FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

譜面修正

ザ・シンフォニカの本番が終わって1週間経たないうちに、5月のIPOJ定演の準備。

指揮者の大井先生からのガイドに従い、パート譜に練習番号を入れたり、シベ2の場合は、ブライトコプフの新版を使用するが、旧版と新版の違いをどうするかを反映。シベ2は旧版と新版でスコアがかなり混乱しており、随分迷われたそうだが、出来るだけ楽譜を尊重する方向で出来るだけやってみようと考えるようになったそうで、例えば提示部と再現部でアーティキュレーションが異なる所が散見されるが、それは特に指定しない限りは敢えて異なった表現を試みるそうだ。

シベ2のパート譜に関しては、以下のような修正指示が出ている。

【第1楽章】(特に無し)

【第2楽章】
 ・ 60、64小節目: 3拍目の裏はアクセントとディミヌエンドを合わせた感じのニュアンスで(新版はアクセント、旧版はディミヌエンド)。
 ・ 187、188小節目: クレッシェンド、ディミヌエンドの位置を旧版スコアのとおりに戻す(旧版では、クレッシェンドは、187小節目の終わりまで、ディミヌエンドは188小節目の頭から3拍目までで、最後の4分音符にもう一度ディミヌエンドだが、新版では、187小節目のクレシェンドが188小節目の頭の2分音符までかかっており、ディミヌエンドはその後から3拍目にかけて書いてあり、4拍目がアクセントになっている)。
 ・ 194小節目: 3拍目の裏から小節の終わりにかけてディミヌエンドをつける。
 ・ 195小節目: 小節頭にpをつける。
 ・ 198小節目: 小節の終わりに(f)をつける。つまり、この小節の終わりでfになるように、この前からクレッシェンドしていく(195小節目にcresc.あり)。

【第3楽章】
 ・ 54、56および213、215小節目: どちらの小節も4拍目はアクセントとディミヌエンドの両方をつける(ディミヌエンドは、その音を吹き終わるまで続く)。新版の楽譜では54小節目にディミヌエンドが無く、56小節目にはアクセントがない。また213、215小節目はいずれもアクセントとディミヌエンドがついていない。

【第4楽章】
パート譜としての指摘はないが、1拍目の2分音符の音の長さについて、1拍目が2分音符の箇所は、その音にスタッカート=テヌートがついていようがなかろうが、全てスタッカート=テヌートをつけて、つまり2拍目の音とは少し切り離して演奏。もしアクセントがある場合は、アクセントに加えてスタッカート=テヌートもつける。但し、例外として101小節目の木管と335小節目のTrp.、1st Vn.、Vc.の1拍目だけは短くしない。ここは1拍目を短くしないことで長調に変化することを強調できるから(306、308のCb.を除く弦楽器の2分音符は、旋律線が違うので短くならない)。

シベ2は、過去2回やっているが、今回が「三度目の正直」ということできちんとした楽譜できちんとしたコンセンサスで演奏できるので嬉しい。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>