FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

齋藤先生の管分奏

IPOJの合奏後は、ザ・シンフォニカの管分奏へ移動。

本日は、齋藤先生によるシェヘラザードのご指導。いきなり第1楽章冒頭の木管の音程チェック。かなりシビアにそれでも舌の使い方などを含めた具体的かつ実践的なご指導で、演奏のツボを得る。その他、遅れがちになる音型や、バランスの取り方、ブレスのタイミングなど実に勉強になる分奏。特に音量バランスは、自分が演奏していて良いと思っていても、聴いている側には、かなりギャップが生じていることを再認識。第2楽章のソロ。冒頭部分は、家で響きのない部屋で練習しているのと違って響きのある練習場所ではかなり楽に吹ける。表情の付け方に関しては、まだもう少し研究が必要。カデンツァのところは、アチェルランドに課題あり。要するに、2回目と3回目に出てくるG-F-E F-E-D G-F-E F-E-D …の「D→G」に跳躍するところのスラーのかかりが悪いので、そこでブレーキがかかってしまう。まぁ、最初からそれは分かっているので、さらっているのだが、なかなかはまらない。これが克服できるともう少しまとまりのある表現が作れると考えているのだが、まだ修行が必要。

IPOJの合奏からこの管分奏が終わるまで、休憩時間を差し引いても合わせて6時間以上吹いていたことになるので、久々に唇が腫れぼったい。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>