プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

選曲会議

NYから帰国して明日で1週間。時差ボケは、さほど感じないとは言え、夕方になると睡魔に襲われる。さて、ザ・シンフォニカの次々回演奏会の指揮者は、I氏(と言っても、正指揮者の今村能氏ではなく、ザ・シンフォニカ初登場のマエストロ)に決定し、選曲会議が始まったそうだ。先生は、我々の過去の演奏会プログラムをご覧になって、「フランスものはあまりやっていないですね。」というご感想。確かにそうだ。ザ・シンフォニカは、比較的ドイツ物、それもマーラー、R.シュトラウス、ブルックナーといったものを得意としていることもあり、これまでフランス物を「積極的」にはやってきていない。まあ、オケの「芸風」という意味では、あまり合っていないのかもしれない。でも、「音楽のひきだし」を増やす意味でも、オケの色彩感や表現力を広げる意味でもやってみる価値はあるだろう。但し、次回がラヴェルの「クープランの墓」やドビュッシーの「海」を取り上げるので、このあたりのプログラミングの観点から難がありそうだ。どうなることやら…。

無事帰国

NYより無事帰国。NYではハリケーンだったが、日本では台風15号の影響が心配されたが、日曜日に成田に到着するちょっと前にその影響で多少揺れたのと霧で視界が悪かったくらいで、たいした支障もなかった。ここ数年の海外出張では帰国時に必ずと言っていいほど、どこかの悪天今日の影響で帰国に支障がでていたので、今回は幸いと言えよう。帰ってきたら結構寒かったので、風邪をひきそうだ。気をつけねば。帰国前にNYのJFKのDuty Free Shopの前で取った携帯電話デジカメ写真をアップしておいた。この後、Gateに行く前のSecurity Checkでは、靴も脱いだし、ThinkPad s30は、係官のチェックも受けた。Piano Surfaceのs30を見て係官がさかんに"Beautiful!"を連発していた。

@NY JFK

@NY JFK

ハリケーンISABELの影響もなく無事帰国の途に。

From NY #2

今のところ無事。ハリケーン:ISABELは、各地で被害を出したようだが、自分の居るところのそばでは、風が強いなーっていう程度。もう、さっき外を見たら(こちらの金曜日の昼12時過ぎ)、快晴になっていた。明日の帰国フライトもWebでチェックしたところでは、大丈夫のようだ。このまま、何事も無く日本に無事に帰りたい。では。次は、日本からということで。

From NY

お約束どおり、NYから。無事に到着。こちらは、最高気温が25℃くらいで湿度が低いので東京よりは楽。行きのフライトで、フライト・アテンダントが「バーボン」を知らなかったのには驚いた。これまで20回くらい国際線に乗っているが、こんなことは今回が初めて。こちらでは、今ハリケーン「ISABEL」が近づいて、金曜日は雨の予想。そのせいか、昨日こちらに到着してレンタカーを運転している時も、ときどき小雨がパラついていた。週末まで、無事に過ごしたいものだ。そんでは、また。

NY行き前日

いよいよ明日NYに向かう。渡航に際し、色々と情報を入手している中で、この情報は、ちょっと意外だった。思わず自分のパスポートをチェックしてしまった。こんな情報もあったりして、なんだか色々だよ…。JFKから日本に向かう際の機内持込手荷物のチェックが厳しいらしい。帰りくらいはホッとしたいもんだが、どうなることやら…。

同窓会(その2)

今週になって、来週の海外出張のことなどで慌しくてなかなか書けなかった。8月に高校の同窓会のことを書いたが、その後、連絡先不明者が当初100名以上いたのが、今はもう6人!これは、すごいことだ。やっぱり、Internetの力は、すごいと思った。同窓会当日の会場のIT環境なんて、10年前では考えられないくらい充実している。きっと、『伝説の同窓会』となることだろう。

来週だが、NY現地からのUpdateをやろうと考えている。

久々にNY

15日の週にNYに出張することになった。昨年は、シカゴに6月に行ったが、帰りのフライトでひどい目にあったので、今回はゴメンこうむりたい。あの時は、サッカーのワールドカップの影響か、成田~シカゴ間の直行便が取れなかったのだ。そんで、ミネアポリス経由だかのでしかたなしに行ったのだが、帰国の際、ミネアポリスが悪天候でシカゴ~ミネアポリスの国内線がキャンセルとなり、デトロイト経由で成田に行く予定が、シカゴ~デトロイト間の国内線がなんと2時間も遅れたんで、デトロイトに着いたときには、既に成田行きはドアが閉まって、まさに滑走路へ移動寸前!それでも、自分以外に他の便で乗り継ぐ客がかなりいて、機長がOKを出したんで滑り込みセーフ。勿論、スーツケースは、一緒に帰国できなかったが、追跡システムがきちんとしていて、翌日の夕方には日本にちゃんと帰ってきた。んで、今回は、NYといってもマンハッタンではなくて、北のほう。この近くには今から10年前に3~4ヶ月滞在していたので、その当時購入したローカル地図が家にあったんで、それを見ながら、色々と思い出している。あの時は、WTCビルの屋上で屋外に出て写真を撮ったんだっけな。色々な意味で、この10年間を振り返るいい機会かもしれない。

CSIとX-Files

かつてはドラマニアを気取っていた小生だが、最近は殆どTVを見ることがない。しかしながら、外国物だけは特別で特に月曜日の夜だけは22時から00時までCSIX-Filesを見る。X-Filesのほうは、契約しているケーブルTVでFox Japanが見れるので、最新シリーズだ。いやはや、先週と今週は続き物だったのだが、UFOに誘拐されモルダーの"Dead or Alive"にまつわる話で、とても良かった。前者は、所謂科学捜査班とか検死にかかわる話で、かつでフジTVで深津絵里、松雪泰子、鈴木京香、小林聡美が出ていた「きらきらひかる」というドラマで深津・鈴木・小林が監察医の役で出ていたのだが、あの番組は事故の顛末を結構図解とかCGとかで説明していたんで、面白かった。この手のドラマ、小生のお気に入りのようだ。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>