プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

大井先生の合奏

午前午後の室内楽の練習で既に6時間吹いていて、この合奏で4時間やると合計10時間。合宿並みのハードスケジュールの最後の練習は、ザ・シンフォニカの合奏で大井先生。今日は、マーラーのみで2→3→1→4楽章。

練習場所の杉並公会堂の地下に着くと、我々が練習をする小ホールの反対側のグランサロンで別のオケの練習があるらしく楽器を持った人が集まっているなぁと思っていたら懐かしい顔を発見。なんと学生時代にジュネスでよく一緒に吹いていたGさんだ。大学卒業後、長い間コンタクトできずにいたが数年前にメールのやり取りができた。しかしながら直接の再会ならずだったので、超久しぶりということになる。彼のヘッケルも見せていただいたし、名刺をいただくとなんと某超有名ピアノメーカーの日本法人社長になっておられた。そうしているところへIPOJでご一緒しているYさんも登場。Yさんとのお付き合いも学生時代に故朝比奈先生のジュネスでの第9演奏会に始まるから、僕らの世代のオケ関係の付き合いのルーツは、ジュネスというのが多いかも。

さて合奏だが、大井先生が開口一番、このグランサロンのほうのオケの練習場所に先に行ってしまったお話をされた。何やら私に良く似た人が楽器の処分の話をしているのを聞いていたそうだが、ふと弦楽器の前のほうを見るとどうも違う人たちがいるのを見て自分が練習場所を間違えたことを知ったそうだ。まぁそちらのオケの本番指揮者は大井先生が師事した松尾葉子先生だということなので不思議な縁も感じる。

練習全体を通して感じたことは、大井先生が表現しようとしていることに対するオケの反応が良くない点。それと先生は、マーラーが書いた譜面に非常に忠実な演奏を心がけておられるのだが、それに対してオケがオーバーアクションして(譜面に書いていないことをやって)しまう)点。だから、第3楽章の練習は、テンポと音量を落として、周りを聴き合いながら進められた。もっと「音楽を語ってください」という先生の指摘。さらに音楽が膨張する(特に音量的に)傾向があるので、そうならずに譜面に忠実に正確な演奏をしていくことの練習。マーラーが実に緻密な設計をしているこの曲を料理するには、オケ側にはかなりの努力が必要だ。表面的に音楽を流して演奏してしまうことは、このオケなら簡単なことなのだろうが、内面的にもっと深い音楽をかもしだすために注意力と集中力(←いつも書いていることだけど…)が必要だ。第1楽章と第4楽章は、時間の関係で数箇所つまむ程度だったが、さすがにリードがくたびれてきて(それでも朝から3個ほど使いまわしていたのだが)最後のほうはあまり調子が良くなかった。

練習後、先生を囲んでの飲み会に参加。先生から私が以前ブログに書いた三舩優子先生がどこでモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏していたか(ここの「第10回福邦銀行オーケストラコンサート」のところ)で、実際に指揮をしたのは記述のある三枝成彰さんではなく大井先生だったとのこと。故岩城宏之さんとのお仕事の関係でそうなったそうだ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

テュイレ六重奏の仕上げ

午前中のドゥビエンヌの練習後、昼食をはさんで午後の練習は、02月06日(土)に本番を迎えるテュイレの六重奏。

前回の練習後、第3楽章も演奏することにしたので、この楽章を中心に練習。中間部のトリオのテンポ設定が微妙で、"Doppio movimento."と言う指定があるのだが、プロの演奏を聴くと実際には倍以上のテンポで演奏しているものが多い。ここは最初にソロを吹くFlさんが自由に伸び伸びと演奏できるテンポでスタートして、途中からピアノが旋律を弾くあたりからややテンポアップをして抑揚をつけることでまとめる感じにした。この楽章は、バスーンが他の楽章と比較して活躍するので楽しいが、ボロが出やすいので要注意だ。細かいミスはあっても全体としてまとまってきたので良かった。

尚、本番は、02月06日(土)14時開演@森下文化センター多目的ホール(入場無料)。テュイレの出番は、一番最後なので16時前後の予定。ちなみにObは、YouTubeオケに出演したOさんです。

タグ: IPOJ ファゴット バスーン 練習日記

ドゥビエンヌ再来

昨年の9月にドゥビエンヌのファゴット四重奏作品73の1(ハ長調)を演奏する機会があったが、VnのT先輩から「リベンジ」ということでもう1度発表の機会を与えていただいた。メンバーは、VcのSさんの代わりにKさんに参加していただくことになり、本日がそのニューメンバーでの初合わせ。

まずは、全楽章を全部通して、その後3楽章→1楽章→2楽章と返して、最後にもう1度全楽章を通した。初合わせのKさんのために前回の演奏での決め事を解説し、その時の反省も含めて新たな決め事を設定。テンポは、第1・3楽章のテンポは、ややゆっくりめにセットして、パート間のかみ合わせを確認。いくつか細かい点で課題があるけど、1度本番をやっている強みがあって、今回はある程度レベルが上がったところから始めることができたので良かった。

今日は、この後、午後はIPOJ室内楽の練習、そして夜はザ・シンフォニカの合奏と合計10時間の練習三連荘となる。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

バスーン(BlogPet)

きょうバスーン♪と、想定しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。

「バスーンのテクニック (アーチー・キャムデン著 西岡信雄訳)」

バスーンのテクニック表紙

この本は、僕が高校オケに入ってバスーンを吹き始めた時に手に入れたのだが、何度かの引越しなどで手元から無くなってしまっていた。つい最近とある理由でどうしてもこの本をもう一度読みたくなって検索開始。著者は、Archie Camden

最初にアマゾンの中古本で見つけたが、20,000円は、いくらなんでも高すぎ! 写真のように昭和40年9月20日初版で、値段は、250円だもの。僕が高校の時に買った時の値段は、よく覚えていないけど、もっと高かったと思う。

バスーンのテクニック発行年月日バスーンのテクニック値段

そこでもう少しネットの検索の幅を広めてみると「古本・古書のけいろく堂書店」さんで2,000円で売りに出ていることが分かり、早速メールで在庫を問い合わせると「あり」のお返事だったので、即買い。今日、届いた。

とある理由で読みたかったページを確認した…そうか、そうだったのかぁ…orz
この本にまつわる話は、別途書きたいと思う。

オタマトーン

オタマトーン

明和電機の作品、超欲しくなったんで、「黒」を早速オーダーしてしまった…。

ちまたのオタマニスト」というブログもあって楽しい!

Twitter

最近ブログの更新が滞っているように見えるのは、Twitter でツイートすることが多いからです。
ブログには、練習あるいはバスーンに関することをまとめて書くことをメインとしていきます。

私の Twitter のツイートは、このブログの右モジュールでも表示していますが、興味ある方は、フォローしてみてください。

今年の初合奏

アンサンブルの練習後、ザ・シンフォニカの今年初の合奏へ。今日以降の練習は、すべて大井先生の合奏だ。

練習前に練習場近くの喫茶店でコーヒーを飲んでいたら、大井先生が入っていらしたので軽くご挨拶。お先に練習場所へ移動。

まずは、カルウォーヴィッチの「オシフェチム家のスタニスワフとアンナ」から。前回の合奏から、約1ヶ月半間が開いたので、頭から通すのかと思ったらば途中から始まった。始めのうちは、ややアンサンブルがぎくしゃくしていたが、段々となじんで来た。先生は、各場面の音楽をどのように表現するかということに関して、かなり具体的なイメージを示してお話をされたので分かりやすかった。頭にもどり、第1小節目の弦楽器の細かい音符が以前よりも格段に鮮明に聴こえてきたので「おぉ、素晴しい!」と思った。

休憩後、マラ9は第1楽章の頭から。今日は、第1楽章を通してから第2楽章をちょっとやる予定だったが、第1楽章の途中までしかできなかった。でもそれは、うまくできていないからと言うよりも、今の音楽をもっと先生のマーラーに近づけるための練習。先生の一言一言に感心すること多し。昨年、IPOJを指揮していただいた時よりも確実に音楽が豊かになっているように感じる。この曲は、先生が大好きな曲だからかもしれないけど。次回は、1楽章の続きと第2・3楽章までの予定。

実は、今日の合奏から前に使っていた眼鏡(普通の近視と乱視用)に戻した。遠近両用の多焦点レンズの眼鏡だと、レンズの歪のせいで顔の角度によって楽譜がぼやけるので、ここ数回本番で使ってみて悩んでいた。特に楽譜の左下から右上に移った瞬間に問題が発生する。バスーン仲間にヒアリングしてみると、オケの時は、多焦点レンズの眼鏡をやめて普通の眼鏡にしたと言う人が多いことも分かった。譜面台までの距離をある程度離しておけばよいのだ。その代わり、手元のリードや楽器をチェックする時は、眼鏡を外さないと良く見えないけどね。

続きを読む

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

テュイレ六重奏初合わせ

午後、ここで紹介したテュイレの「ピアノと管楽器のための六重奏曲」の初合わせ。

スタジオのセッティングを終え、各自30分ほど音出しをしてから第1→第3→第4楽章の順で通し。当初、第1楽章と第4楽章をやる予定だったが、発表時間に余裕ができたということで第3楽章も追加候補になったので通してみた。結局やることにしたが、今日は、各自のおさらいがちょっと足りないので次回の練習へ持ち越し。

その後、第1楽章と第4楽章を頭から通しつつ、問題のある箇所を拾っていった。第1楽章のテンポが最初の通しでは、本番想定速度よりややゆっくりめだったので、もう少し全体の流れを考慮しつつテンポの変化を入れることにした。また、場面転換をする部分の音の受け渡しなどアンサンブルの基本的なところもチェック。まだ、音色を溶け込ませる部分や同じ強弱記号でも楽器の数が異なっている場合のバランス調整などの課題が残ったが、初回にしては息の合った演奏ができたので、ますます本番が楽しみになった。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

怪我(BlogPet)

きょうは、怪我しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「コバス」が書きました。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>