プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

幻想交響曲

ザ・シンフォニカの次回演奏会のメインは、ベルリオーズの幻想交響曲。オケとしては2回目の演奏となる(第17回定期で演奏している)のだが、今回は、ベーレンライター版を使用することになっている。でっ、スコアは、どうするか? 勿論、ベーレンライター版のスコアがあるが、オイレンブルクからのリプリント版が、3,000円前後する。実は今回の演奏に使える最もコストパフォーマンスの高いスコアは、音楽之友社版(ベージュの表紙)だそうで、ベーレンライター版をほぼそのままパクリながら、第2楽章のコルネットも小さく印刷してある。実際に銀座のYAMAHAで見てきたが、これで充分。1,300円+税。ベーレンライター版の演奏については、指揮者の高関氏が、大阪センチュリー交響楽団を振った時のインタビューがあるので参考にされたし。この曲、やったことのある方は、お気づきだろうがバスーンが4本あるが、ほとんどユニゾン。これは、おそらくバソンを前提に作曲されているので、音量という観点で倍管のユニゾンにしていると小生は考えている。さて、先週末、半年以上のインターバルを置いて久々に楽器を吹いてみた。「思ったよりも吹けるもんだ。」っていうのが感想。そりゃーだてに30年近く、吹いてきたわけじゃないから。ひとまず、安心。

掲示板を是非ご利用ください!

新しい掲示板にしてから、まだどなたからも書き込みがないので、ちょっと寂しい思いをしておりますが、もしかして書き込みできないとかエラーとか出てたりします!? 無いと思っておりますが、もし何かお気づきの点がありましたらば、メールにてお知らせください。

ウェブリブログ

Blogの話題が続くが、BIGLOBEさんもBlogのサービスを開始。「ウェブリブログ」。たまたまIDを持っていたので、早速登録して、このサイトへのリンクだけのを作ってみたけど、とても簡単。デザイン・テンプレートも数種類用意されていた。こんな感じで、ポータル・サイトは、今後、どんどんBlogサービスを導入していくことだろう。

Blog最新情報

Blogブームの中にあって、ココログ新しいサービスを発表。「アクセス解析」機能は、興味あり。Myblog Japanは、MyClipのサービス開始。自分のBlogにどんどん取り込めるポータビリティが魅力か。NTT Comは、「ブログ人」を月末から開始TypePadベースだ。一方、「Movable Type公式日本語版が登場」。100%出資の日本法人「シックス・アパート」を設立。会長に伊藤 穰一氏、執行役員(技術担当)に平田 大治氏という陣容。その平田氏のコメント。実に頼もしい。

My “little” BACH-BOOK for A Solitary Bassoonist

中川良平氏がアレンジした首記作品集にRonald Klimko氏が大絶賛の書評をIDRSにアップしたのを受けて、パイパーズのサイトでもUpされた。うーん、これは手に入れたい逸品。更に新刊で、"CARNAVAL DE VENICE- for A Solitary Basoonist" ~ひとりぽっちのバスーニストのためのヴェニスの謝肉祭~ が出た。これも手に入れたいところ。さらにbsnMLに流れた情報では、その中川氏が最近バッハの無伴奏チェロ組曲全6曲(for Bassoon Quartet)を書き終えたそうで、3月7日にヤマハ銀座アトリエで名古屋から長年、氏の薫陶を受けた10人のBassoonistsが上京し、ご本人を迎えてこのQuartetの「マスタークラス」を成功させたそうだ。小生が大学オケの時の木管トレーナーだったDK氏が、中川氏のお弟子さんで、1度だけ、そのリードを見せていただいたことがあった。比較的小さくて薄めのリードで、音色的にはバソン的であったのを覚えている。そのDK氏は、そのリードをFoxのプロモデルにて演奏していたが、相性は良かったように思う。


ロボット

ここのところ相次いで音楽関連のロボットのニュースがあった。1つは、ソニーのQRIOがオーケストラの指揮をしたニュース。オケは、東フィル。師匠が現役時代に活躍したオケだが、なんでまた曲が「運命」なのかと言うことが気になる。人間の指揮者だって、あの第一楽章の出だしは、息が合わない曲なのに、何でまたわざわざQRIO君にやらせるかね? インパクトを狙ったんだろうね。「田園」のほうがはるかに楽だったろうに。もう1つは、トヨタのパートナー・ロボットがトランペットを演奏したニュース。こちらは、ロボットが実際に演奏したところがミソ。写真を良く見ると、指のところとか良くできてそうだが、マウスピースのところは「人工唇」だそうだ。トランペットだから、指3本で演奏可能できる。よってプログラミングもある程度可能な範囲だったろう。これが、バスーンだったら、どうよ? 運指は、両手だし、リードは、どうする? 楽器演奏ロボットと言えば、母校のある研究室が弦楽器やリコーダーの楽器演奏ロボットの研究をしており、現在も続いているようだ。

あのボーカル

bsn MLに流れた情報パイパーズなどのウォーターハウス氏の写真で見たことがある方も多いと思うが、これが特許になっているという話は、初耳だった。一度は、吹いてみたい代物。

ファゴット協奏曲「炎の資格」

なにげなくJDRのWebを見ていたらば、『水谷上総氏演奏ファゴット協奏曲「炎の資格」』なるJDR Informationを発見、早速リンク先に行ってみると、なんと高校オケの大先輩にあたる池辺晋一郎氏のあの協奏曲をN響主席の水谷氏の演奏で、しかも改訂版として初演するそうだ…。

続きを読む

弥生の雪

暦では、今日から弥生。なのに東京は朝からどんよりと曇っていたかと思えば、なんと雪が降った。昨日の朝、小淵沢では夜のうちからの雪で、少し積もっていたのだが、その雲の流れか…。
第76回米アカデミー賞の助演男優賞候補の渡辺謙氏、残念でしたなぁ。何か、スカっとしたものが欲しい今日この頃。そうだっ、サッカーU-23の平山君に期待しよう!
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>