プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

ザ・シンフォニカ、後期シーズン開始

夜からザ・シンフォニカの合奏は、藤田 雅先生の指揮で合奏。後期シーズンの開幕。ブラームス/「大学祝典序曲」、エルガー/「エニグマ」 変奏曲、メンデルスゾーン/交響曲第3番 「スコットランド」というプログラムで今回はスコットランドのトップのみの乗り番。

練習は、スコットランドから。この曲は「合奏集団 不協和音」で1998年11月に演奏しているので2度目となる。10年前にどういう演奏をしたかという記憶としては第2楽章がそんなに速くなかったので助かったという印象くらいしかない。ということは、特に他には問題が無かったということだろう。

指揮の藤田先生には、これまで2回(2004年06月26日2005年01月29日)このオケの練習を指導していただいているが、ブログや記憶にある限り非常に効率的な練習をしてくださる方という印象。今回もそれに違わず効率的な練習運びと限られた時間での参考となるコメントをいただけたと思う

例えば今日が初回の練習ということで心がけることとしては、音楽の縦を合わせに行くような演奏をするのではなく「音楽を知ること」。第1楽章の8分の6拍子のところなど音楽が停滞しがちになるのをそうならないようにするためのコツ(3/8+3/8になってしまっているので、そうならないようにすること)など。dim.になったら音が死なないように逆に響きを豊かにするように吹くとか。第2楽章は、かなり速めのテンポだったため、管楽器はタンギングに気を取られがち。それだと音になってないわけで、それには息をもっと入れること。逆転の発想とおっしゃっていたが、確かに自分もこれまで早いタンギングは苦手なのでどうしてもそこから練習をしてしまっていたが、息をきちんと入れなければリードは振動しないわけで、試しに息をどんどん入れるようにして吹いたら案外うまくいったし音楽も前に進む。第4楽章は、4分音符+2分音符のスラー音型で、後ろの2分音符の長さがキープできていない点など。藤田先生はフルートを勉強されているので、このあたりの管楽器奏者に対するアドバイスが実践的で大変参考になった。全楽章を1度通しただけの短い練習ではあったが収穫は多かった。こうしてみるとこの曲はプロとアマの演奏の差が非常に出やすい曲ではないかと思った。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

マエストロ登場!

午後からIPOJの練習は、今回の演奏会のマエストロ、手塚先生による合奏。手塚先生とこのオケとの顔合わせは今回で3度目。前2回(ブラ2エロイカ)以外に私個人としては7月のザ・シンフォニカの演奏会でもお世話になっている。

練習は曲順。ルスランは、CFgのY氏とも意見が一致したのだが、一発でテンポがバッチリ決まってもう有無を言わせぬ音楽の運び方をされた。申し訳ないが、これまでの練習指揮者の先生方とは格の違いを見せつけられて圧倒された。細かい点としては、音の長さが不揃いのところがあるので、それをきちんとルールを決めて揃えればかなりまとまってくると思う。ラフマニノフは2楽章の最後から3楽章を聴いていたが、管楽器の音程の甘いところが目立つのでこれは要チェック。チャイ4に関しては、非常に楽譜に忠実な音楽の作り方なのだが、通した後のご指摘を聞いているとかなりこの曲で鬼門となる場所をうまくやるためのヒントを具体的に説明してくださっていたので、これも要チェック。個人的には今日は天気も良く気候が良かったせいかリードの調子が良かったのでやりたいことがかなりできた。しかしながら、細かいところでの取りこぼしも多々あったので、これは反省。

練習後は、先生を囲む会に出席。先生とは2週間後にまた合奏で再開予定。それまでに今日の課題を克服しておきたい。

勉強(BlogPet)

きょうは、バスーン♪は意味っぽい勉強したかも。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

永峰先生の合奏

午前中、IPOJの事務局のお手伝い。招待状の発送事務作業。午後からは、永峰先生の合奏。合宿の時にお世話になって以来のご登場。

練習は曲順。チャイ4は前回の冨平先生の合奏の時に十分にできなかった楽章を優先させたので、2→3→4楽章とやって、最後の1楽章は通したのみ。今日はCbが4本いたけど、Vcが3本だったので、低音軍団としてはもったいない。イマイチ音程も気になった。永峰先生の練習は合宿の時と同様にポイントを押さえた効果的な練習。オケとしては、人数がまだフルに揃っていないが、その範囲で聞こえてくる和声の移り変わりに対応して自分の音がどのポジションにあって、その場合に音程をどういうふうに付けるかということをもっと意識して演奏すべき。特に管楽器。ルスランは、テンポの速さに惑わされて楽譜に書いてあることをきちんと表現できていない感じ。焦らずにゆっくりしたテンポで楽譜に書いてあることを忠実に表現することから始めて、できたらテンポアップをしていくように練習すべきだろう。

練習後は楽器倉庫整理のお手伝い。午前中から練習後までよく働いたので、その後の先生との飲み会でのビールが美味しかった。来週はいよいよ手塚先生のご登場。先生は比較的楽譜に忠実な音楽をされるが、先生が考えている音楽を思う存分表現していただくために上記のようなオケの基本的なところはおさえておきたいものだ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

辛い時でも…

季節の変わり目ということか先週以来風邪気味で、例によって口内炎。舌の裏側の根元に近い部分に結構大きいのができてしまった。勿論、ビタミン剤は飲んでいるし外用薬は使っているが、それでも今日は週末の練習に向けてちょっとは音出しをしておこうと思って小1時間チャイ4の第4楽章とスコッチの第2楽章の早いところをさらった。テンポを早くしすぎると舌への負担が多くなるのでゆっくり目に確実に音をキャッチ、すなわち音程のキープと音の粒をきちんと立たせることに留意。後半、やや口内に痛みが出てきたのでムリをせずに、メトロノームに合わせて目で音符を追いながら指をシミュレーションするイメージトレーニングに変更。これを実際のテンポくらいの速度まで繰り返し行って終了とした。

タグ: バスーン ファゴット

シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの来日公演(BlogPet)

バスーン♪の「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの来日公演」のまねしてかいてみるね

小哲氏も登場?
何だかすごそうなだ。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>