プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

プロコ#5@森下とか…

今日は、夕方から森下文化センターにてザ・シンフォニカの練習。プロコ#5の合奏のみ。

昨日、マンフレ様主催比較ビール学会事務局長の小哲漁労長様よりメールが来て、来月漁労長様のマンションの集会場にてアンサンブル大会をやって、その後にホームパーティをやるというお知らせ。嬉しいお知らせ。早速参加表明。初めてお会いする方もいるようなので、チト緊張…テレ屋なんです。

合奏はプロコ#5のみ…

今日の練習は、森下文化センター/レクホールにてプロコ#5の合奏のみ。

内藤先生の指揮で、まずは第4楽章から。倍テンポくらいの遅いテンポで全体を通す。前回の山下先生の練習で、この楽章は殆ど手付かずだったし、「快速プロコ」のテンポに全然ついていけない状態だった。今日のようなテンポを落とした練習が本当に必要なのかどうか賛否両論あるだろうけど、もう少し各個人がちゃんとさらってきていれば、おそらく練習時間の三分の一は節約できたと思う。続いて第2楽章の練習もテンポを落としての確認作業。ここでのコメントも第4楽章と同じだが、個人的には、【50】の部分がVcとBClときちっと合わせる感覚を養えたのはプラス。宿題は、【54】の後に出てくる32分音符の処理。これはごまかすことなくきちんと音にしてテンポにはめる必要があるので、要練習。第3楽章は、【71】と【72】の間に出てくる6連符がはまらない。第1楽章の冒頭のソロ、FlのK氏との息もピッタシで気持ちよかった。2ndのK氏の支えるFの上にGが乗っていくところのミステリアスな感じが実に心地よかった。

ここで書いたようにプロコに関しては、ほぼ個人的な課題は克服しているので、今後はオケとしての音楽性の追求にいかに貢献するかというレベルでの練習となる。勿論、各パートとのアンサンブルや音程の課題とかいったレベルの内容もあれば、オケ全体としての「色」をどう醸し出すかなどのハイレベルな課題は尽きない。この曲は、管楽器のソロが色々と出てくるが、オーケストラ全体としてのコンセンサスに基いたメリハリのある演奏ができないと「C調」になってしまうおそれがある。そのあたり山下先生がどのように料理されるのかも興味あるところだ。

Reed Makers for Bassoon

ちょいとWebをぶらついていたら、タイトルのページを 発見! 特にモダン・バスーンからバロック・バスーン、コントラまで1つ1つにこだわりがあるところがなかなか良い。

"Physical Forces at Work in Bassoon Reeds"や"Counting the Virtues of Bassoon Reed Cane"なんていう論文調のコンテンツは、なかなか素晴らしい(←まだ全部に目を通していないけど…)。ここのケーンの解剖学的考察なんて、今まで見たこともなかったんで興味深いし、この音響システム的な考察やこのリード内の空気の流れの話を読んでいると自分のリードと楽器、そして奏法とか息の使い方とか色々な事を考えさせられる内容なので参考になった。

寿司とかもんじゃ焼きとか…

今週末の合奏に備えて、個人練習

先週の金曜日夜は、まず築地で「すし」、その後、月島にある同僚の高層マンションにお邪魔して夜景を堪能(セレブな手みあげが訪問条件だったので、これを持参)、その後、有志でもんじゃ焼き。関西人1名、もんじゃ焼きには手が付かず…その気持はよ~くわかりました。

『急がば回れ』。

来週末は、久々の合奏の予定なので、プロコ#5の全体通し。ここで指摘した課題のうち残るは、第2楽章の[54]-[56]くらい。ここもテンポが異常に早くなければなんとかついていけるレベルまできている。マンフレ様の「シベリウスで負傷」を読んで、ひとごとではないと感じる今日この頃…しかし感心するのは人間の脳と神経と筋肉そして細胞の"Synergy"。これまで何度も書いてきたが指が難しいところは、とにかくゆっくりしたテンポで吹きながら、目と脳と指と体にぞれぞれの使い方を繰り返し覚えこませていく。この方法は、本当に有効であることを今日吹いていて感じた。数ヶ月前に全く歯が立たなかった部分がスイスイ吹けるようになっているのである。『急がば回れ』である。

モブログの移行

MT 3.2にUpgradeしてから携帯電話からのモブログへの投稿がエラーで返ってくるようになりUploadできない状態になってしまっていた。今までは、moblog mail gatewayを使っていた。色々とテストをし、平田さんのサイトにコメントとかしてみたけれども反応が無いので、思い切って別の無料ブログサイト立ち上げた

今までのコンテンツは全て移行してある。無料で1G容量があり、テンプレートデザインも1,000種類以上あるのでかなり便利。管理画面の使い勝手も良いし、携帯電話からBlogも読めるので、今後、moblogと画像関連はこちらのサイトを使うことにした。

無伴奏ファゴット作品集

たまたまネットを徘徊中に赤渋音楽出版様の存在を知る。無伴奏ファゴット曲集のCD楽譜があるのだが、一曲も知っている曲がありませんでした…。

『ダブルの極意』

タイトルに『ダブル』と書いたので、ジャケットのことなのか、ベットのことなのか、ホテルのことなのか…色々思案を巡らせた方もいらっしゃると思いますが(いないか^^;)、『タンギング』のことであります。

掲示板で質問があったので、以前パートのメンバーに送ったメールからほじくりだしてきて回答しました。テンポが速くてもシングルタンギングでの対応が可能な方には関係の無い話でしょうが、小生のように遅い人には死活問題なので、ダブルタンギングをマスターすることになります。トレーニング方法を含めてそのことをまとめておきます。

続きを読む

楽器練習したり、勉強したり…

午後は、プロコ#5の自主練習

来月社内で、ちょいとした認定を受けんといかんので、その為の準備開始。論文の提出、研修への参加、そして試験というプログラム。さっそく論文の課題テキストを読みながらWordでメモしていく。その時、思いついたことも一緒にメモしておくと、後で論文を書く時に重宝するのだ。

ということで、むこう約1ヶ月間、週末は勉強メインで+楽器(オケ)練習ということでがんばろっと。

快速プロコ#5対策

前回の山下先生の合奏で、前プロ・中プロと共にプロコ#5も「快速系」であることが判明したので、今日の練習は、快速プロコ#5対策。ポイントは、2・4楽章で、すでにここで指摘済み。この時から約2ヶ月経っているので、その間の練習の成果としてかなり対応できてきてはいるのだが、まだ余裕があるわけではない。「楽譜の先読み」ができる状態が小生なりの「余裕」の一つ。実際に音を出している小節の1~2小節先に目が行っている状態だ。さらに言えば、暗譜状態になっていることが望ましく、その心の余裕で指揮、コンマス、他の楽器を見つつ音を聴くことができれば言うことはない。とにかく、スピードに追いつけないところは、基本に戻りゆっくりからさらう。そうしながら、指・目・頭の中に動作を刻み込んでいくという地道な作業の積み重ねが必要だ。聴いているプロコ#5のCDは、ジャン・マルティノン指揮のパリ音楽院管弦楽団の演奏。1959年の録音。かなりの快速系なので、これに慣れておけば大丈夫だろう。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>