プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

リリホ: 「そのコトバ、窓からメモして音になる」

マイミクさんの日記にあった「書き込みできる窓あきホルダー『リリホ』」。

どうなっているんだか、実物を見てみたいです。
どなたか、お使いになっていらっしゃる方いらっしゃいますか?

管分奏の日…指導者は初顔合わせ

IPOJの管分奏は、N響クラリネット奏者の山根先生のご指導。先生のご指導は個人的には初めて。エロイカの全楽章を2時間半ほど。どのようなアプローチで来られるのか興味津々だったが、乗っけからインパクトあり。ご持参の手提げ袋からタオルに包まれた古楽器のクラリネットが…!最近お仕事で演奏なさるそうだが、当時の楽器では演奏不可能な部分がかなりあって、それが証拠にエロイカのクラは所々他の木管楽器がトゥッティで吹いているのに休みになっている箇所があって、それは楽器のせいで演奏できなかったから書かなかったのであろうというお話。で、話は練習に戻って、この曲は楽譜に書いてあることを忠実に演奏することがとても大事で基本であるという結論。これは非常に大事なことなのだが、それを個人個人が演奏する上でどう解釈するかということと、全体のコンセンサスがないと演奏としてはまとまらないわけ。だからトレーナーの先生に聴いていただき統一するわけ(最終的には指揮者の先生の意図が優先だが)。山根先生のご指導は、非常に分かりやすかった。どうしてかと言うと、まず言葉ではっきりと演奏のニュアンスを伝えてくださり、ではそれを実際に音にするにはどうしたらばよいのかということを実践的に教えてくださったからだ。これは、ザ・シンフォニカで長年ご指導いただいている元東フィル首席オーボエ奏者の齋藤先生と同じタイプのご指導方法。山根先生の場合、N響でセカンド吹きという立場にあるから、その立場から考える演奏のやり方をベースにしているので、自分がその場所でどのようなバランスで吹けばよいのかなどの具体的な指摘があったので大変参考になった。そういうわけで、本日新たに知見が得られたところは、例えば第1楽章の85小節目と93小節目のsfの吹き分けとその前のcresc.の吹き方(これは後半の同じようなところでも適用)とか全般的にテンポが変わったり音量が変わってもテンションを落とさずに吹くことができるかどうかと言ったことなど。これら以外にも細かいところが沢山。これらの実践的なご指導は、管分奏で吹いているとその効果がよくつかめないところも正直言ってあるのだが、合奏でやってみて録音を聴いて確かめてみたい。

PCで楽器のチューニングができる: SoftTuner

っていうソフトがあるそうです。

精度のほどはいかがなんでしょうねぇ。

私は、ここで紹介したYAMAHAのTD-30Mがお気に入りです。

バスーン(BlogPet)

きのうバスーン♪と、解説したかった。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

エロイカの合奏

午後からIPOJの合奏。指揮は手塚先生。最初は「牧神の午後への前奏曲」だったので、自主トレ。その後、3時間ほどエロイカの全楽章。前回の練習は、ざっと通しただけので全体のテンポ感とかそういった全体感をつかんだのみだったが、今日はもう少しブレイクダウンしてのご指導。特に第1楽章と第2楽章をみっちりと。

今日の練習では特に自分の音量を意識してみた。リードは前クールの物に手を入れた物なのだが、それなりに「自分が吹いているレベル」では良く鳴っている物を使用した。これが実際の練習の録音を聴いてみてどのような感じなのかをチェックしてみたいわけだ。そして録音と自分の吹いている感覚とのギャップをどのようにするかを検討したい。

先生からのご指摘としては、第1楽章の194小節目からのFlととの音型。3拍目の頭に来る8分音符が長めになってしまう傾向があるので、重心は2拍目の裏のほうにおいて、3拍目の頭の8分音符は短めに納めるように吹くように意識を変えた。

オケ全体が鳴るようになってきたので、例えば第3楽章などはビートが「見える」感じがして吹きやすくなってきた感はあるのだが、まだまだ音程が甘いところがあって、管楽器全体として、あるいは木管楽器全体としての芯のある音が抜けて出ていない感じなので、もう少し何とかしたいところだ。

もう演奏会本番まで1ヶ月を切ったところなので、残りの練習を大事にしたい。

続きを読む

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

(管分奏 + 合奏)@2つのオケ

夜枠にIPOJの管分奏とザ・シンフォニカの合奏が同時並行。まずは新日フィルの渡辺泰先生の管分奏から。エロイカのみ。第1楽章。どうしてもこの楽章の変則的と言うか、ベートーヴェンが特に色々な仕掛けをした部分に関して、そのイメージする音のコンセンサスがないもんだから、その意識合わせをするだけで時間がかかってしまう。それと、イメージが出来ても実際に音にできる人とすぐにできない人とのギャップが生じ、それをその場しのぎで合わせようとするのは時間の無駄であるわけ。あとは、音程だな…っていうか、自分がその時のハーモニーで第何音を吹いているのかを察知して、ピッチを高め・低めにバシバシ合わせられないとなかなか決まらない。冒頭の主和音2つにしても、ちょっと意識するだけで結構響きが変わったから、可能性はあると思うけど。

練習の途中で、失礼し、シンフォニカの合奏場所へ。管分奏の場所から比較的近い場所だったのが救い。シンフォニカは、今日が来年2月の定演に向けての初回練習日。「課題抽出」ということで全曲通し。私は最後のブラ3のみの乗り番。この曲、シンフォニカでは2回目。1988年1月の第3回定演で演奏している。この時は、第1楽章を1拍長くしてしまったという大失態を演じたので、今回は雪辱を遂げる意味でもしっかりと演奏したい。当時は今の楽器の前の楽器の時だった(その翌年の3月に買い換えている)から、なんだか苦しい思い出しかないのだが、今回は楽器のコンディションが全く異なっていて、楽に楽器が鳴るから表現力をかなり追求できるのではないかと思っている。それにしてもブラ3は吹きっぱなしで体力を消耗する曲だから、適度に「抜く」ところをつくっておかないと、口が疲れて肝心のソロとかでコントロールが効かなくなる恐れがある。ペース配分を考えねば。体力的には第4楽章が一番辛いかも。第1楽章の頭拍のないトリッキーなリズム展開にまだオケがしっくりしていないから、ポロポロと落ちてしまう。指揮の内藤先生が、ヘンレ版のブラ3のスコアが出版され、例えば第1楽章の冒頭の管楽器の伸ばしは、パート譜(これはブライトコプフ)では、全音符に付点がついているが、ヘンレ版では付点2分音符2つがタイでつながっていると指摘された。要は、4・5・6拍目の音の推進力というものを考える上で、この記譜は納得がいくという話。だけど、僕が高校のときに買った(550)全音のミニチュアスコアは、付点2分音符2つがタイでつながっていた。まぁ、いいけど。

タグ: 練習日記 ファゴット バスーン

N響の楽員募集に思う

「2番ファゴット(コントラファゴット兼任)奏者 1名」、募集中ですなぁ。課題曲などはいつものように

● 課題曲
* モーツァルト/ファゴット協奏曲変ロ長調K.191より第1楽章(カデンツァ含む)及び第2楽章(カデンツァなし)
● オーケストラ・スタディ(ファゴット、コントラファゴット)
* 書類選考通過者に郵送
* コントラファゴットは当団で準備します。(但し、持ち込み可)

ということになっとります。

いつも気になるのは「応募資格」。

原則として年齢18歳から35歳(2007年12月1日現在)

この「原則として」が良く分かりません。どなたか「原則」が破られた事例紹介をよろしくです。

ちなみに、ホルンの首席奏者も募集中ですが、こちらは、

年齢18歳以上(2007年11月30日現在)

となっとります。首席奏者は、年齢上限無しですか…?

タグ: バスーン ファゴット

作曲(BlogPet)

バスーン♪は、裏づけみたいな作曲したいです。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

KEEPING SCORE: “Beethoven's Eroica”

IPOJ事務局長様のご好意により、首記DVDを拝借。
Michael Tilson Thomas氏がナレーションを担当し、楽曲分析をしていて、San Francisco Symphonyのリハーサル風景も収録されています。勿論、本番の演奏も。あいにく日本語はサポートされていませんが、英語でOK。途中、彼のスコアが映りますが、すごい書き込みです。彼の解説は明快で、特に第3楽章を“Joy of Creativity”と評していたところはなかなか言いえて妙です。演奏としては、個人的にはかなり気に入りました。

マエストロ登場!

IPOJの練習日。午前中は新日フィルの渡辺泰先生のご指導で管分奏。エロイカの第1楽章と第2楽章をちょっと。第1楽章に良く出てくる音型で、タイでつながった4分音符2つ、次に2分音符、そしてまた4分音符2つのタイのパターンで2分音符が小節の頭に来るところを意識しないといけない。意識しないでいると音符の長さがつまってきて縦が合わなくなる傾向があるので注意。練習番号Fの後の4分音符が6つと付点2分音符2個のタイの音型。やはり3拍子であることをきちんと意識する必要があり、最初の小節の頭の拍を意識することが必要。

午後は、今回のマエストロ、手塚先生のご登場。他の2曲を通した後に最後にエロイカの通し。先生とは、昨年11月の定演でブラ2をご一緒しているので、指揮には慣れているが、やはりエロイカの第1楽章のようなトリッキーな曲の要所要所できちんとサインを出してくださる指揮は安心できる。時間の関係であまり細かい指摘は無かったが、全体のテンポ設定とメロディの歌わせ方などの雰囲気はつかんだ。まだオケのほうのバランスが悪く、弦にしても管楽器にしても、相手に譲ったり、自分が前に出るような「寄せ」と「引き」の関係がうまくできていないので、もう少し自分のパートを確信を持って弾く・吹けるようになったらば、もっと周りを聴いて演奏する必要があるだろう。そうするともっと色々なことが聴こえてきて音楽に立体感がでるはずだ。ベートーベンの音楽はまず楽譜に書いてある通りに演奏できたうえで、そこから様々な色づけをしていくことでアンサンブルを楽しみたいものだ。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>