FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

このブログの価値

"How Much Is My Blog Worth?"っていうサイトがあるんですねぇ。で、このブログで試してみたところ、$2,822.70という結果でした。まぁ、そんなもんでしょう。

昨日から今朝にかけてアクセス数が通常よりも多かったのでチェックしてみたところ、どうやら「国際モーツァルテウム財団 楽譜」というキーワードで検索して、私のエントリー来られた方が特に多かったようです。日経朝刊などでも紹介していましたしね。

オケと室内楽の練習

今日は午後からIPOJの会社関係の行事の練習。オケの練習は、モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲、エルガーの「威風堂々」、そしてJ.Straussの「ラデッキー行進曲」。よーく考えてみると足掛け30年間バスーンを吹いてきたが「フィガロの結婚」序曲を吹くのはこれが始めてということが判明。色々と課題の多い曲なので来年1月上旬の本番までによーくさらわないといけないと自己反省。一方、室内楽のほうは映画音楽や日本民謡のアレンジ物の木管五重奏。どれもみな初見なので慣れるまでに時間を要す。こちらは本番が20日なので時間がない! 明日はこちらをみっちりと練習予定。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

モーツァルトの全作品楽譜をオンライン公開

国際モーツァルテウム財団モーツァルトの全作品の楽譜をデジタル化して"NMA Online"で公開したニュースは朗報ですね。さっそくファゴット協奏曲をチェックしにいきましたが、KVに"191"を指定するだけですぐに見ることができました

24,000ページも収録してあり、作品解説や批評が8,000ページも用意されているそうですから、すごいですねぇ。これで選曲の際などにスコアを買わないでも、確認ができるようになったので便利ですね。


タグ: モーツァルト バスーン ファゴット

「 変ホ長調」っていう…

アマチュアの女性お笑いコンビが居ることを昨日初めて知った。しかも、彼女達、M-1グランプリ決勝に残っているというのだからなかなかの芸の様子。まだ観たことがないので、機会があれば是非観てみたい。

「のだめ」ネタなんてやらんのだろうけども…。

吉松隆氏はバスーン吹きだったのか…

作曲家の吉松隆氏が所長を務める「月刊クラシック音楽探偵事務所」の今日のエントリーの「木管楽器の楽しみ」で、彼が十代の頃にバスーンを吹いていたことを書いている。高校オケに入部して最初に渡された楽譜がタコ5だったそうだ。各楽器の演奏者の性格についての話も興味深かった。

こういう話を読んだ後で、氏のファゴット協奏曲「一角獣回路」を聴いてみるのもよいかもしれない。

タグ: バスーン ファゴット

昨日のスマステ

の「世界で活躍する日本人」は、脱サラして10年目でコンクールで優勝したバイオリン製作者、菊田浩氏、天才ヴァイオリニストと賞賛される若干20歳の神尾真由子氏(←いやぁ、録画でしたけど、ものすんごい演奏ですた)、そして最後は前橋汀子女史がスタジオ生演奏(ドヴォルザークの「わが母の教え給いし歌」)という内容で楽しめた。女優の加賀まりこさんは前橋さんのオッカケだそうで、わざわざスタジオに登場していた。前橋女史がソビエトに留学した当時は今と違って本当に大変だったのだなぁと改めて感心。今の若手音楽家は、その点では非常に恵まれていると思った。

タグ: ヴァイオリン バイオリン

今日は練習お休み

今日はザ・シンフォニカの練習日なのだが、内容がベートーヴェンとヒンデミットなのでシュマ2にしか乗らない小生は練習に参加せず。この土日にどうしてもやっておかなければならないことがあるので、これは幸いした。 高校の同級生で今年の春にカルフォルニア州に転勤になったK君からクリスマスカードが届いた。転勤の挨拶状をもらった時にGoogle Earthで彼の住まいとなる場所を確認したりしたんだが、今やこうしてインターネットとGoogleを始めとするツールが充実したおかげで、あまり遠くに居る気がしない。ベネズエラのカラカスに赴任した小哲さんも年末には一時帰国の模様。是非、東八で忘年会といきたい(←しかし、既に6件もの忘年会のお誘いが入っている私…)。

タグ: バスーン 練習日記

トゥームレイダー: レジェンド PS2版発売

LARA CROFTのファンとしては外せない作品。勿論、予約してありますた。この年末・年始のお楽しみにとっておきます(←ちゃんと楽器も練習しろー!)。

タグ: トゥームレイダー

「のだめ」を見逃した場合…

のだめカンタービレ」に出演中のmixiのマイミクさん(Ob)からの情報なんですが、YouTube「交響情人夢」で検索すると中国語の字幕で観れますね。

続きを読む

気になる曲…

来年の夏のザ・シンフォニカの定演曲目がもうすぐ決まろうとしているんですが、その中に気になる曲があります…っていうか吹いてみたかった曲っていうことです。

ヒントを差し上げましょう。 Christopher Millardが吹いている"Orchestral Excerpts for Bassoon Volume 2"に収録されている曲です…どうですか?わかりますか?

タグ: バスーン ファゴット

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>