのようなお方は」。
 この曲は、主に序奏部のチェック。

 次にシューベルトリスト編曲)の歌曲「魔王」。
 この曲は全曲通し。

 最後にグノーのオペラ「ファウスト」より「宝石の歌」。
 この曲はこれまでにかなり重点的にやっていたので冒頭部分のチェックを主に。

 今日の合奏の一番最後は、降り番の前プロ、ワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲。
 アンダンテになった後のコールアングレのソロや伴奏楽器の音程が非常に気になる。

 いよいよ来週は本番前日のG.P.。
 今日は弦楽器のエキストラが揃っていなかったり、管楽器も代奏が居たりしたので、来週のG.P.では是非きちんと全員揃って注意力と集中力、および確信を持った演奏をしたいものだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

[IPOJ] 村上氏の合奏 (第6回目): 歌手の方々とのソロ合わせ

 午後からIPOJは、指揮者の村上 寿昭氏による合奏第6回目。
 今日は、今回共演するソプラノ歌手の藤原 唯さんとテノール歌手の又吉 秀樹さんとの初ソロ合わせを含む内容。

  最初に1stを吹く、中プロのオペラのアリアと歌曲のソロ合わせで、まずは、ドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」より「ラララの2重唱」と「人知れぬ涙」。
 藤原さん又吉さんが歌う「ラララの二重唱」は、まだオケが歌手が創る微妙なニュアンスをキャッチして反応するに至らず、しっくりこない感じ。
 練習場所の音響の関係もあるが、歌手の音圧とオケのそれとのバランス調整が必要。

 又吉さんが歌う「人知れぬ涙」、これまでの練習では、ハープ無しだったが、今日はハープが入ったので冒頭のソロはこれまでよりも吹きやすかったのだが、いかんせん、部屋の音響の関係でハープのアルペジオが良く聞こえないところもあって難儀する。
 これまでこのソロに関して書いてこなかったが、実はテノール音域の一番コントロールの難しい辺りで、メロディーは一見平易なのだが、演奏のハードルはなかなか高い(例えるならば、チャイコフスキーの交響曲第4番の第2楽章最後のソロのよう)。
 連休中に自分の演奏を録音しては聞き、自分が吹いている感覚と録音で聞こえている演奏とのギャップを認識して矯正ということを繰り返すことで何とか形にしてきたところだ。
 今日の練習録音を聴いて更に精度を高めたい。

 次に藤原さんが歌うグノーのオペラ「ファウスト」より「宝石の歌」。
 この曲の三拍子のニュアンスのコンセンサスがまだオケ側で整っていないため、見通しの悪い演奏。

 次に又吉さんが歌うシューベルトリスト編曲)の歌曲「魔王」。
 今回、又吉さんがこの編曲版で是非やりたいとお申し出のあった曲ということで、1回通してからの又吉さんの感激もひとしお。
 ソロが3人の人格を使い分ける歌唱をしているのに対して、オケの対応が甘く、一本調子になってしまっている。

 最後に藤原さんが歌うJ. シュトラウス Ⅱのオペラ「こうもり」より「侯爵様、あなたのようなお方は」。
 この曲の三拍子も独特の節回しがあるので、ソロの歌唱に最大限に注意力を使って対応する必要がある。
 やはり弦楽器のレスポンスが甘く、全体的に音楽の完成度が低い。

 次に降り番の前プロ、ワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲。
 ようやく弦楽器のメンバーが揃ったところでコンセンサスができていないところがあったりして、音楽の流れが滞りやすい。

 最後に2ndを吹くブラームス交響曲第1番
 最初に第1楽章の最後のほうをチェックしてから、第1楽章の冒頭から通し。
 練習場所の音響の関係で、バスーンの位置からVcが聴こえにくくやりにくかった。
 第1楽章から第2楽章に移ったときのモードの切り替えが出来ていない。
 第3楽章はビート感のコンセンサスが出来ていない(弦楽器が譜面にかじりついて周りを聞く余裕がない)ので、かみ合わせの悪い演奏。
 第4楽章は時間が押していたので、何箇所かピックアップしての通し。
 オケの中で耳覚えをしてしまっている人がいて、アンサンブルが乱れそうになるところがある。

 今日は実は午前中に右手小指の第2関節を痛めたので、時々痛みがはしる中での演奏。
 次週までにはなんとかしたいところ。
 そして次週は、もう本番ほぼ1週間前ということで、残された時間で様々な課題にどのように対応するか、悩ましいところだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

[IPOJ] 村上氏の合奏 (第5回目)

 午後からのIPOJは、指揮者の村上 寿昭氏による平成最後の合奏第5回目で場所は外部会場にて。

 今日は最初に2ndを吹くブラームス交響曲第1番を1→4楽章の順で。
 第1楽章、冒頭の一くだりが終わった後の木管の音程、その他、フレージングのコンセンサスなど、様々な課題多し。
 3連符と付点音符の音型が絡み合う部分の音程とかみ合せの悪さもめだった。

 次に1stを吹くオペラのアリアと歌曲で、まずは、ドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」より「ラララの2重唱」と「人知れぬ涙」。
 まだオケが顔を上げて柔軟性を持って演奏するには程遠い状況。
 「人知れぬ涙」の冒頭のソロは、リードのコンディションが良くなく、コントロールの効いた演奏が出来なかったのが残念。
 既に演奏会用のリードは別途調達してあるので、この連休中に仕込んで次回以降に備える所存。

 これ以降の歌物の演奏は、管楽器に代奏者が目立ったことや弦楽器に新たなメンバーが加わったことなどがあって、アンサンブルがイマイチだった。

 大型連休を挟んで次回は、ソリストやハープが入っての練習となる予定。
 その時までに様々な課題を克服できるようにしておきたい。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

[PB2019] PROJECT B 2019 終了

 PROJECT B 2019終了。

 演奏会場は、晴海トリトンスクエアにある使い慣れた第一生命ホール
 集合時刻前にホールに到着し、ステリハ開始までの間は、リードのチェックやウォーミングアップをして待機。

 ステリハは、本番の逆順で乗り番のベト8から。
 いつものことながらホールの響きに早く慣れることを念頭に置いて、短めの曲だが体力配分も考慮しつつ演奏。
 かなり残響があるが、客席が埋まればおそらくもう少し落ち着くだろう。

 本番。

 降り番の「田園」を控室のモニターを通して聴く。
 先に本番ステージの演奏を聴いてバランスや管楽器の聞こえ方を確認できるのはよい。

 乗り番のベト8、第1楽章冒頭が結構鬼門で、オケの響きに身を任せてしまうと拍を失いやすい(特に3拍目)ところをなんとかこらえる。
 昨日のG.P.やステリハでも確認した箇所は無事に通過。
 ソロの部分はホールの響きに委ねて楽に吹けた。
 第1楽章が終わった辺りからかなり暑くなってきて発汗したのだが、この曲は休みが少ないので汗を拭く暇もない。
 第2楽章はホールの響きに16分音符の刻みをうまく乗せることを考えて無理な力を入れないようにした。
 第3楽章のソロは、繰り返しも入れて3回吹くことになったが、特に事故もなく通過。
 第4楽章は、本番のテンポがおそらく今までで一番早く始まったと思うが、fになったりpになったりする度にテンポが緩んだり、先に行ったりという事象が発生した。
 これを一気通貫に行うのはなかなか難しい。
 いずれにせよ、本番が一番良かったと思う。

 アンコールは、ベト8の第2楽章。
 この楽章がアンコールなのは、本番終わって口が疲れているところで正直言って少々大変だった。

 このオケのメンバーと一緒に音楽を創るのは非常に楽しい。
 今回は、指揮者の畑農氏より「思いやり」が練習でのキーワードとなったが、本番では各パートとセクションがお互いを思いやって、絶妙のアンサンブルを醸し出していたと思う。
 そういうオケで自分が吹くことは自分が精進しなければついていけないことになるので良い刺激となっていることは間違いない。

 来場者数は、当日売りが42枚も売れたとのことだが、定員の57%程度の入りだった。
 ご来場いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

 来年は、ベートーヴェン交響曲の集大成、第9番「合唱付き」サントリーホールにて演奏する予定なので今からとても楽しみだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

[IPOJ] 村上氏の合奏 (第4回目)

 午前中のPB2019のG.P.後、午後のIPOJは、指揮者の村上 寿昭氏による合奏第4回目。

 最初に2ndを吹くブラームス交響曲第1番を2→3→4楽章の順で。

 第2楽章は、相変わらず音程の悪いところがかなりあって悩ましい。
 第3楽章は、弦楽器と木管楽器でビート感のコンセンサスができていないところが多い、特に転調した練習記号[D]から後の部分、頭の8分休符が長くなる傾向がある人が居て、音楽が流れない。
 第4楽章は時間がなくなったので、導入部とフィナーレのみ。

 次に降り番のワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲。
 65小節目からのAndante.の木管楽器の音程の悪さが気になった。

 最後に1stを吹くオペラのアリアなどのうち、今日はグノーのオペラ「ファウスト」より「宝石の歌」のみ。
 弦楽器で譜読みができていない人がかなり居るので本質的な練習になかなか入れない。
 それが出来ていることが前提で音楽に色々な肉付けをしていきたいところ。
 そしてソリストが入ると更に注意力が必要となるため、今の段階で余裕を持って演奏ができるようでないとかなり苦労すると思う。
 次週は他の歌曲も取り上げるとのことだが、骨格となる部分が出来ていないと合奏する意味がないので要改善。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>