FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

ブラームスの木管分奏

前回に続いて、柴山先生によるブラ2の木管分奏。

最初の2時間は、ホルンと一緒。これまでの合奏の時に気づいていたのだが、第1楽章冒頭のVcの後のホルンの入りが、ほんの少しだけ遅かったので、それに続くうちのパートの入りのタイミングが合わなかった(というか小生が入ろうと思うタイミングよりも遅れて合わせていた)。冒頭のVcが4分音符を3つきざんだ時点でビートが生まれるのだから、そのビートに乗ってしまえばよいはず。要するに音楽が「歩いていない」感じがするから、フレーズがぶつぶつ切れてているように聴こえる。第1楽章の前奏部が終わったあとの3rd ホルンの動きとタテが合わないのも懸案事項。要するにフレーズの取り方が違うのが原因だと思うのだが、スコアを見てVnとFlがどういう入り方をしてどういう動きをしているかをつかんでポイントを押さえれば良いと思う。第2楽章は、33小節目の8分の12拍子になったところで、各自のビートの感じ方が揃っていないので音楽の流れが出ない。第3楽章はOb のソロのバックで、スラー・スタカートが付いている場合とそうでない場合の区別、そして付いている場合の吹き方の統一が必要。思ったよりも短め。第4楽章の頭のところのFl、Cl、Fgが3本で入るところは合いにくいがpp感を出すためには色をつけずに平坦に吹くことが必要。これが案外難しく、でもできると音量を絞らないでもそういう風に聞こえる。先生のご指摘が何回もあったのだが、とても良い響きが出るところとそうでないところの差が多く、そういう部分を極力減らしていくようにメンバーが集中していく必要がある。そうしていくことで木管セクションとしてのアンサンブルのレベルが向上すると思う。

続きを読む

オーバーホールの予約

今年の6月にKenmochi Bassoon Worksの剱持氏をお招きした宴会を某焼き鳥屋にて行ったことは報告しましたが、そのコミュニティでは多くの方々が氏のアトリエに調整・修理・オーバーホール・特注のオーダーをされて大変好評です。つい先日の小哲さんの壮行会でも、アトリエから帰ってきたばかりの政爺様のYAMAHAを皆で吹きまわしたりしました。ということで、私もついにオーバーホールをお願いすることを決心したのでありますが、IPOJの本番が11月、ザ・シンフォニカの本番が来年の2月11日なので、その後ということでご都合を伺ったところ、ちょうど来年1月末に1つ予約が入っていて、その仕事が終わる頃を見計らって2月半ばからならOKというお返事だったので、早速予約を入れさせていただきました。長年の懸案事項であったピッチ調整(例のワッシャーが本当に必要なのかどうか)について、氏にチェックをしていただこうと思っております。その点については、氏から既にメールにて幾つかのご指摘と知見を得ました。その他の内容については、追ってメール等でご相談と言うことになりました。今から実に楽しみです。

タグ: バスーン ファゴット

PRO REEDS、やっと到着

PRO REEDSの箱PRO REEDS

8月にPRO REEDSにオーダーしていたリードがやっと到着。オーダーした時は、先方が夏季休暇期間(←ヨーロッパは夏休みが長いっすよね)で、さらにオーダーしたリードの在庫の関係で9月に出荷となるとの連絡だったのだが、なかなか届かない。先方に何度かメールしてみたのだが、返答が無いので、先週FAXを送ってみたところ、先方はこちらのメールは全て読んでおり、ちゃんと返答しているという返事がFAXで、そのメールのコピーと共に送られてきた。どうやら私が通常使用しているメルアドのプロバイダーがSPAMメールフィルターをかけていて、向こうからのメールをサーバー側で削除していたのが原因で届いていなかったことがわかった。先方の情報によると、proreeds.deというドメイン名を使ったSPAMメールが出回ったそうで、それで至るところでこのような状況が発生していたらしい。そうと分かれば、こちらはGmailのアドレスで対応することでメールでのコミュニケーション再開。それで、先方が9月23日には発送していることが確認できたのだが、どうやら住所を番地だけで、「区」を入れ忘れたらしい。郵便番号はちゃんと書いてあって、Tracking Codeも教えてくれたので、こちらはゆうびんホームページコンタクトしてみたところ郵便番号がちゃんと書いてあれば所轄の郵便局まではちゃんと届くということなので、こちらの正しい住所を伝え、発送人とTracking Codeを伝えた。メールでの対応だったが送った次の日にはすぐ返事が来たので、日本郵政公社も最近はなかなかサービスには力を入れているようだ。その後、国際郵便交換局から所轄郵便局を経由して自宅までの配送状況はTracking Codeを使ってインターネットで確認(EMS/国際航空小包)できた。

ということで、なんとか届いたリードには、先方からのメールにあったようにおわびに1本オマケをつけてくれていた。ちなみに私が購入したのは、オンラインショップにある"Rieger"の1aと2、それと"Cantabile"。いずれもブレードとチューブのサイズが29/56mmのタイプ。ブレードの長さやピッチがオプションで選べるのでなかなか良い。お試しセットもあるので興味ある方はどうぞ。但し、コミュニケーションは英語です。

タグ: リード バスーン ファゴット

小哲さんの壮行会

幕張暴楓林」などで大変お世話になった小哲さんが、南米ベネズエラへ赴任されるというということで、本日は悪天候の中、幹事のマンフレさんの呼びかけで14名もの方々が集まり、いつもの(?)東京駅近辺の秘密の焼き鳥屋のいつもの部屋にて盛大に壮行会(写真)が行われました。

小哲さんから声をかけていただき、このコミュニティに初参加したのが昨年の7月。このお誘いがあったおかげで、その後、色々な方と親交を深めることができ、大いに刺激を受けました。大変感謝しています。以来、この某所での「学会」や「幕張暴楓林」の幹事役として、いつもいつも私たちのために尽くしてくださった小哲さんにこの場を借りて深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

続きを読む

タグ: バスーン ファゴット

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>