プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

IPOJ 本番終了

IPOJ定演本番。

ステリハは、ラフ2P協から。座席でオケの響きを確認。第1楽章の冒頭、ピアノのソロが終わってオケが入ってきたところから約10小節間くらい、オケが半拍遅れていたので、ちょっとビックリ。ピアノが前にあって蓋が開いていることによって、管楽器の音抜けがイマイチになることも分かった。ピアノのも場所によってはオケに埋もれてしまっているところがあった。やはり本番会場でバランス調整をすることは必要だ。本番でもバランスが悪いところがあって、会場で聴いていた友人から指摘を受けた。まぁ、これをステリハだけで短時間で解決するには、ソリストもあまりコンチェルトの経験がないし、我々アマオケにとっても全員がコンセンサスを持って調整をするには酷というものだろう。

昨日書いた集客の件、結局満員にはならずとも、1,618名の入場者数で、これは過去最高を記録した。大変ありがたいことである。演奏後のアンケートを拝見したが、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番には、色々な人の色々な思い出やエピソードがあることが分かり、単なる「のだめ」効果だけでなく、本日の好調な集客状況につながっていたことを知った。

本番の演奏、特に難関のチャイ4第1楽章は、破綻を来たすこともなく演奏を終えた。本番前に全曲を通さなくても、手塚先生のようにうまく場所をつまんでステリハをしておくことで、本番での注意力と集中力が増すんだなと思った。

アンコールは、チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」より「エレジー」。冒頭のハーモニーがスーッと出てきたところで、グッっと来て涙が出そうになった。

次回は、来年5月。曲目は未定だが、指揮は大井 剛史先生。現在、プラハにて研修中だが、この日は日本で仕事があるという機会に是非IPOJを聴いておきたいということで、成田から直行で聴きにこられた。この先生とは、ザ・シンフォニカがマーラーの交響曲第6番をやった時に、1度練習に来られたことが記録にある。あれから約10年、どのように成長されているのか楽しみだ。

続きを読む

合奏(BlogPet)

きょうコバスがメイプルと合奏するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

本番前日、G.P.

ということで、今日はIPOJのG.P.

いつもは日曜日が本番なので土曜日にG.P.というパターンだったんだが、今回は土曜本番のため、会社をフレックスでちょっと早く退社して練習場所へ。午後から使用可能になっていたので、午後半休取ってさらっていた人もいた。手塚先生は練習開始の1時間くらい前にいらしていたので、先週師匠と飲み会をした話をした。師匠と手塚先生は、かつてコンチェルトをやっている仲。「お元気ですか?」と聞かれたので、本人が、「学生オケに引き続き指導に行っていて、若い者に刺激を受けているので元気そのもの」と言っていましたとお答えした。また、手塚先生は7月のザ・シンフォニカの演奏会のDVDが届いたので聴いた(観た)そうで、オケが上手いねぇとおっしゃっていた。実に光栄なことである。

さて、G.P.。まぁ、ここにきてどうこうオケの音が変わるわけじゃないんだけど、集中力と注意力だけは本番まで持続して欲しいものだ。本番のホールでは響きも変わる。なんと事前調査で明日の集客予想が会場のキャパを越えてしまっているらしい。超満員となるとステリハとは別物の響きになるので、慣れるまでがやっかい。こういう時には経験が物を言う。このオケは、毎回本番前に入場者数当てクイズをやって、打ち上げの時に発表しているんだけど、今回は満員の座席数でいったら結構いい線いくのかなぁ…? 7月のシンフォニカの東京オペラシティでのコンサートは、有効座席数が1,521席のところに1,517名入り、満席打ち止めとして約20名ほど払い戻しという事態となった。2回続けて満席となるかどうか…。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

師匠と共に

IPOJの練習の後、同じ師匠の門下生であるNさんより師匠と一緒に飲む機会があるとの連絡を受けていたので新宿へ。

実は、以前、この拙ブログを見て、師匠のリードを手に入れたいということでコンタクトしてきた函館のSさんに師匠をご紹介し、その後、リードがとても良かったという連絡を受けていた。そのSさんとNさんは、Nさんの所属するオケつながりでNさんがSさんのオケにエキストラに行ったことがあって、知り合いだったのだった。私はそのことは全く知らなかったのだが、NさんからSさんのメルアドを教えて欲しいという連絡がしばらく前にあって、お知り合いなのかなと思っていたのだが、今日初めてその事実を知った。実に師匠の人徳のなせる業というか、バスーンを通した素晴らしいネットワークである。今日は、そのSさんが上京し、師匠と一緒にボーカル選びをするということで、折角の機会なので師匠を囲んで宴会をしようということになり、Nさんの所属オケのバスーン奏者や師匠が木管トレーナーをされているT大の現役/OB・OGも参加した賑やかな集まりとなった。一通り自己紹介をした後に、今日の宴会の趣旨説明がNさんよりあり、上記のようなつながりである事が説明された。私は、師匠と直接会うのは、2005年にザ・シンフォニカでショスタコの9番のトップを吹いた時に師匠がわざわざ本番を聴きに来て、休憩時間にわざわざ舞台裏まで会いに来てくださった時以来だったので、実に久しぶり。一緒に酒を飲む機会は30年以上のお付き合いなのにこれまでほとんどなかったので実に貴重な機会だった。師匠はあいかわらずお元気でなにより。現役の頃にオケで色々ないたずらをしたお話には全員抱腹絶倒。あっという間に閉店時間となってしまい、次は是非、函館で吹きっちらかし大会をしようよねと意見がまとまったところでお開きに。師匠と同じ方向の電車に乗り、お礼を述べて先に降りた最寄り駅から自宅までの間、この楽器を続けていて良かったなぁとしみじみ思った。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 リード

本番1週間前

IPOJの本番1週間前。

午前中、ラフマニノフP協#2のパート練習をすることになったのでチェックに付き合う。第1楽章の[6]の後の和音の移行部分。音程の合わないところを先にチェック。オケの合奏で吹いているとこうしたところのハモった感触をつかめないままいい加減に吹いていることが多いので、まずはきちんと音程を合わせてその実感をつかみ再現性良く出せるようにすること。出だしが揃わないから音程が合っていても合っていないように聞こえてしまう点を指示。しかも1stと2ndでスラーのかかり方をずらして書いてあるのでOb/Clの動きを聴きつつ自分が頭で入るところは確信を持って入るように指示。バスーンの楽譜には強弱が書いていないが、Ob/Clの動きには< >が書いてあるのでそれを意識した息の使い方をすること。[14]の後、321小節目からの伸ばしは1stと2ndが上下入れ替わって和音を吹くところなので、G♭を1stが吹いた後に2ndがF♯を吹くところなど、同じ音でも音程のとり方を意識しないと合わないことを理解し、意識して吹くように指示。第2楽章47小節目からのオブリカート。吹き始めて2小節目の2分音符から次の8分音符に重心を移していくように息を吹き込んでいくイメージを指示。そうこうしているうちにあっという間に与えられた30分が経ってしまいパー練はおしまい。

午後の合奏は、ラフマニノフから。午前中のパー練の成果として、なんとか許容範囲に届いたかという感じだったが、細かいところの音程や他の楽器とのコンセンサスがうまくとれていないところに不安が残った。2曲目はルスランとリュドミュラ。久々の合奏ということもあって、弦楽器の特にVnの切れの悪さが目立つところが多かったが、大方の音楽の流れ、この音楽が持っているエネルギーの持って行き所(方向性)が見えてきた感じ。でも、ちょっとキメに欠けるかな。チャイ4は、最初に第1楽章の細かいところをチェック。やはり[Q]から後のところが鬼門。これは本当に本番になってどうなるかわからないところだ。各自が確信を持って演奏することも必要だが、キメとなる、つまり「絶対ココは合わせる」というポイントを決めておいて、何が起こってもそこで修復可能にしておく必要があろう。実際に本番でこの部分で空中分解を経験している身としてはとにかく不安だ。

ということで、後は本番前日のG.P.とステリハのみ。さほど多くの時間は取れないだろうから、各自の復習が必要だろう。

タグ: 練習日記 バスーン ファゴット IPOJ

本番2週間前

午後からIPOJの練習。今日がちょうど本番2週間前。

最初はラフP協#2の初ソロ合わせだったので、後ろで聴いていた。いつも思うのだが協奏曲はオケの能力試験。手塚先生のバトンとソリストとの間に入って機動力が試される。オケの機動力以前に各メンバーの対応力のほうが問題。ここに来て楽譜にかじりついていたのでは柔軟な対応は無理。周りを聴く余裕を持って、かつバトンとソリストとの間合いを取りつつ確信を持って演奏できるようにならないといけない。まぁ、今日は初合わせということもあって許してもらえるのかもしれないけど、聴いていて結構マズイなぁと思うところ(音程とダイナミクス)が多々あったので乗り番のメンバーは練習録音を聴いてチェックが必要だろう。

後半はチャイ4。協奏曲に比べれば総合的にまだましなのだが、やはり第1楽章が難しい。手塚先生も次の練習では第1楽章をもう少しやるとおっしゃっていた。確かにリズム感に個人差が出てしまう拍子なので、縦ノリになるところと横ノリになるところのギアチェンジがうまくいかないところがあるし、音程も合っていないところがまだかなりある。それとダイナミクスと音符の長さに気をつけなければいけないところがある。

G.P.入れて後2回の練習でなんとかなるかどうか…。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

登場すればよかった(BlogPet)

きょうは、登場すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

スコッチの雰囲気

IPOJの木管分奏を後にして、ザ・シンフォニカの合奏へ。内藤先生のご指導で大学祝典序曲とスコッチ。

前回の初合奏の録音を聴いて、色々と改めるべき点の洗い出しは出来ていたのだが、いかんせん、テクニックが付いていない部分が多い。第1楽章の序奏部の雰囲気を出すのはなかなか難しい。第2楽章の音符が細かくてキレの良いスタッカートを要する部分での息の使い方がまだ習得できていないので、息がリードにうまく入っていかない。従って音にならない。ダブルとシングルの切り替えも不安定な状態。今日のテンポだとダブルでないと追いつかないところが多い。第3楽章は、もう少し音程を合わせたいところ。全楽章を通してもう少しダイナミクスをつけるためのバランス調整が管楽器内、そして弦楽器との組み合わせで必要と感じた。

今日は、遠近両用の多焦点レンズのメガネで練習に参加したのだが、まだ狭い焦点に目が追いついていかないので、焦点がボケた状態で吹いていたところもあった。それでも吹けているということは暗譜しているとも言えるが…。もう少し慣らしたいところだ。

タグ: ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ バスーン

荒川先生の木管分奏 (第2回目)

午後からIPOJの練習は、荒川先生の木管分奏。今回は2回目(前回)と言うこともありリラックスした雰囲気で練習が始まった。

まずは、ルスランとリュドミュラ序曲から。アドバイスとしては、この曲が持っているエネルギーを単純な譜面の中でいかにコントロールできるかと言うこと。単に音程が合ってテンポが決まれば良しと言うことではない。演奏者全員が先生が指摘した微妙なニュアンスを理解しコンセンサスを持って音で表現できなければならない。ちょっとしたところ全員が神経を集中させて注意するだけでかなり音楽が変わることを体験できたので、このフィーリングを持続したいところ。

チャイ4に関しては、音量的に吹きすぎになっている所を何ヵ所か指摘された。実際に楽器を吹いて下さるので、プロのツボと言うか、プロはこういうふうにダイナミックスやブレスをコントロールするのかが良くわかった。

本番まで後3週間弱となったところで、もうひとふんばりが必要と感じた。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

チャイ4に浸る

午後からIPOJの練習は、手塚先生の合奏でチャイ4のみ。

第1楽章から順に練習していく中で、管楽器に対しては音符の長さに関するご指摘が多かった。例えば、第1楽章の146小節目からの木管楽器の旋律で8分音符が短くなってしまうのでテヌート気味に吹くようにすることとか。その後の同形のパターンでも同じようにする必要あり。そうやって吹くと音程が気になりだした。2ndがやや大きめに支えるように吹いたほうが安定するかも。その他では、第1楽章7小節目の第1拍目と次のタイでつながった8小節目の頭の4分音符をテヌート気味に吹くようにとか、第4楽章の269、270、273、274小節目の4分音符を長めにとか。

また今回は金管楽器にプロのトラの方がいらしたので安定した。特に自分のパートとの接点が多いホルンの2・4番が安定したので吹きやすかった。オケ全体としては弦楽器が弾けてきたので、ダイナミクスが平坦になってきているので、もっと各自が注意しないといけないだろう。

次週は、荒川先生に再びご登場いただき木管分奏の予定。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>