FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

ほぼ日手帳 2006、到着!

ほぼ日手帳2006

いやーぁ、ついに到着しました。今回は、革カバーも一緒に買いました。これまで使っていたナイロンカバーが汚れましたんで。色は迷ったのですが、ネイビー。実にこれが良い質感を伴った色です。早速、中身だけ今年のに入れ替えて、ボールペンも新しいのに替えました。

Advanced Reed Design & Testing Procedure for Bassoon

Advanced Reed Design

Forrests Musicにオーダーしてあった資料が届いた。まだちゃんと全部目を通していないが、$6.00(+送料: $8.00)にしてはなかなかよさげな内容のようなので、色々テストしてみやす。

Wiseman Case

楽器ケースについての悩みは、これまでも数回書いてきたが、たまたまマンフレ様のBlogで御使用になっておられるケースの話を読んで、早速この会社にメールでコンタクト。実物は、後日マンフレ様に拝見させていただくとして先方から提示された金額は、配送コストを含めて、まぁ納得価格。紹介があれば20%オフにするという。バスーン以外にも種々のケースを作ってるようだし、リードケースや他のアクセサリーも手がけているようだ。こういう職人芸的な仕事は、その作品を見ているだけでも楽しい。

管分奏@砂町とか

今日は、ザ・シンフォニカ管分奏で、江東区砂町文化センターへ。

この練習場所に行くまでに砂町銀座商店街を通って行く。「出没! アド街ック天国」などでも紹介された(2002年7月6日)活気に満ちた商店街だ。この回の放送では、この練習場所もしっかり7位に入っている。ここは、かなり以前から練習で使用しているが、そう頻繁に使用しないので、練習に来るたびにこの商店街の様子がどのように変わっているかが気になるのだ。確か以前、我々が練習している隣の部屋でオジチャン・オバチャン達の社交ダンスのサークルがミラーボール回して練習してたこともあるような場所だ。いずれにしてもここは陸の孤島とだと思っていたのだが、「小名木川貨物駅跡地開発計画」というのがあって商用施設や共同住宅を開発するプロジェクトが始動しているようだ。商用施設は、この秋オープンとなっていたのだが、見た感じでは、更地になっているところまでと言った様子。帰りは、西大島駅の交差点までフォルカー氏の車で送っていただき感謝。彼の楽器のベルに付いていた「Esのツボ」なるものを拝見した。きっと彼のWebで話がでることと思う。行きは、駅から歩いてみたのだが、やっぱちと遠いね、13分かかったんだわ。まぁ、ちょっとした運動だと思えばいいんだけどね。

齋藤先生の管分奏

江東区砂町文化センターにて齋藤先生による管分奏。曲順は、プロコ#5→四つの最後の歌→ハイバリ。今日も都合によりS嬢が練習に参加できないため、「四つの最後の歌」の1stとハイバリの2ndを代吹き。このために、一昨日(3日)の午後に再度譜読みをしておいた。特にハイバリの2ndは、嫌な音系が沢山出てくるので慣れておく必要ありなのだ。

いつもながら先生の実践的なご指導には感心する。でも、おっしゃっていることをよーく反芻してみると、毎回同じような指摘を受けている気がするのは小生だけではあるまい。「もっと音程良く」、「指が見えちゃう吹き方はダメ」、「スタッカートの際に極力舌を使わない」、「第3音の音程の取り方」、「subito pを吹く場合の息の使い方」、「音色の変化を楽しむ」等々…要するに実力がついてないってことか…。

今日、感心したこと2つ。1つ目は、プロコ#5の第2楽章[32]の後で、C.ingl.が入るところで出が遅れやすい。ここで先生は、「2拍と16分音符分前から息を吸い始めると良い」とおっしゃった。この楽章のこのテンポでこのタイミングなので、別の曲でテンポが変わった場合には、それを応用すればよい。Bnの場合、同じ楽章の[35]の3小節前からの所は、[34]の前の部分と違って、前の小節の4拍目でObとC.ingl.が入らないので、タイミングを取りそこねて入りが遅れやすい。先生にもこのやり方を研究するように言われた。2つ目は、ハイバリの第V変奏曲のスタッカート。テンポが速いこの曲のスタッカートは、舌を使いすぎてしまって、音の響きが失われてしまう。先生は、「極力舌を使わずに吹いてごらん」とおっしゃった。そうすると息がちゃんと通っている「管」から「音」が響きとなって前に出てくるようだ(前で聴いていらっしゃる先生が、全然違うとおっしゃっているからそうなのだろう)。小生が吹いている場所からは、全体的に音色が柔らかくなったように聴こえたんだが、スタカートの雰囲気は損なわれていないのだろうか…でもこのほうが音程は合いやすいと思う。

霜月

早いものでもう11月に突入。今年もあと2ヶ月ですよ、皆さん!

BlogPetがリニューアルしたそうで、背景を変えてみやした。

今月の前半は、ちょいと頭を使うことが2つほどありやすんで、テンション高めっす。終われば、少し気分が楽になるかな…。

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>