FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

本番2週間前

午後からIPOJの練習。今日がちょうど本番2週間前。

最初はラフP協#2の初ソロ合わせだったので、後ろで聴いていた。いつも思うのだが協奏曲はオケの能力試験。手塚先生のバトンとソリストとの間に入って機動力が試される。オケの機動力以前に各メンバーの対応力のほうが問題。ここに来て楽譜にかじりついていたのでは柔軟な対応は無理。周りを聴く余裕を持って、かつバトンとソリストとの間合いを取りつつ確信を持って演奏できるようにならないといけない。まぁ、今日は初合わせということもあって許してもらえるのかもしれないけど、聴いていて結構マズイなぁと思うところ(音程とダイナミクス)が多々あったので乗り番のメンバーは練習録音を聴いてチェックが必要だろう。

後半はチャイ4。協奏曲に比べれば総合的にまだましなのだが、やはり第1楽章が難しい。手塚先生も次の練習では第1楽章をもう少しやるとおっしゃっていた。確かにリズム感に個人差が出てしまう拍子なので、縦ノリになるところと横ノリになるところのギアチェンジがうまくいかないところがあるし、音程も合っていないところがまだかなりある。それとダイナミクスと音符の長さに気をつけなければいけないところがある。

G.P.入れて後2回の練習でなんとかなるかどうか…。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

耳が痛い

耳が痛い。例の2ndのソロの音程は、色々吹き方を個人練習あるのみ、なのですが。38番(だっけな?)のテンポが変わるところの2ndソロは、うーん、オケでしかできないので不安です。それにしても手塚先生は、例えば2楽章の最後のFL+Clの3連符、ソロと合わないのをアドバイス一発で仕上げるあたり、凄味を感じてしまいます。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>