プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

2006年を振り返って

昨年の大晦日にならい、今年も当タイトルにてまとめてみたいと思います。

今年は、年初に書いているように2つの大きな節目を迎えた年でした。都立新宿高校管弦楽部の初代現役奏者としてバスーンを吹き始めてから30周年、そしてザ・シンフォニカ創立20周年記念演奏会無事に終えたことです。ザ・シンフォニカは、来年2月11日に第41回定期演奏会を行いますので、皆様お時間がございましたらば、是非ご来場ください。また来夏の演奏会のプログラムも決まりました

そしてもう一つ、IPOJに入団できたことです。そこでは、25年前にジュネスの朝比奈第九で共演したメンバーとの再会もありました。また新たに多くの音楽を愛する仲間と出会うことができ交友関係が広まりました。こうした新たな音楽仲間との関係はこれからはとても大事なことだと思っています。IPOJの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログに関しては、10月末にこのFC2に移転しました。その後アクセスされたエントリーのベスト10(トップページを除く)は以下のとおりでした。

  1. カテゴリー別: バスーン/ファゴット
  2. ノン・ヴィヴラート考
  3. IPOJ本番終了
  4. 不連続練習日記
  5. 二人のマエストロ
  6. 小哲さんの壮行会第2弾
  7. 「のだめ」を見逃した場合…
  8. 吉松隆氏はバスーン吹きだったのか…
  9. 曲目決定
  10. 変化自在の名役者: N響首席奏者岡崎耕治氏、N響アワーに登場!

皆様の今年一年はどんな年でしたか? 私は色々な人との出会いと交流が多かった一年だったなぁと思っています。六星占術では昨年で大殺界が終わり、今年は「種子」の年だったので、これが種まきになるのだと思います。それを大きくそして太く育てることができるかどうかは私次第ということでしょう。

今年一年このブログにおつきあいいただきまして、どうもありがとうございました。2007年が皆様にとって良い年であることをお祈りいたします。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 リード

今年最後の忘年会: 「小哲さんを囲む会」

ベネズエラから一時帰国中の「小哲さんを囲む会」をもって、今年の全忘年会終了です。計8回。よくも出席したもんです。小哲さんは4年後と言っていたのが2年後には一時帰国されるようです。でも待ってられず、色々と話が出た中で、NYでなら結構頻繁に会えそうだということになり、「NY暴楓林」をやるかという冗談(←本気かも…)も飛び出しました。ノートパソコンで、現地の写真を色々と見せていただきました。食べ物も美味しいし、気候も良さそうだし、オケは5-6つあるそうだし、でも治安がとにかく良くないそうです。

また、その後の2次会(?)ではHigh-Eを以下に楽に出すかという会を発足することになり、名づけて「E"検」(えーけん)。講師は、つーふー師匠とdulcianさんの予定です。果たして何級がいただけるのか、修了証書はいただけるのでしょうか…。

タグ: バスーン ファゴット

ほぼ日ハラマキは届いています

ここで書いた「ほぼ日ハラマキ」の2点(「マリンバ」と「アブストラクト」)は先週金曜日に届きました。この「マリンバ」のマレットの部分が超カワユクて良いのである。

音楽を続けることの難しさ

昨日の「のだめ」の最終回、台詞にあった「音楽を続けることの難しさ…」の一下りに感動。考えてみれば、今年はバスーンを吹き始めてからちょうど30周年だし、ザ・シンフォニカ創立20周年記念演奏会もあった。ここまで続けてこられたのは自分の努力だけではなく音楽を愛する良き友にめぐり合えたことが一番だと思う。実に感謝なことだ。皆さん、ありがとうございます。

タグ: バスーン ファゴット

曲目決定

ザ・シンフォニカの第42回定演(2007年08月05日)の曲目が決定した。

・ ニールセン: 交響曲第5番
・ バルトーク: 「中国の不思議な役人」組曲
・ ラヴェル: 「ラ・ヴァルス」

ここで書いた「気になる曲」とは、このニールセンの交響曲第5番。第1楽章冒頭のバスーン2本によるソロは大変美しい。

しかし、考えてみるとすごいプログラムだ…。でも指揮のキンボー・イシイ=エトウ先生は大変楽しみにしていらっしゃるとのことだから、頑張らないと。ちなみにこのニールセン、先生のご指摘で楽譜はErik Tuxen版、さらにオプションでコントラ・ファゴットを付けると言う話なので、どうなることやら…。

続きを読む

タグ: バスーン コントラファゴット

軽くリード調整練習

今日の午前中は年賀状の印刷。10枚程度、どうしても葉書の年賀状のやり取りが続いている方々へのスペシャル版を作成。そして午後はリードを10本ばかし調整。来年2月のシンフォニカの本番用のリード選定ということでシュマ2も通した。それ以外では、「フィガロの結婚」序曲をさらいながら調整した。この曲は色々なパターンが出てくるのでリード調整には良いかもしれない。しばらく吹いていなかった師匠のリードが4-5本調子良くなっていたので、しばらくはこれを使うことにした。

タグ: バスーン リード

opus55 幡ヶ谷スタジオ

バスーン仲間のいんちょー様からの情報でご友人が幡ヶ谷にクラシック専用のスタジオをオープンされるとのこと。設備や料金などなかなかよさげです(ブログもあります)。来月オフィシャル・オープンということなので、今後、シンフォニカやIPOJの分奏やアンサンブルの練習に利用できればと思いました。

タグ: バスーン ファゴット

今日は今年最後の練習日だが…

今日は、ザ・シンフォニカの今年最後の練習日だが、管分奏で曲が「画家マチス」のみということで、降り番の小生は練習無し。

昨晩は、今月5回目の忘年会で、以前から行きたいと思っていた「たん焼 忍」を代理店の営業さんが近所に住んでおられるということでセットアップしてくださった。「ゆでたん」に生ビールという直球勝負で試合開始。「たん焼き」、「コンたん」、「生姜煮」…、と数々の「たん」料理を堪能。〆は「たんしちゅう」にお茶碗1杯のごはん! これが超ナイスでした。

そうそう、昨日は、ちと嬉しいことがあった。月初に専念しなければならないことがあると書いたことの結果が出て、OK。その勢いもあって、「忍」の後に営業さんが予約しておいてくださったカラオケの開始時間まで、ちょっとBARで時間つぶしをして、カラオケ突入。新たにマスターしたコブクロの「桜」でバッチリ。カラオケの後も、ちょいと地鶏の焼き鳥をつまみながら仕上げをした。久々に気持ちの良い一日だった。

忘年会は、来週まだあと3回あるんだ…。そのうち1回は、カラカス南米特派員になられた小哲さんが一時帰国されるので、彼を囲んでの会。ここで会えないとあと4年は直接会えないということなので実に貴重な機会というわけだ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

今晩は、木五の本番だよん

うぅ、昨晩のリハ、演奏はともかく凝った「演出」のほうに気が行ってしまい…みたいな。リードが急に調子悪くなって真ん中のEが全部フラット気味になって困った。急遽、まだ使ったことの無かったPRO REEDSの"Preludio"をおろして対応。今まではこういうことがなかったので、ちと不安だ…。
【写真と曲目をアップしました(Dec/21/2006)】

続きを読む

タグ: バスーン ファゴット 木管五重奏

木管五重奏の練習

明日がIPOJ関係のクリスマス・ロビー・コンサートの本番なので今日はこれからその練習。映画音楽や日本の歌などのアレンジ物を5-6曲。このために日曜日は2時間半ほど個人練習をした。本番ではMCも担当予定。そして恒例となっているらしい(?)「お約束」も予定されているがどうなることやら…。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>