プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

一緒(BlogPet)

きょうコバスが表示不可は一緒したかも。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

ベートーヴェンの演奏についてのヒント

比較麦酒学会」の週に夏休みをいただいた関係で、今週は超多忙につき更新がやや停滞しておりましたが、無事に生きております。

午前中、5月のIPOJ定演のDVDを視聴。剱持さんのところでのオーバー・ホール後の初演奏会ということで、楽器の鳴りや音色などをチェック。トップを吹いたシベコンは、最初のうちは、やや演奏に固さが見られ余裕がないものになってはいたが、楽器の調整が素晴らしかったので、全体として安定した演奏ができていた。特にC3以下の低音部の音程が上ずらないように調整していただいていた効果は大きいし、何よりも楽器全体としての鳴りがこれまでと全然異なっていて良く通っていた。実際には今までと違って少ない息の量で十分に楽器が鳴っているので、これまでみたいな息の入れ方をしていると逆に楽器の振動を妨げることになって逆効果になってしまうことも認識した。

今月は夏休みを取った関係で楽器を吹く時間を通常よりも多く取れているが、今日も午後は11月のIPOJ定演で演奏するエロイカを一通りさらった。この曲はこれまでにも2回吹いているので、練習のツボというか、さらうところは決まっているのだが、今回特に留意したいのは、ザ・シンフォニカでシューマンの交響曲第2番を演奏した時に指揮者の大山先生が色々とご指摘くださったこと。

いくつか挙げてみると、

sf が連続して出てくるところの処理。これは先生によるとベートーヴェンが開発した作曲技法で、ある方法で演奏することでその効果が出る ⇒ クレッシェンドする(例:シュマ2の第1楽章の36~38小節目)。
dolce が持つ意味 ⇒ 「何かをしなさい」という意味。ここである仕掛けをすることでその効果が出る。やはりベートーヴェンから始まったと言われている。シュマ2の第4楽章の280小節目では、少し時間をとってゆったりめに演奏するの意。
・ クレッシェンド/デクレッシェンドは文字の cresc./decresc. の場合と記号(<>)をきちんと使い分けている。つまりこれらは同じように演奏はしない ⇒ cresc./decresc. は物理的な音量変化。記号のほうはもう少し感情の伴った音量変化(ビブラートを効果的に使用するとかいった対処のしかた)を求めている。
sf とアクセント(>)を使い分けている(特にシュマ2の第1楽章)ので、区別して演奏する ⇒ sf のほうが音色的に「歌う」イメージ(あまりアタック感がない)。アクセントは sf ほど音色的に「歌う」ほどでなく、少し音にアタック感があるイメージだがやや控えめ(この逆で sf は「タンギング」、アクセントは「息」でという教えもある)。

以上は、ベートーヴェン以降のシューベルト、シューマン、メンデルスゾーン、ドボルザークなどの作品でも同じように解釈すると効果があるとおっしゃっていた。

これ以外に気づいている点としては以下のようなことがある(今回のエロイカのパート譜は、Breitkopfの1999年版)。

mf が無い。よって pf の間の音量バランスを考える必要あり。
piu f の音量。今回のエロイカのパート譜だと、第1楽章の436小節目、第2楽章の97小節目、第3楽章の417小節目にあり、第2楽章と第4楽章はfの後に sempre piu f として使われている。
・ 「´」(楔型記号)の扱い。従来のスタッカート記号ではなくて、あえてこの楔型記号で書いているところに意義を見出すのか否か…。これが sf と一緒に書いてあるところとそうでないところの吹き分け方。息のスピードと音の長さで区別するすべきか…。

ということで、全てこのとおりにするということでは決してないのだが、3度目の正直(?)となるエロイカは、色々と実験の場としてみたいと思っている。上記の項目を実践することになったとしても、オケとして全員でコンセンサスをもってやらなければ意味がない。指揮者の手塚先生がどのように料理されるかにもよるだろうが、演奏者側の知識として知っておいて損は無いヒントだろう。

タグ: バスーン ファゴット

ちと嬉しい

東フィルの首席奏者、黒木綾子様にmixiでマイミクになっていただきました。師匠とも何度か東フィルの仕事でご一緒したそうです(師匠は、今、東フィルの団友)。ブログが色々と参考になりそうです。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

タグ: バスーン ファゴット

プログラムしたいなぁ(BlogPet)

きょうは、プログラムしたいなぁ。
それでバスーン♪の音符へ調整されたみたい…
それでバスーン♪で丁寧に約束したいなぁ。
でも、バスーン♪はバスーン♪の直前同調するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

補給(BlogPet)

きょう、予定しなかった?
それでバスーン♪と、工事♪
それで山田さんは指揮するはずだったの。
それでヨハンは補給する?
でも、きょう、到着された!

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

比較麦酒学会

比較麦酒学会資料

「学会」と称するバスーン仲間の飲み会(写真 by つーふー師匠)。昨年も同時期にやっておりました。飲み会とは言っても写真のような資料の配布もあり、恒例の楽器の「吹き回し」もありです。今回の資料、ダブル・タンギングに関するもので、ベト4の第4楽章などが例に使われています。私はシングルが遅いのでダブルをマスターしていますが、この資料にある練習方法には新たな知見を得られたところがあります。とにかくバスーン吹きが15人近く集まって濃いー話題で過ごす密度の濃さ大変なものです。そういうことが出来る座敷を提供してくれる東京駅八重洲近くの某焼き鳥屋さんには毎度感謝です。元々は、「幕張暴楓林」主宰の小哲さんが、このコミュニティをまとめてくだっていたのですが、今年からベネズエラへご転勤されたため、代行でマンフレさんが会をセットアップしてくださいました(小哲さんはベネズエラでも最近、カラカス交響楽団首席のアンナ・クレスポ女史、同団の準首席のビクトールさんと元団員で現ベネズエラ交響楽団のホセさんと「カラカス暴楓林」を開催したという連絡がありました)。

今回は会の最後で明日が私の拙誕生日ということで、全員で“Happy Birthday”の斉唱をしてくださいました。ジーンとしました。実に感謝なことでした。皆さん、ありがとうございました。

ボーカルとリードの掃除

今日は午後から次のIPOJの定演で演奏するエロイカをさらってから、ボーカルとリードの掃除をした。

ボーカルは、以前、剱持さんにお会いした時に教わったブラスソープを使う方法。ボーカルのコルク部分が傷まないようにサランラップを巻いて輪ゴムで締めておき、後はぬるま湯にブラスソープを普通の濃度で用意してから、ボーカルを30秒ほど浸しておいてから、ボーカルスワブを3回ほど通して、最後は流水で流して終わり。サランラップを外して水気をよく切ってから陰干しをすればOK。年に2回程度が適当でしょう。

リードのほうは、以前紹介したように超音波洗浄機を使う。これまでの経験だと特にリードを痛めることなく目に見えないような細かいカス(特に内部の)が取れているようで、洗浄後の吹奏感は非常に楽にリードが鳴るようになる。

是非、お試しを!

きょうコバスがお知らせ(BlogPet)

きょうコバスがお知らせー!

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

ザ・シンフォニカ第42回定演終了

ザ・シンフォニカ 第42回定期演奏会は無事に終了。今回の会場となった杉並公会堂大ホールはリニューアルしたとは言え、客席数が約1,100席ほどの小さなホール。それでも、8割以上のお客様に来場いただけた。今日は格別暑い日だったので、実に感謝なことである。古いホールの頃に大学オケやシンフォニカの第6回定演(1989年)で演奏したことがあったが、この新しいホールになってから演奏するのは初めてだったので、ステリハの時から楽器がどの程度鳴っているのか気になった。ニールセンのステリハの時に客席を数箇所移動しながらチェックをしたが、案外木管の後列は音がよく聴こえているので特に問題なしと判断。実際のステージ上での吹奏感も他の楽器が比較的良く聴こえたので大丈夫だった。

バルトークは、なんというか本番はこれまでとは違った気迫が演奏にこめられ、スピード感も出てなかなかの名演だったのではないかと思う。この集中力はいつもながらすごいと思う。懸案の[13]の3小節前のHrとの音程。終わってから楽屋で4th HrのS氏が駆け寄ってきて、「許容範囲だったでしょうか?」と声をかけられたのには恐縮。私が0.2秒位音の出だしが遅れたので、こちらも反省していたところ。クラのソロを吹いたA氏は、大学オケの1年後輩。ブラボー! レセプションのスピーチで彼が大学の頃、この曲のスコアが当時で8,000円以上で高すぎるので、民音で借りてきて、クラのパートをパート譜に手書きで写譜をしたくらいこの曲が好きで、それを今日こうして吹くことができたという話は感動した。この気持ち、前回キンボー先生とやった時に吹きたかったショスタコの9番を吹いた感動と等しいものがあるだろうから、その気持ちは良く分かる。管楽器奏者ならではの感動だ。

ラヴェルは、冒頭のソロの部分、キンボー先生はこれまでは出だしの合図をしないとことにしていたのだが、2ndと合わないので結局合図を出していただくことに。実に残念。ここは合図を出さずに2ndとピッタリ出が合って、しかもどこからともなく聞こえてくるような感じを出したかったのだが…。先生が今回の一連の練習を通して「棒によりかかってください」とおっしゃっていたことができるかできないか、こういうところで差が出てしまうのだなと痛感。ステージが思いのほか暑く、頭がボーっとしてきたところで[60]のソロの8小節手前で目は楽譜を追っているのに音が出せない状態に…ヤバっ!と思って、その後が鬼門のクラがヘミオラになる4小節間の休み…(カウントをロスしやすい)…ここでちょっと大きめに吹いてくださいとお願いしていたHrの後打ちがしっかり聴こえてきたのでカウントを取り直してソロに突入。まぁなんとかこなしたが、自分としてはイマイチ納得がいかなかった。

キンボー先生との演奏会はこれが2度目だったが、オケとの相性も抜群で、少ない練習時間を最大限有効に活用できるような練習の仕方を常に考えてくださり、このオケの成長に再び力を与えてくださったと思う。練習は面白楽しいが、要求される音楽は非常にレベルの高い物で容赦なくチェックが入り、その音楽が出てくるまで繰り返される。でも、決して嫌味がなく、逆に音楽のイメージを言葉で表現してくださり、さらにモチベーションが高まるように導いてくださる。素晴らしい。個人的には非常に気に入っているので、今後も是非おつきあいいただきたいと思うしだい。

次の定演は来年の2月10日。三石精一先生の指揮で、ヴェルディ/歌劇「運命の力」序曲、レスピーギ/交響詩「ローマの祭」、そしてブラームス/交響曲第3番というプログラム。ブラ3は、1988年の第3回演奏会以来の再演。あの時は、メインのボレロを演奏中に地震があって舞台が揺れたっけ(気象庁の震度データベース検索で調べたら「1988年1月16日20:42:11.2 35゜23.4'N 140゜24.6'E 48km M:5.2 千葉県東方沖」で東京の大手町で震度3)。まぁ、再び地震が来るのは、まっぴらごめんだが、今回の演奏会への練習を通してキンボー先生が私たちから引き出してくださったことを大事に守って、更に発展させたいと思う。

続きを読む

本番前日のリハ

午後から明日の本番へ向けてのリハ@杉並公会堂小ホールへ。外は台風の影響もあってかうだるような暑さで水分補給がかかせない。

リハはバルトークから。最初に要所のチェックをしてから、全体を通した。流れとしてはできているので、後はキンボー先生が要求している細かいニュアンスがいかに音に出せるかというところかな。例えばバスーンの5拍子のソロのところとか、ちょっとフレーズを作りましょうということで繰り返した。音程の良くないところが1箇所、[13]の3小節前。ここはHrの2/4番と一緒に伸ばすところだが、こちらがかなり低めに吹かないと合わないんだけど、ちょいと嫌な音なので気を使う。今日はこちらのページの管理人様も練習を見学に来られ、キンボー先生とのQ & Aがなかなか面白かった。この曲の最初のところの街は、「パリ」のイメージだそうだ。キンボー先生は、これまでは「Mr. ビーン」って言ってましたが…。

ラヴェルは、昨日気づいた点に留意してみた。2ndとのバランスも良くなったし、音色とかフレーズの取り方も良くなったと思う。この曲は比較的短い曲なのに楽器の性能は試されるし、奏法に関しても持てるものを全て動員してかからないと完成度の高い演奏にならないという本当に手ごわい曲であることを再認識。

明日は、最高のパフォーマンスができるように心・技・体をうまくコントロールしたいところだが、本番のホールは新しくなってから演奏するのが初めてのところなので、ちょいと気になる。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>