プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

代吹きの午後

IPOJの本番は5月11日なので、合奏は今日と本番前日のみとなってしまった。

午前中は、グノーの自主木管分奏。音程の危ないところ中心に合わせ。うーん、ほとんど自分は吹いていないぞ…。

午後は、サン=サーンスの合奏から。今日はトップのF氏が海外出張のため代吹きをすることに。『あぁ、ついにこの日が来てしまったのかぁ…』という感じだったんだが、Obパートも代吹きで名手O氏の登場となり、期せずして一日限りのトップコンビ復活。苦手の第1楽章の刻みもなんとかやりきった(2度目は力尽きました…ゴメンナサイ)。今日の練習にはオルガンが付いた(本番奏者による演奏)ので今まで音が無かったところが埋まって雰囲気がつかめたという感じだったのだが、設備の関係で音量がさほど大きくなかったので、本番会場のパイプオルガンではバランス調整が必要だろう。それはそれでステリハでの短期決戦ということだ。曽我先生の本日のご指摘は、これまでよりもやや厳しく、サン=サーンスは頭の良い人だから楽譜に書いてあるとおりに演奏できないとデザインされている音楽が聞こえてこないというご指摘。確かに、ここに来て音程が悪かったり音色が良く無い場所がかなり露見し、求められている音楽が出てこないことに先生もややフラストレーションがたまってしまったというところだろう。音量・音程・ビート感がきちんと整えばこの曲の良さがきちんと伝えられるはずだから、連休を利用して各自が確信を持って演奏できるように、もう一度譜面を見直し、先生が指摘されたところをきちんとできるようにしておくべきであろう。

夜はシンフォニカの管分奏が予定されていたが降り番の曲だったので、金管3名(1名は、本日練習トラの方)と飲みに。名手の話になり色々と勉強になった。終わって駅のホームに来たらVnパートの集団に遭遇。懇親会をしたそうだ。GW突入というところだが、明けた週末が本番ということで、残された時間をどう有意義に使うかという課題あり。

苦労(BlogPet)

きょうコバスが苦労したかも。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

リードのチェック

Reed (Apr/19/2008)昨日の練習後、帰宅すると師匠にオーダーしていたリードが届いていた。今回は、Reeds'n Stuff の材料を使用とのこと。

さっそくチェック開始。いつものように上から下までしっかり鳴るし音程も良いので安心感がある。おそらくもう少しだけ800番の耐水ペーパーで軽ーくなでるように全体をこすってあげると息の量が少なくてももう少し振動が良くなる感じがするが、今日はそのままにして次まで変化がでないかどうか様子を見ることにした。その後は、サン=サーンス。この次の練習では1stを代吹きすることになってしまったので、一通りさらってみた。第1楽章は2ndよりも16分音符の刻みを吹くところが多い分、口が疲れてしまってタンギングが追いつかなくなる傾向があるので、体力調整が必要。この次は午前中にグノーの木管自主練習があって、その後に合奏の予定だからなおさらだ。しかし良く考えるとGW明けの週末にはもう本番。合奏は本番前日のG.P.入れても後2回なんだと思うとオケとしてはあまり練習時間が無い状況だ。

タグ: バスーン ファゴット リード

山根先生の木管分奏

午後からIPOJの木管分奏は、N響クラリネット奏者の山根先生のご指導。

まずはグノーから。先生は聴いたことも吹いたこともないとおっしゃっておられたのだが、要所をおさえたご指摘はフランス物の「色」をどう奏でるのかという視点でのご指導。音色の変化をもっとつけること、3曲目は16分休符をもっときちんと取ること、また伴奏音型の音符の長さなど細かいことなのだがきちんと気をつけて演奏すればそれなりにフランス物らしく聴こえてくる。但し、まだ音程の甘いところは多いので、これは来週の自主木管練習でカバーしないといけないだろう。

サン=サーンスは、ちょうどN響の定期で数日前に吹いたばかりと言うことで、本番で起こったオルガンのハプニング話をしてくださり結構笑えたけど、うちの本番では起こって欲しくないハプニングだ。全体的に木管セクションとしてのダイナミクスが狭い感じがしてきた。ある程度吹けてきたところで音が出るようになったので、もう少しpmfの区別はきちんとつけたほうがいいだろうし、音程に関してもバランスの問題だったりする箇所があるので、もう少し自分が出している音が第何音になっているかをきちんとスコアでも確認して吹く必要があるだろう。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

もう本番1ヶ月前だぁ…

午後からIPOJの練習は、曽我先生の合奏。今日はハープが入って豪華な雰囲気のグノーを楽しめた。もう本番1ヶ月を切ったところで、今回は金管楽器群に秘密兵器を多用しているせいか安定しているので、後は木管の音程と先週野田先生にご指導を受けたような細かいニュアンス作りができてくるともっともっと音楽的になると思う。それとまだ先生の棒に対する反応が甘い箇所が随所にあるので、このあたりのレスポンスの速さと正確さが改善されるともっとオケ全体の音楽の方向性が定まる気がした。また、先生が指摘されていた和声のバランス感覚。自分が演奏している音がその和声の何音かを即座に感知して音量的に出したり引っ込めたりすることにもっと敏感になれば、単に音程が悪いということではなくて、オケ全体の響きがもっと豊かになるはず。

IPOJの後は、ザ・シンフォニカの合奏へ。今日はブラームスのVn響とツァラの合奏だ。ツァラは個人的にはかなりさらっているのだが、細かい音符が相変わらずはまらない。オケもまだ慣れていないメンバーが多いからどうしてもノリが出てこない感じ。ビート感がバラバラなのかな。今のところ難所は348小節目から408小節目あたり。練習が終わって、FlのNさんに「学問について」のところのソロの音がスコアと違うこと(220小節目の最後の8分音符がパート譜ではGesになっているが、Nさんのスコア(何版か未確認だがおそらく音友版だろう)ではAsになっていて、彼が聴いている演奏でもそうしているという)を指摘されたのだが、私が持っている1982年に購入したEulenburg版のスコアでは、パート譜と同じGesになっている。指揮の内藤先生が使用しているスコアはかつて私がアメリカに出張に行ったときに頼まれて購入してきたドーバー版のはずで、指摘が無かったということは、やはりGesなのだろう。手塚先生がいらした時に確認することにしたい。

続きを読む

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

仕事するはずだったの(BlogPet)

きょうコバスが山田さんと公開したよ♪
でも、仕事するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

野田先生の木管分奏

午後からIPOJの練習は、群響の第1クラリネット奏者の野田祐介先生のご指導。曲はグノー:「歌劇「ファウスト」~バレエ音楽」とサン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」。

この2曲は、木管アンサンブル的に各楽器の絡み具合があまり濃いいところがない(ブラームスやベートーヴェンみたいに)から音の長さと音程が合わさって、音色が整えば格好がついちゃうように思っているので、先生からこういう曲に対するエスプリのようなところをご教示いただけることを期待していた。予想通り、「音色の変化」と同じテンポでもその中で音符を詰めたりして躍動感を出したりするようなテクニックが要求された。これを奏者側が全員できると非常に幅の広い表現力豊かな演奏ができる。それからバランス的なことは中で吹いているだけでは分からないので前で聴いていただいて指摘を受けると新たな知見も多い。所々、先生が実際に楽器を吹いてくださってニュアンスを伝えていただけたのが非常に参考になった。先生のブログには早速「大企業」というエントリーを書いてくださっている。

練習後は、数名のメンバーと先生を交えての飲み会。実は、この野田先生のお兄様は学生時代に「ジュネス」で一緒にバスーンを吹いた仲だったのだが、なんとIPOJのOb名手、O氏の結婚式の司会もされたのだそうだ。意外なところでまたつながりが増えた。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

今、ブログで話題の楽器って?

チューバかいっ?(ビオラと1位争いかっ…)。

20位までにファゴットもバスーンも出てないですねぇ…。

タグ: バスーン ファゴット

楽器の値上がりに思う

個人的にはJDRさんとの付き合いがないが、mixiのマイミクさんとかにカタログが届いて楽器の値上がりについてコメントされているのを見かけた。例えば、こことかで具体的に過去のデータと比較してくださっている。為替の変動とかも考慮しないといけないのだろうけど、総じて値上がりしているということかな。私の楽器(シュライバーの5091)は、既に存在しないモデルだが、もしあったとしたら今いくらくらいになっているのだろうか…。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>