プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

月島にて…

今日は、ザ・シンフォニカ練習で、月島社会教育会館まで行ってきた。

月島も最近は、タワーマンションとかがどんどん建ってきているし、大江戸線も開通しているから、ザ・シンフォニカの練習で来るようになった十数年前とは、ずいぶんと変わってきたように思う…人も街も。それでも、昔ながらのもんじゃ焼きの名所であって、地下鉄の駅を降りると、何となくそんな香りがするのは気のせいだろうかぁ…。

今日は、練習場所が21時完全退館だったので、いつもよりも早く帰宅。雨になると言っていたが、出かける時に、ちょっとだけポツポツきたが、帰りは大丈夫だったし、思ったほど寒くなかった。本番まで後約2週間、これからは本番に向けて体調を整えていかねば。



藤田先生の合奏

今日の練習は、久々に月島社会教育会館で、藤田先生による合奏。曲順は、「ワーグナー」⇒「グレート」で、「影のない女」は、無し。

事前に、先生に練習の録音をお送りして、コメントをいただいてあった。まず、『前回できていた美しいシンフォニカの音が失われていますね。』…おぉ、こりゃまずい。特に「グレート」に関しては、『難しいのでしょうが、みなさん頑張り過ぎ、弾き過ぎですね、綺麗な音で弾こうという意識を忘れちゃっていませんか?』…これは、三石先生が、おっしゃる「シューベルトらしさを失わない」に通じるところがある。管楽器で言えば、息をそんなに吹き込まなくても、楽器が良く鳴るポイントみたいのがあって、そのツボをうまく当てて演奏できると良いのだろう。弦楽器にしても、おそらくそんなに弓を使わなくても、楽器が良くなるツボのようなものがあるに違いない。更に、音程がバッチリ合えば、pでも良い響きが出るわけだ。『「グレート」の木管はもっと主張して吹いてもいいかな、録音のバランスと会場のせいかもしれませんが、弦に埋もれてしまっているところがあります。もちろん弦の弾き方にも問題があるのですが、pと書いてあってもそれを音量でかたくなに守るのではなく、表現がピアノなのであって、と思うところがありました。』…これは、実際に吹いていても感じている。ただ、練習会場が一定の場所でないので、バランス関しては、なかなか難しい問題だ。

ということで、小生は、「グレート」の合奏だけだったのだが、時間が充分にないので、各楽章抜粋という形での練習。第1楽章は、序奏部分の8分音符の歌い方、3連音符と付点音符が重なっているところでは、3連音符を1つ1つ吹くのではなくて、フレーズを感じて流れに乗らないと遅れて聞こえるという指摘。「金管の快感」の話。第1楽章の最後で最初Trbがやや暴走気味に吹いてしまった。先生がおっしゃるには、こういう曲でTrpやTrbが快感を得るのは、デカイ音で下から突き上げるように吹くのではなく、上のほうで構えている感じの音が出ている時。それは、前回の演奏会の練習の時に、「音のポジション取り」の話をしてくださったことをもう1度お話になって、それを思い出して欲しいとのこと。Hrnが音のエッジ作りをするほうが、「グレート」のような曲には適切であるという。第2、3、4楽章でも、今までの練習で指摘されなかった細かい音符の処理の仕方に指示が入った。懸案の音量バランスについては、今日のところは練習できなかった。

この練習場所は、21時完全退館なので、いつもよりも短い練習時間ではあったが、充実した気分になれたのは、藤田先生のおかげと言えよう。

「もぶろげっと」β版

画像付きのblog検索エンジンの「もぶろげっと」のβ版が公開されているようだ。小生のモブログがなかなか検索にひっかからないのは、どうやら検索エンジン用のmeta タグをテンプレートに入っていなかったせいのようなので、追加してみた。しばらくしてから、チェックしてみよう。

トイレが1つしかない店でスマートに待つ方法

いゃー、今日の「おいしい店とのつきあい方」、感動した。誰でも1度は経験したことがあると思うのだが、小さくても居心地の良いレストランで、たまたまトイレが1つしかなくて、しかも先に誰かが入っていることに気づかずにトイレの前まで行ってから、「しまったぁ…」という状況。これを回避するベストな方法をサカキシンイチロウさんは、教えてくれました。いゃー、実にスマートだわ。いつかどこかでやってみよっと。

Movable Type 3.122の提供開始

25日に書いたMovable Typeの脆弱性の対応で、3.122の提供が開始されたので、早速昨日このサイトにも対応した。とりたてて、どうって言うことがないというか、今のところ、この恩恵を授かったと言う事実がないので、なんともコメントのしようがないのだが、脆弱性に対しては、今後とも機敏に対応していっていただきたいものだ。

運指表

6月の演奏会でタコ9をやるにあたって、第4楽章のソロを研究中なのだが、やはり2回目のソロのG4からD5の跳躍部分が一つのキーだわね。んで、色々と運指を検討しているところで、こういうサイトを見つけた。なかなか図解がわかりやすい。問題のD5は、ここに出ている。春祭のように一瞬出すのではなくて、かなり音が出ている時間があって、G4からの吹き込みで勢いのあるところだから、色々とバリエーションを考えて最善策を持ってこないといかんな。師匠にも、リードを頼んだ際に、この運指に関して、これまでのご経験からアドヴァイスをいただきたいとお伝えしてあるが、どうなることやら…

Movable Typeの脆弱性と対策について

【重要】 Movable Typeの脆弱性と対策について」という記事を発見! どうやら、Movable Typeの脆弱性により、スパムメールの送信を幇助してしまう現象が発生することが分かったようだ。とりあえず、実装。果たして効果の程は…?

森下…田川水泡…漫画の思い出

今日は、ザ・シンフォニカ練習で、江東区森下文化センターまで行った。

この練習場所の一階には、「田河水泡・のらくろ館」がある。田河水泡氏は、漫画「のらくろ」の作者だ。小学生の頃、一緒に学校に通っていたM田君の家に、この全集があって、数回読んだ記憶が蘇った。軍隊に入った「のらくろ」のエピソードなので、子供心に腹を抱えて笑えるような内容ではなかった。どちらかといえば、祖母が毎週買ってきてくれた「少年マガジン」のほうに夢中になったものだ。自分が読んでいた頃は、「巨人の星」、「あしたのジョー」、「釘師サブやん」、「釣りキチ三平」、「うしろの百太郎」などの時代。一方で、「少年ジャンプ」の「包丁人味平」にもはまった。この漫画が、私がグルメになった原点であると言っても過言ではない。

今日は、リヒャルトから…

今日の練習は、三石先生で、江東区森下文化センターで合奏。

今日は、「影のない女」からで、ハープが2本入った。ハープが入ると、オケの響きに厚みが出る感じ。まず、1回通して、先生が、細かいところの指示を出した。主に、強弱関係と音のニュアンスの指示。弾き方や吹き方に多少の工夫が必要だ。最後にもう1回通したが、全体として前回よりも流れが出てきたが、場面の切り替えがもう少しスムースに行くとよいだろう。フレーズの終わりから次の旋律が始まるところのつなぎかたのコンセンサスが各楽器間で出来ていない感じだ。主⇔従の関係において、自分が今どちらなのかを認識することをもう少し徹底すると良いかもしれない。

引き続いて、「さまよえるオランダ人」。降り番なので、休んで聴いていた。先週、オケの中で演奏しながら聴いていたオケの響きと少し違うような気がする。まぁ、先週とは練習場所が異なるが、テンポのギアチャンジが少し円滑になったかな。但し、やはりアンサンブルにおける強弱のバランスに対する指示が多い。

最後は、「グレート」。第2楽章の最後のほうに出てくる音型で、4分音符にアクセント、続く8分音符にスタッカートという形は、4分音符は、音をディミニュエンドして、8分音符のほうは、4分音符よりも音量としては、小さめに収めるというルール付けを指示された。ベーレンライター版を楽譜どおりに演奏してしまう弊害、すなわちベートーヴェンぽくなってしまうことに対する施策だ。第2楽章のテンポは、予想以上に軽快なテンポ設定。第4楽章は、「速い!」。弦楽器も大変そうだが、我々管楽器も大変だ。テンポが速いと実際に音になって出ている時間が短いわけで、その瞬時に音楽的なニュアンスを表現することは非常に難しい。全体の流れの中でフレーズを大きくとって、表現していくようにすべきだろう。やはり、ここでも先生からは、音量のバランス調整の指示。音域によっては、その楽器がpを出しにくい場合が当然あって、その場合は他の楽器との音量のバランスが崩れやすい。

さて、次回は、藤田先生による合奏。前回の演奏会で初めて練習をみていただいたが、好評につき、今回もお世話になることになった。弦分奏の後、合奏は、ワーグナーとシューベルトのみ。

コメント・スパム対策に関して

CNET Japanこの記事は、今後のコメント・スパム対策に関して朗報と言えよう。これによれば、Six ApartTypePadMovable Typeにも適用すると書いてあるので期待できるが、効果の程は、いずれ議論を呼ぶことになるだろう。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>