プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

次回演奏会へ向けて始動!

ザ・シンフォニカの次回定演は、06月26日。通常よりも約1ヶ月早く、また指揮者のキンボー・イシイ=エトウ先生のスケジュールの関係からG.P.と本番以外に先生が練習にいらっしゃるのは、たったの2回のみ。このような事情から、通常であれば2月の本番後、次回演奏会に向けての練習は4月に開始されるのだが、今回は、特別で03月19日から始まる。

ということで、既にタコ9の譜読みは、始めていたが師匠からいただいたリードで、きちんと練習を開始した。2本あるうち、これまでタコ9用に使おうと思っていたほうじゃないリードのほうが、調子がいいので、こちらでしばらくやってみることにする。ICレコーダーでソロを録音して聴きながら調整をしてみたが、まだリードが安定していないせいか、音色のムラが目立つ。細かく速い動きの部分をゆっくりと指と頭に覚えこませるようにじっくりとさらってみた。今ひとつ納得の行かない感じだったので、何とかしたいところだ。


ビクター青山スタジオ

仕事で、青山にあるビクター・スタジオに行ってきた。まず302スタジオを見学させてもらった。ご存知の方も多いと思うが、401スタジオは、サザンの桑田さんがほとんど専用に使っているそうだ。それからDVDの最終チェックをする部屋で、CDとDVD Audioの音の違いをサラウンド・スピーカーで聴かせていただいた。申し上げるまでもないが、DVD Audioのほうが、より実際に録音された物に近い感じで、音の輪郭が空間に浮かび上がるような印象を受けた。CDのほうは、本当に「デジタル」っていう感じで、こうして聴き比べてみるキンキンしているなぁという印象。その後で、木製振動版を採用した「ウッドコーン・スピーカー」の開発秘話を聞いた。これも某国営放送の番組のようで、大変興味深かった。特に振動版をプレスする時に何度やっても割れてしまっていたのだが、行きつけの飲み屋のおかみさんが、スルメを酒に一晩浸してから焼くと柔らかく伸びるようになるっていう話を思い出して、プレス前の材料を一晩酒に浸してからプレスしたところ、全く割れることなく成功し増産のメドが立ったそうだ。そのあたりも含めたドキュメンタリー調の記録を収めたDVDを記念にいただいた(昨年、BSジャパンで「原音の追及者たち」という番組で放送されたようだ)。また、先ごろオスカーを受賞したレイ・チャールズのCDもいただいてかなり満足。

懇親会の席上、会議に参加されていたTG社の方が、今話題のL社のHエモン氏の高校の後輩だということで、「ではSB社のSさんの後輩でもあるわけですねぇ?」なんて意味の無い突っ込みをしてしまったが、気を取り直して、ひとしきりL社のポータル・サイトとしての価値観について意見を交換。

餃子の餡

餃子の餡

エビ、鶏ひき肉、蓮根、青シソ、生姜などと調味料を合わせて作成。

「不連続練習日記」の2万回切番ゲットは、…

自分でした…本日の、午後15:30頃です。昨日見て、「おぉ、あと10くらいだなぁ…」と思っていて、どんな感じか確かめてみようと思って見てみたら、ズバリでした。まぁ、こういうこともありますね。

切番ゲットは、誰の手に…

おかげさまで、「不連続練習日記」の通算アクセス・カウンターがもうすぐ2万に達しようとしています。どなたが切番をゲットなさるのか…。

次の演奏会に向けて、とりあえずパート譜を作りました。タコ9は、結局ブライトコプフ版のきれいな物をA4に縮小コピーして、今回配布されたパート譜にある練習番号を書き込みました。

タコ9の元パート譜


本番終了!

すみだトリフォニーホールでのザ・シンフォニカ 第37回定期演奏会本番

「さまよえるオランダ人」は、降り番だったが、R.シュトラウスの「影のない女」とシューベルトの「ザ・グレート」をステリハから2回全部通して吹いているのだから、通常なら疲れて当然なのだが、スポーツを終えた心地よい疲労感程度で、以前のようにヘロヘロになっていない。演奏していて楽しかった。良い意味で力の抜けた演奏だったので、余裕さえ感じられたくらいだ。まぁ、実際は、木管楽器は、結構大変なんだけど、今日のシューベルトの木管トップは、ザ・シンフォニカの創立当時と同じトップ・メンバーなので、気心知れた仲、少ない練習時間でも音程があれだけ合うんだから、大したもんだわ。改めて感動と感謝。

本番終了!

明け方に雪になるという予報もあったが東京都心部は、特に問題なく朝から天気が良かった。ステージのセッティングのため、午前9時前には、すみだトリフォニーホールに着いた。ステマネのA氏の手際の良い段取りで、淡々と山台のセッティングが終了し、10時前には既に前プロのステリハが開始できる状態に。「さまよえるオランダ人」は、客席で聞いた。うーん、序奏が終わった後のコール・アングレのソロ部分の伴奏楽器の出が不ぞろいなのが気になるなぁ…。1度通して、すぐに「影のない女」へ。これも全部通した後、オルガンの音色と音量調節のため練習番号【32】からを2-3回繰り返して終り。連絡事項の伝達と休憩をはさんで、「グレート」の通し。結局、全部本番どおり通してしまったが、体力的には全然問題ない。いざ、本番へ。

本番は、ホルン・パートの楽譜が紛失するというハプニングが2回あり、ガタガタしていた。「オランダ人」の楽譜がなくなっているということで、ワーグナーの降り番メンツも舞台裏で、ステージ上の譜面台に置いてきた自分の楽譜がなくなっていやしないかと不安になっていた。私は、そういうことで余計な気を使いたくないので、最近は自分で持って出ることにしている(もっとも、持って出るのを忘れたらいっかんの終りだが…)。「オランダ人」の演奏は、幾分ステリハよりも軽快なテンポにて順調に終り、引き続き「影のない女」へ。おっと、トップのA女史が楽譜をステージ裏に置いてきてしまっていたことに気づき、取りに引き下がる。なんか、ゴタゴタしてるなぁ…と思いつつも、すぐに演奏へ。三石先生の素晴らしいところは、その場の雰囲気、つまりオケの調子、聴衆の雰囲気を素早く察して、それに合わせた指揮をなさり、我々をコントロールしてくださるところだ。これは、レセプションでコンマスのM氏も同様のことをおっしゃっていた。「影のない女」の演奏中、数回、プレイヤーが棒を越してしまっていたところがあったが、オケ全体の破綻をきたすことなく演奏を終了することができたのは、先生のおかげというわけだ。「グレート」は、全体的に良い意味で力の抜けた演奏だったと思う。そして演奏していて楽しかった。この大曲を力まずに、このような感じでまとめることができるのも三石先生の長年のご経験による賜物と言えよう。演奏後、カーテン・コールが長かったので、「第4楽章をもう1回!」とかおっしゃるのではないかと思ってしまったが、個人的には全然体力的には余裕があったので、やってもよかったくらいだ。この体力がついてきたことに関しては、実は秘密があるのだが、これは追々お話していく機会があると思うので、ここでは控えることにする。ご来場いただきましたお客様には、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、次の演奏会は、タコ9とブル9。既に数回話をしているが、タコ9の第4~5楽章にかけての大ソロ、何とか物にしたいと考えている。次回の練習開始は、3月19日(土)。では、また!

明日は、本番!

今日は、大久保のクラシック・スペース★100で、ザ・シンフォニカ本番前日の練習

いつもの演奏会よりも1回練習が少なかったせいかどうだかわからないが、なんとなく「もう、本番!?」っていう感じだ。

掲示板のほうで、ここ数日、シュライバーの上位機種が製造中止になった話から色々と意見交換が進んでおります。のだめカンタービレの最新ニュースも入っておりやす。

今日は、早めに休んで、明日に備えよう。

本番前日…

クラシック・スペース★100にて、G.P.。曲順は、「さまよえるオランダ人」⇒「影のない女」⇒「ザ・グレート」。

ここまで来ると、ジタバタしても始まらないのは毎度のことだが、冷静に周りの音を聞きながら、自分の音とのコラボレーションを楽しみつつ、オケ全体の音楽が主張できればよいのだと思う。今日は、色々なことを感じつつ楽器を吹いていた気がする。「影のない女」は、三石先生の指揮だからこそ、演奏していて楽しい。2回通したが、音程が合ってきたのと、演奏者のベクトルが太くなってきたようで、音に深みが出て表情が豊かになってきた気がした。「グレート」は、音楽の密度が増してきた感じがするし、第二楽章なんか、本当に吹いていて涙が出そうになるくらい木管アンサンブルが美しく仕上がっている。なんか、明日の本番が楽しみになってきた。ただ、天気がちょっと気がかり…雪が近いのか、ややリードが重ためだ。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>