プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

「東スポブログパーツ」を追加

右カラムに「東スポブログパーツ」を追加してみました。ブログの記事を自動的に東スポ一面風に表示する面白ブログパーツです。

いきなり表示された見出しが、

激怒!!
午後からIPOJの合奏は
説浮上も

(↑リロードされると変わるので今見えているものは違うかもしれません)。

しばらく経ってから出たのが、

発見!!
IPOJの合奏後は
謝罪


なんか、いいかも(←関係者受けか…)。

今後、どのような見出しが出るのか興味深いところです。

ブログ通信簿

ブログ通信簿

っていうサービスが始まったそうなので、早速やってみた結果です(詳しい説明は、こちら)。

なぜか性別は♀。よく話題にしているのは「吹奏楽」だそうですが、なんだかなぁ…。

「BLOGRANGER」で、バスーンをチェック!

「BLOGRANGER TG」がインターロップのBest of Show Awardでグランプリ受賞』というニュースを見たので、早速チェック。バスーンの場合ファゴットの場合でやはり差がある。ファゴットのほうがタグがたくさんついているせいか、「演奏会」というくくりで出てくる。バスーンの場合は「クラシック」のくくり。

色々な楽器名を入れてチェックしてみると意外なことが見つかるかも。

タグ: バスーン ファゴット

今、ブログで話題の楽器って?

チューバかいっ?(ビオラと1位争いかっ…)。

20位までにファゴットもバスーンも出てないですねぇ…。

タグ: バスーン ファゴット

「勝手にブログ評論」

勝手にブログ評論

ブログのRSSを形態素解析していじくるツール。面白いです。早速、このブログでやってみた結果が以下のとおり。種明かしは、こちら
ロンドンのナイトクラブで本番終了をちらりとさせると、すぐに声を掛けられるだろう。

低音ピアニッシモ的展開を実現しているのは、シンフォニカなのだ。第2楽章の魅力は、ピノ・ノワールに似ている。ロンドンのナイトクラブでボーカルをちらりとさせると、すぐに声を掛けられるだろう。こういうときに限って驚くほどシンフォニカが生きてくるものなのだ。ローマ人ほど普段使用を大切にする種族はない。ロンドンのリージェント通りで続練習日について聞いてみると、おおむね好意的に受け止められていることがわかる。にもかかわらず30数分はダメなのである。本当に必要なのはシンフォニカなのだろうか、それとも音程以外か。歴史的背景を述べるとすれば、初合わせの起源は紛れもなくバランスであっただろう。バスーン♪を嗜む上で大切なのが30数分だ。それはヘッケルなのだと言える。換言すれば、第2楽章の魅力は、ピノ・ノワールに似ている。スーパーボーカルにはスプーン一杯の砂糖ほどの値打ちもない。腐った第1曲目がひとつあると、全体がダメになってしまう。ありとあらゆる事実が、大学オケOBの必要性を裏付けている。バスーン♪の杜を一言でいうとすれば、第2楽章である。エントリは凄まじい。むかしからいわれていたことだが、充分熟成を重ねた大学オケ OBには、一流のソムリエも舌を巻くだろう。貴族が決闘をするように、作者はヘッケルと訣別しなければならない。Eタイプにキャビア一粒ほどの価値もないのは、残念なことである。イタリアの田舎者には、バスーン♪の美しさは永久にわからないだろう。古人曰く「バスーン変われどはヘッケル変わらず」。こんなときにブランデンブルグ協奏曲を持ち出すのは、少々冒険である。極言すれば、人生とはメンバーとリハーサル後さえあればいい。スコットランドの言い伝えに寄れば、「好奇心は使用経験報告を殺す」のだそうな。トランペットがない世の中なんて想像できるだろうか。第2楽章とは、時に危険なものである。一流の紳士は常に大学オケOBを意識している。個人的に最も興味深いのはシンフォニカよりもむしろLowピッチである。小品2曲など、スミソニアンにでも飾っておけばいいのだ。

ということは、ロンドンのナイトクラブでEタイプをちらりとさせると、すぐに声を掛けられるだろう。最高級のバスーン♪を所有するというのは、貴族の嗜みのひとつとすら言われる。アルコールは食べたら無くなってしまう。スコットランドの古い諺だ。18世紀の後半に登場した毎回注意は、その後登場したボーカルに思想を受け継がれている。淑女というものは、つねに使用経験報告を忘れないものだ。新春ダブルヘッダー,ファゴット,バスーン♪・・・枚挙に暇がない。ドラッカー曰く、「続練習日は企業規模とは無関係である」だそうだ。

残念ながら、ゴタゴタは違う。ゴタゴタは珍しいがそれほどの値打ちはない。モンパルナスから吹く風は、毎回注意に似ている。柔らかくて粉っぽく、塩のにおいがする。チェックを必要とするのは自然の摂理であるだろう。アンサンブル、それは真に必要とされているものなのだ。とりわけローマ人には。古人曰く「ブランデンブルグ協奏曲第2番変われどはティップ変わらず」。本番1ヶ月前もそうだ。それはなにかと言われれば、ファゴットである。チェックの台頭は、無視できないところまで来ている。ニーチェが第2楽章について言いたかったのは、要するに「それはシンフォニカだ」ということかもしれない。ダンテの神曲では、バスーンを巡って対立が起きる。そう。同パートのように。

emo

「あなたのブログはどんな顔?」というキャッチの"emo"に登録してみました。あまり更新頻度が高いとは言えないこの拙ブログで、果たしてどんな顔になるのか興味あります。

続きを読む

このサイトの価格は…?

本日現在、147,816円だそうです。

サイトストックというブログパーツを追加してみました(左側カラムのモジュールです)。

果たして値上がりしていくのでしょうか…?
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>