FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

04/11のツイートまとめ

bassoon5091

WBSを見ていて、WBSのFacebookページがあることを知った件など。
04-11 23:10

近藤浩平氏: 「海辺の祈り~地震と原子炉の犠牲者への追悼~」 作品121 for Bsn or Vc http://bit.ly/hfnTu0 初演:2011年4月10日 バスーン独奏:Robert Ronnes http://youtu.be/FkSiM6DrRYs
04-11 22:50

Sオケ弦楽器有志がチャリティー室内楽演奏会をやります http://bit.ly/h04NxP 仙台出身のメンバーがこのコンサートを企画しました。東京の仲間たちと共に心を込めて演奏致します。
04-11 22:15

NHKブラタモリの久保田アナがニュースを読んでおる!
04-11 20:53

半蔵門線止まったらしいが、間隙をついて帰宅した。
04-11 19:36

万が一に備えてIS03充電ちう。
04-11 17:42

雨雲接近ちう! http://bit.ly/MO3vf
04-11 16:19

「bassoon5091」を英語に翻訳すると【 Newtype 】になります。 http://shindanmaker.com/107495
04-11 06:11

04/10のツイートまとめ

bassoon5091

今晩の「ソロモン流」、「ちゃぶ屋」の森住さん。やっぱこの人のラーメンはタダものではないなぁ。http://bit.ly/euDq6L
04-10 22:26

うーむ、高速第4楽章!いいね!>ベト7@N響アワー
04-10 21:47

昨晩録画しておいたカルロス・クライバーのドキュメンタリーとウィーンフィルとの演奏を観るなう。http://bit.ly/epMVid
04-10 10:44

おっと、「題名のない音楽会」にうちの会社の女性がトップバッターで出演して、歌っているなう!
04-10 09:04

04/09のツイートまとめ

bassoon5091

今晩の「美の巨人たち」は、録画しとく <フィンセント・ファン・ゴッホ「カラスの群れ飛ぶ麦畑」 http://bit.ly/4p2lCv
04-09 21:59

予想通り映画と本とでは、順番も違うし、当然ながら映画はテンポが早いな <「天使と悪魔」 http://bit.ly/b0Mjxg
04-09 21:56

「ダビンチ・コード」は、先に本で読んでから弊社の広告が流れるのを確認するという名目で映画館のチケットもらったので観に行ったっけ。本と映画の違いは確認した。「天使と悪魔」は、本で読んだけど映画は観てなかったので今晩は違い(あるのか?)を確認できるかな。
04-09 21:27

明日の都知事選に行く意欲が失せとる…
04-09 17:28

翻訳のおちごとダン。
04-09 16:51

よくよく見るとこの「ボレロ」、福士マリ子さんが、CFgを吹いているではないか!貴重な演奏だ。Fgトップは、岡崎さんね。
04-09 15:32

録画しておいた「名曲探偵アマデウス」(セレクト)を視聴ちう。曲は、ラヴェルの「ボレロ」。いいね!
04-09 15:26

楽器を2時間ほど吹いたけど、喉にはあまりよろしくない…orz
04-09 15:15

ちょっと楽器吹いてみよっと。
04-09 12:49

続きを読む

04/08のツイートまとめ

bassoon5091

久々に仕事で法務関連文書の翻訳をしているが、なんと言い回しの難しいことったら…orz
04-08 23:32

風邪ひきなう。ノドが痛い…。
04-08 20:43

都知事選の選挙公報を見ていない…新聞に挟んであったのを見落としたか…orz
04-08 11:10

「大地震の後、26日前後に大きな余震が来る説」ってあるの?
04-08 08:12

今朝は風が強いなぁ。
04-08 06:06

04/07のツイートまとめ

bassoon5091

結局、アイロン台は、楽天で一番売れているのにしたけど、ワイシャツなどのボタン部分をかけるのに便利なような仕掛けである「ボタンプレス」が秀逸。ちょっと横幅がこれまでのより短いからスーツのパンツのシワ伸ばし&折り目付けをする時にちょっとやりにくいんだけど、やり方を工夫してクリア。
04-07 22:44

bassoon5091さんを象徴する英単語は、funnyとblueとhonestです。最もhonestがあなたを象徴しています。 http://shindanmaker.com/107194
04-07 22:16

これからGlobal Teamのテレカンだったのを忘れるところだった…(汗
04-07 21:49

Firefoxを重くするアドオンランキング http://engt.co/eJmRt7
04-07 06:58

04/06のツイートまとめ

bassoon5091

Web担当者Forum: ソニー、ライオン、IBMなどのWeb担当者が明かすサイト運営ノウハウ「企業ウェブ・グランプリフォーラム」レポート http://bit.ly/hvxRjy
04-06 22:04

【bassoon5091の印象】大多数は「落ち着きがない」、「多趣味」と思っていて「どうしようもない」と思ってる人も16%いました。 http://shindanmaker.com/106756 …orz
04-06 06:33

04/05のツイートまとめ

bassoon5091

http://twitpic.com/4h6sf5 桜は、二分咲きと言ったところです。
04-05 19:37

これからここで花見の宴なう。 (@ カナルカフェ (CANAL CAFE)) http://4sq.com/eLYuCK
04-05 19:17

電波時計、福島局停止中の件、http://bit.ly/eJaol3http://bit.ly/gTtBt9 な裏ワザがあるんですねぇ。しかも http://bit.ly/fJrNfD な物まであるんだ。
04-05 17:06

あんたにアスペルガー症候群って言われる筋合いはないよ…
04-05 13:14

私の趣味とも結うべきアイロンかけ、ついにアイロンを「カルル」に買い替える。http://bit.ly/9IJZUs ついでにアイロン台(立脚)もなんだけど、なかなか良いのが見つからない…。
04-05 11:10

今晩は部門の花見の宴。被災地の酒や食材は出てこなそうな店だが、しっぽりとエールを送ってみたい。
04-05 06:54

自宅近所に出没するピザの移動販売屋さんが、明日は宮城県の石巻市で支援活動をするそうだ。偉いなぁ。http://bit.ly/fMAvPR
04-05 06:52

地震前後ツイート: http://bit.ly/i6fdHm
04-05 06:21

04/03のツイートまとめ

bassoon5091

いつものN響アワーとカメラのアングルが違うのでイイね!
04-03 21:35

おぉ、N響の米国演奏旅行は、岡崎先生も行ったんだ。
04-03 21:19

I'm at パルテノン多摩 (多摩センター駅南側, 落合, 多摩) http://4sq.com/gdde5d
04-03 14:47

…っていうことで、パルテノン多摩を目指すなう。 (@ 京王多摩センター駅) http://4sq.com/dMwEDX
04-03 13:31

午後は、これを聴きに出かけるのだ http://bit.ly/gfDiz1 Iオケでお世話になっている新日本フィル首席Fl奏者の荒川先生が作曲した作品が本選に残ってるので。審査は舞台上で公開形式で行うそうです。審査員に池辺さんがいらっしゃるけど、ダジャレは出るのだろうか…w
04-03 12:08

続きを読む

「クラリネット作品コンクール」を聴きに行った

午後から日本クラリネット協会創立30周年記念事業の一環として行われたクラリネット作品コンクールの本選会にパルテノン多摩の小ホールまで行ってきた。

なぜバスーン吹きがクラリネットのコンクールに出かけたのかと言うと、IPOJの木管トレーナーとしてお世話になってきた新日本フィル首席フルート奏者の荒川 洋先生が作曲された「ソナタ~モンマルトルの丘~クラリネットとピアノのための」が本選に残り、NHK交響楽団の松本氏が演奏するのを聴くためだった。この件は、先生のブログで「衝撃」と言うタイトルで紹介されている。演奏をする松本氏は同級生だったとのこと。荒川先生は、フルートのオリジナル曲も数多く作曲されており、ソロ活動でご披露もされている。最近では、2曲目となる木管五重奏曲の作曲に着手したようだ。

本選に残った5人の作品は、コンサート形式で演奏され、その後に舞台で公開審査会の形式で入賞者を決定した。審査員には、高校オケの創始者である作曲家の池辺晋一郎氏や元N響首席の横川氏や磯部氏など錚々たる方々がお集まりになっていた。

演奏は、どの曲もとても素晴しく、各演奏者がそれぞれの曲に共感を持って誠心誠意を持って演奏をしていたのでとてもレベルの高い内容だった。

1時間以上に及ぶ審査の結果、第1位は「11の顔」を作曲した南 聡氏と「痴人の愛」を作曲した白藤 淳一氏の2名に、残りの3名は全員第3位を分け合うこととなった。審査の過程で、磯部氏が荒川先生の曲を「普段使いの出来る曲」として第1位に推していたのがとても印象的だった。作曲家3名とクラリネット奏者4名という審査員、作曲する側と演奏する側の意見がそれぞれ聞けてとても参考になった。確かに本選に残った5曲のうち、荒川先生の曲を除く4曲は、いわゆる「現代曲」。私のような者にはどうしてもとっつきにくさが先立ってしまい、荒川先生の曲がとても聴きやすかったように思えたが、プロの講評を聞いているとそれが必ずしもプラスにはならない部分もあることがよく分かった。とても勉強になったコンサート&審査会だった。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>