プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

The WWW Bassoon Reed Project ... おお、あの方のリードが!?

"The WWW Bassoon Reed Project"という物の存在をmixiのあるコミュで知りました。故田中雅仁氏(#37のところ)のリードの写真、そして驚いたのはCrowが聞けることです。写真にスケールが入っていれば、およそサイズの見当はつきますけど、Crowは聞いてみないことにはわかりませんので、これは実に貴重な資料だと思います。我が師匠のリードも載っていたらなぁと思ってしまいました。

にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

反省の自主練習とかMOTHER3とか

昨日の惨敗がどうしても悔しくて、午後から2時間ほどバッハ=シェーンベルクの「前奏曲」のソロをさらった。まずは、昨日の練習の録音を聴いて飯守先生のテンポ設定を確認。この部分、3回繰り返しているが、最後が一番テンポが遅い。おそらくこのテンポよりもやや前に行きたいのだと思う。先生は、このソロのところから"poco più mosso"とおっしゃっており、録音に入っていた先生の息遣いでテンポが刻まれていたのでこれに従うことにした。実はここで一つ発見があった。耳で聴いているテンポよりも同じテンポなのに自分が実際に吹いていると結構前に行っているというか速いテンポに感じてしまっているのだ。このギャップを理解して冷静に演奏すれば良いということだ。暗譜できるまで吹き込んだので、もう少しテンポに対する柔軟性を持たせたいと思っている。

続きを読む

飯守先生の初合奏

クラシックスペース★100にて、飯守先生の初合奏。内容は、バッハ=シェーンブルク: 「前奏曲とフーガ」⇒マラ#7: 第1~3楽章⇒(休憩)⇒マラ#7: 第4~5楽章。午後13時過ぎから休憩を挟んで21時過ぎまでの長丁場に加え、休憩時間に木管五重奏の練習を入れたので、疲労困憊。

まず、「前奏曲とフーガ」。この曲も結局本番でトップを吹くことになったのだが、その決定が出たのが今週になってからなので、準備不足。ある種の「慣れ」が必要な曲なので、それに対する準備不足と言うか、先生がどういうテンポ設定で、どのような音楽を求めていらっしゃるのかがこれまでの練習で見えなかった。振り出してすぐに「あちゃー」…想像していたテンポよりかなり早かった。よって、ソロのところは指が追いつかなかった。ちょうどバスーンのソロの始まるところからテンポを変えて速くするそうなので、これは非常に大変なことになってしまった。明日もさらおう。

続いてマラ#7。先生には以前フランス物を振っていただいている。その時の音楽の作り方の印象とはまったく別の物を感じた。先生はとにかくアンサンブル重視、「有機的に演奏して欲しい」と何度もおっしゃっていた。どうしてもこの段階だと自分の譜面に精一杯で周りを聴いてアンサンブルする余裕がないのだが、このレベルから一段上のレベルに上がるためにはどうしても避けて通れないところだろう。先生の指揮には先生のマーラー観のようなものが随所に表れていてなかなか劇的な演奏になる予想。この曲も全体的にテンポは速めで見通しの良い演奏を目指している。「楽譜に書いてあるとおりに演奏してください。そうすればマーラーが仕組んだ効果が出ます。」とおっしゃっているのだが、なかなかそこが思うように出来ないのが歯がゆいところだ。個人的にはまだ指が完全に回っていないところがいくつかあるのでそこを重点的にさらっておかねば。

にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

続きを読む

自主トレの日

明日のザ・シンフォニカの練習は、飯守先生の初合奏。13時から21時過ぎまで休憩を挟んで全曲通す予定だ。そこで本日は午後半休を取ってみっちりさらった。

まずは、バッハ=シェーンベルクから。私が購入したサロネンのロス響の演奏は、前奏曲の途中で曲の緩急をつけるためにバスーンのソロのところあたりが非常に早いのであまり気に入らない。とにかく指がこんがらかりやすい16分音符の連続パターンにスラーとスタカートが微妙に混ぜてあるので、ゆっくり何度も繰り返して指、目、そして頭に焼き付ける作業の繰り返し。うーん、なんとかなるかなぁといったところ。先生のテンポ設定がキーだ。

続いて6月3日に予定されている室内楽演奏会で演奏するライヒャ木管五重奏(E-moll)を一通り。明日、シンフォニカの練習の休憩時間にスタジオで合わせる予定で、本番までのまとまった練習はそれが最後となりそう。一応、なんとか様になるレベルまで吹けるようになったが、アンサンブルゆえ、他の楽器とのからみでどのようになるかは予想がつかない部分もある。

最後にマラ#7。前回の管分奏の時に気になった部分を中心に。指が完璧に回っていない部分がまだあるので、これはとにかくゆっくり繰り返すことで、バッハ=シェーンベルクと同じやりかた。第3楽章の高音域に関しては、ほぼ問題なしの成功率になった。明日は、ほぼ全部の楽器が揃う予定(ギターやマンドリンも)なので、特に第4楽章の音量のバランスあたりをチェックしてみたい。

続きを読む

楽員募集

N響が「2番ファゴット(コントラファゴット兼任)奏者1名」を募集中です。

えっ…、「あの方がお辞めになるの、それともあの方…」と色々と憶測が飛び交います。
逆に若い演奏家の方々には、チャンス到来ですよね。是非、頑張っていただきたいと思います。

それにしても課題曲は相変わらずですなぁ。

にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

主題解析

成分解析」の派生:「主題解析」の結果です。
バスーンの54%は半音で出来ています
バスーンの43%は賛歌で出来ています
バスーンの2%は怪しげなメロディで出来ています
バスーンの1%はおかしなメロディで出来ています

半分は半音って…!? 2%が怪しげなメロディっていうのは、なんとなく音程のことを言われているような気がします。
ファゴットの78%は増4度で出来ています
ファゴットの10%は眠りで出来ています
ファゴットの7%は甘いメロディで出来ています
ファゴットの5%はリタルダンドで出来ています

約8割が増4度というところがなかなかシブイ!
バソンの82%は不倫で出来ています
バソンの9%は鳥の声で出来ています
バソンの8%は華麗なメロディで出来ています
バソンの1%はおかしなメロディで出来ています

バソンは、8割が不倫ですか…いかにもフランス的な雰囲気ですなぁ。約1割が鳥の声というのはロマッチックですね。

にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

日本IBM管弦楽団第8回定期演奏会

日本IBM管弦楽団の第8回定期演奏会。すみだトリフォニーホール 大ホールにて。

これまでの練習日記で書いてきたように、響きの少ない場所で練習をしてきたことが、この大ホールでの演奏にどの程度影響が出るかが最大の懸念事項。練習の時と響きが違うことで自分の音を確認し始めてしまうと、どうしてもpの音量が上がってしまい、結果としてオケ全体のダイナミックスの幅が狭くなってしまうという事態になる。

ドビュッシーは昨日のゲネプロを聴いていた時にもバランス的にかなりオケがクラのソロにかぶってしまっていたところがあったので、先生も気にしてチェックを入れていたが練習場所が響かないところなのでバランス調整をするには至らなかった。プロならば本番のホールの響きを即座にキャッチして自分のポジションを決めて合わせることが可能であろうが、アマチュアゆえにそのあたりの即応力と柔軟性に関してはどうしても苦しい部分が出てしまった。しかし音色的にはフランス物らしさが出ていたので演奏会のオープニングとしてはなかなかの出来だったと思う。

モーツァルトのコンチェルトのほうは、オケの編成がシンプルだし、楽曲構成がシンプル、耳になじみやすい和音と響きなのでまとまっていたと思う。ただし、どうしてもソロが吹きながらのアンサンブルなのでステリハの時は時差に対応できず出が遅れたりとか言うことがあったが、本番はタイミング調整OK。欲を言えばオケがモーツァルトらしさを演出するには例えば、8分音符の刻み方の音の粒の立て方とか音色の変化とか、音楽を縦に刻むところと横に流す場合の差をどのように弾き・吹き分けるかとか…etc.を克服していく必要があるだろう。

「幻想交響曲」は、やはり練習で全体を通すことが少なかったという弱点をかかえつつも、本番の集中力はなかなか良かった。第5楽章で一箇所ヤバくなったところがあったが、よく持ち直した。細かいことを言えば、全体のペース配分やオケがほころびかけた時にどのように立て直すか…誰に合わせるのか…立て直しにかかる時間をどうコントロールするのか…。管楽器の音程の問題。おそらく個人でチューナーを見ているだけでは分からない問題ですな。まぁ、これももっと一緒に吹いている時間があるとお互いの癖を知りアンサンブルを深めていくことができるので解決への道となると思うけれども、社会人のオケ、ましてや会社のオケとなるとなかなか時間が取れない辛さはある。

ということで、今後の課題も見えた演奏会ではあったが、1,100名以上のお客様にご来場いただき大変盛り上がった。
アンコールは、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」より「ラコツィ行進曲」でした。

続きを読む

ゲネプロ

日本IBM管弦楽団の本番前日、江戸川区総合文化センターでのゲネプロ。

横川先生は昼間サントリーホールの小ホールで『土曜サロン』のお仕事があったので、そこから直接お越しになった。『クラシック雑学事始め』と題して皆川達夫氏が講師を勤め、その第1回目、「フランスの音楽と葡萄酒」というテーマだったようだ。「ドリンク付」となっているが、ワインが出たのかどうか…。

ということで、横川先生もお疲れのところ曲順に通した。小生の出番は最後の「幻想」だけなので、前プロ2曲を聴いていた。以前、代吹きをしていた頃に比べれば吹き振りに対するオケの柔軟性と音楽の流れが出てきたと思う。特にドビュッシー。欲を言えば音色の変化にオケ(特に弦楽器)がもっと対応できると良いのだが。何度も書いているが本番のホールでは響きが変わるので、ちょっとしたことが事故につながる可能性もある。気を引き締めて演奏したいところだ。モーツァルトのクラ協は大丈夫だろう。ただ、ちょっとだけ管楽器の音程に気になるところはあるが…。「幻想」は前回までの練習で第4楽章を除いて楽章全部を通したことが無かった(私の記憶が確かならば)ので、各個人のペース配分とかオケ全体の体力というか音量というか、そういうトータルな音楽作りという意味でややデコボコしている感はあるが、ドイツ物に比べれば粗が目立たないベルリオーズの芸風だから、そこのところは良しとすべきであろう。細かいところを気にするよりも音楽の全体感が見えてきた感じ。

さて、明日の本番は、リラックスして演奏を楽しみたいと思う。

続きを読む

「スケールをさらうな!」ってぇ…

バレンボイムがBBCラジオのレクチャーで「繰り返しが生じる逆効果」というようなことを述べたようです。このBlogの中でパリ・オペラ座で彼が音楽監督だったときにフレンチ・バソン・システムを取り除いたと書いてあるんですが、ほんとですか?>バソン奏者の皆様。

本題に戻って、「繰り返す」ことの重要性って切り口がいくつかあると思います。小生の場合、師匠のレッスンは基本的にスケール教則本を繰り返し練習することがベースとなっていました。初心者はプロの演奏家の指導の元、最初は繰り返して練習をすることで基礎が身に付くと思います。バレンボイムが言っているのは、「音楽の大敵はroutine」、プロ意識の欠落した機械的な繰り返し行為のことだと思います。要は音楽はもっともっと創造的で演奏者の表現力を最大限に引き出しながら創り出すものであって、いつもいつも同じパターンでやるべきではないと言うことでしょう。オケでの演奏、自分個人の演奏スタイルなどと合わせて考えてみると色々と心当たりがあると思います。

このBlogの筆者はさらに"Lewis Hugh Cooper's methods"の文献を見つけ出しています。80ページ以上ありますが一度ちゃんと読んでみようと思ってます。

にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

「草津夏期国際アカデミー & フェスティバル」のボランティア

社内イントラネットに『「草津夏期国際アカデミー & フェスティバル」の主催団体でボランティア募集中』というのが出ていた。ホームページの構築とデータ・アーカイブについて相談に乗っていただきたいということらしいが、ボランティア実施場所は事務局のある代々木上原とのこと。なーんだ、夏休みに草津だったらアカデミーの講師陣に会ったり演奏会も聴けるのかなーと思って行ってみようかという気になったのだが…うーん…ちと目的が違ったようですた。

にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>