プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

夏場にチャイ4はキツイ…!?

午後からIPOJの秋の定演に向けての譜読み合奏に。

プログラムは、「ルスランとリュドミラ」序曲、ラフマニノフのP協第2番、そしてチャイ4。今回は序曲とチャイ4の2ndで出演予定だが、今日はチャイ4のトップを代奏。チャイ4は前にも書いたけど大学1年の時とザ・シンフォニカの第2回定演で2度吹いている。なので、曲は良く知っているとは言うものの、全てのパートが定員に達していない「薄い」オケで、吹くとなると結構難しい。要するに聴こえてくるべき音が無かったりするわけで、無意識に頭の中に出来上がっている音楽が聴こえてこないからタイミングがうまくとれなかったり、合わせどころのポイントがズレちゃったり。まぁ、譜読み段階ということでこれはこれでしかたないのかもしれないけど、個人的には一番最初の練習の時からちゃんと吹けていないと気がすまないタイプなので反省点多し。それにしても、ここのところの猛暑でお疲れ気味のところ、チャイ4は体力的にキツイですわぁ…。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

ブログ通信簿(BlogPet)

バスーン♪の「ブログ通信簿」のまねしてかいてみるね

っていうサービスが始まった結果です(詳しい説明はよく話題にしているのは、こちら)?

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

ブログ通信簿

ブログ通信簿

っていうサービスが始まったそうなので、早速やってみた結果です(詳しい説明は、こちら)。

なぜか性別は♀。よく話題にしているのは「吹奏楽」だそうですが、なんだかなぁ…。

3連休だが…

楽器を吹かないと落ち着かない性分。本番終わってまだ1週間経ってないのにねぇ…。

まぁ、次の週末はIPOJの譜読み合奏がある。メインのチャイ4は2ndを担当するのだが、その日は1stを代吹きするので久々に通してみた。これまで2回吹いているけどブランクは大きいね。特に第1楽章のリズムと調性の変化には惑わされるけど慣れると一種の快感になるかも。2ndパートは1stとオクターブでユニゾンが多いが、結構低いほうで細かいことやらされるから、指がもつれやすいですな。

ザ・シンフォニカのほうは、まだパート割が決定していないけど、とりあえず楽譜が来ている大学祝典序曲とスコットランドを通してみた。2つとも学生時代に吹いたことがあるけど、これまた結構音符が多くて大変だ。特にスコットランドは第2楽章が鬼門だな。

先日の本番の報告も兼ねて師匠にまたリードのオーダーでもするかな。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

本番終了 - リベンジとなったか…

朝、昨日の練習録音を聴いてポイントをチェック。ステリハでのチェックポイントを再確認。ツァラは全体としての流れはできているけど、細かいところでアンサンブルの乱れが気になる。

ステリハはモーツァルト、ブラームス、ツァラの順だったので、前2曲は客席で聴き管楽器の聴こえ具合を確認。さすがに残響がすごくて、ぶったまげたが、客席に人が入ればもう少し収まるはずなので、そのギャップを認識することを心した。

実際にステリハでステージで演奏してみると視界も良く、コンマスのボーイングもよく見えたので、ツァラの最後のからみの部分もかなり柔軟性を持って対応できた。

本番。有効座席数はその後の調整で1,521席になったそうだが、それでも1,517名のお客様にご入場いただいたため、開演後にいらした20数名のお客様には入場をお断りすると言う前代未聞のスゴイことになってしまったようだ。この場をお借りして、ご入場できなかった皆様にはお詫び申し上げます。

演奏は、手塚先生が本番でも非常に冷静な指揮をなさってくださったこともあり、かつ、オケが良く反応していたので、なかなか柔軟度のある、懐の広いツァラになっていたのではないかと思う。個人的には「科学について」のソロは、ほぼ思っていたことを表現できたと思うし、一番最後のソロも今までで、一番伸び伸びと吹けたと思う。まぁ、音程が不安定な所とか細かいところで音が割れちゃったような細かいミスはあったけど、全体感としてR.シュトラウスの思っていたようなことはできたのではないかと思う。

ということで、オペラシティでのリベンジは終了。次回は、メインがメンデルスゾーンのスコットランドで、サブにエルガーのエニグマ変奏曲、前プロにブラームスの大学祝典序曲という渋~いプログラム。指揮は大山平一郎先生なので、また今日とは一味違ったザ・シンフォニカがお楽しみいただけると思う。

続きを読む

本番前日

本番前日の練習は杉並公会堂グランサロン。ここはこれまでにも数回利用しているが、なかなか練習には良い場所。やっとオケと自分の楽器のバランス調整が可能な練習環境となった。手塚先生も「ここに来てやっと練習している気になった」とのコメント。

ツァラの練習の前にブラームスのVnコンチェルトの第1楽章だけ後ろで聴いていた。先週、加藤先生との初合わせで色々と物議をかもしだしたようだが、今日聴いていても所々不安要素が残るように聴こえた。このオケは、これまでにほとんど合わせ物をプログラムに取り入れていないから、慣れていないしトレーニングを受けていないのが、そもそもの原因だと思うし、ソロパートが弾いている時のビート感を察知する能力に個人差があって、それが不ぞろいの原因にもなっていると思った。なかなか一朝一夕にはうまくいかないものだ。

ツァラは通しながらポイントの確認。吹いていて2-3箇所指揮とオケがずれていたところがあったのを感じた。あれだけ分かりやすい指揮をされているのに、ここに来て不安要素が増して譜面にかじりついて顔をあげていないからそういうことが起こるし、今日は練習場所の環境が良いから音程の悪さも目立ち、それを合わせに行くと遅れるという悪循環になりかけている。少々不安。

広報担当者の話では今回は非常に集客状況が良く、既に有効座席数(1,515)を上回る来場者予想数に達しているそうで、それを2割引いたとしても約1,400名という予想だそうだから久々の大入り満員になりそう。そうなるとこのオペラシティのコンサートホールは、響きがあまりよくなくなるのでステリハとのギャップに注意しないといけない。このような状況では結構自分の音が「生音」に聴こえて精神的に良くないのだ。このホールでこれまで2度、苦汁を嘗めた経験があるので、明日はそれを払拭したいところだ。

タグ: バスーン 練習日記 ファゴット ザ・シンフォニカ

構成(BlogPet)

きょうコバスはうさづで安心しなかったー。
だけど、コバスはニニコ山田さんは感触みたいな存在したかったみたい。
でも、きのうは構成するつもりだった。
だけど、メイプルで重心っぽいコメントされた!
だけど、Waltherのトーンホールみたいなキャッチするはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

物体 X

物体X (その1)物体X (その2)

土曜日の練習の休憩時間、テナージョイントの水分をスワブで拭き取ろうとした際に、何かちょっとひっかかる感触があって、スワブを抜き取ると写真のような物体の破片が最初1つ出てきて、その後、もう1度通したら残り2つも出てきた。これが出てくる前の合奏の時に、何かテナージョイント辺りで振動音が聞こえていたのは、これが取れかかっていたせいか…。

「何じゃ、こりゃぁ!?」

上や下から覗いて見るとトーンホールの辺りに出っ張っているところがあるのだが、よく分からず、トラに来ていたK氏に聞いてみると、内側でトーンホールに水が入らないように土手を作っていたのでは?というコメント。

何せ演奏会本番1週間前なので、演奏に支障が出ては一大事とチューナーを付けて一通り吹いてみるが特に問題なし。それでも、不安だったので、剱持氏に画像を添付してメールにて問い合わせみたところ、以前の修理の際にテナージョイントの内径(High AとオープンFの中間辺り)にリングが入っているなぁと少し不思議に思われていたそうで存在は認識済み。写真から多分そのリングだろうとのこと。どの段階の修理か、または製造時か、分からないが、何かの目的で入れたのだろうとの見解(←私は剱持さん以外のところでそのような処理を受けたという報告を受けていないので、おそらく製造時からか…?)。取れた後の吹奏テストで問題なければ良いとのことで、むしろ取れたほうがノーマルになってよいのではないかというコメントをいただいけた。ということで、一安心。

タグ: バスーン ファゴット

本番1週間前

午後からザ・シンフォニカの合奏。演奏会前日のG.P.を除けば、今日が実質ツァラの最後の練習日。

ツァラの練習前に「魔笛」の練習を聴いた。弦のプルトを減らしたということだが、シンコペーションのところとか重たい。もっと室内楽だと思って各自が確信を持ってもっとアンサンブルを意識して演奏しないとしまりの無い演奏になってしまうように思う。

ツァラになってオケの編成が大きくなるが、今回の練習場所も前回同様の天井の低い会議室なので、オケのバランスがイマイチ分からず、本番前のバランス調整に重要な時期に非常に辛い状況。最後の通しで「学問について」のソロは気持ちよくなりすぎてズレてしまった。失礼いたしました。「魔笛」で室内楽を意識するのと同様にこの複雑な構成になっている曲でももっと室内楽を演奏しているような気持ちになって演奏してみたらどうだろう。確かに譜面は難しいから余裕が生まれにくいのかもしれないが、なんとなく見通しの悪い演奏に聴こえてしまっているように思う。手塚先生は、微妙なテンポの変化を巧みにバトンで信号を出しているのだが、果たして何人キャッチしているのだろう。自分の譜面に精一杯の状態では機動力も生まれない。何か今回は演奏していての「ワクワク感」が生まれてこないのはこのあたりに原因があるような気がする。

タグ: ファゴット バスーン 練習日記 ザ・シンフォニカ

Amazon でファゴット売ってるって…

「YAMAHA ファゴット」で検索した結果

でも、どういうわけかカテゴリが「エレクトロニクス」なんですよ。
ヤマハ ファゴットボーカル スワブ」にいたっては、写真がクラリネットなんですけど…。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>