FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

齋藤先生の合奏

これまで管分奏のトレーナーをして下さってきた元東フィルOb首席の齋藤先生による合奏は、マラ9の第1・2楽章。直前のIPOJ練習終了からの移動時間が短く、遅刻するかと思ったがギリギリでセーフ。

先生のご指導は、管分奏で我々が受けているようなコメントが主だったから、我々にはあまり新たな知見はなかったが、それを弦楽器がどのように受け止めてどのように音にするのかが興味深かった。弦楽器の対応は、まぁ何とか対応という感じ。個人差があって、最初はうまくいかなくても、アドバイスを受けてそれを音にする術を知っている人とそうでない人の差が出ていたかな。先生は特にバトン・テクニックがあるわけではないけれど、音楽を知っていてそれを体で表現してくれているから、吹いているほうは非常に分かりやすかった(管分奏の時には棒を使って振るということはなかったので)。

第2楽章の冒頭、Vaと一緒に16分音符で出るところは、「64分音符くらい遅れて聴こえる」というご指摘。Vaトップの弓を見て合わせるというご指摘だったが、僕の場合は「指」も一緒に見る。それで吹き出しのタイミングは、ほんのちょっとだけ「早出し」をするわけだが、自分ひとりではなくて2ndも居るので非常に難しいところだ。幸い、2ndのA女史とは何度かやるうちにバッチリとタイミングが合ってきたのでVaと合うようになったが、これは1stが合図を出してそれに2ndが合わせるというのではなくて、各自がそれぞれVaの動きに集中してタイミング調整をするということ。実に集中力を必要とする部分だ。第2楽章は、強弱記号が非常に細かく指定されているので、それを各パートが忠実に演奏しないと曲の立体感が出てこない。1stのソロになる230小節目あたりからは音を1つ1つ吹いている感じになってしまい、木管セクション全体の音楽がうまく作れていない感じがした。このパターンは何回か出てくるので、練習録音で確認だ。

実は今日、出身高校卒業30周年記念同期会行われたのだが、昼間のIPOJとこの練習のため、1次会も2次会も出席できなかった。まぁ担任だったS先生も管弦楽部顧問だったN先生も欠席だったようなのでよしとした。VaのトップのK氏は、この高校の同期。彼が学生指揮者で僕が部長だった。彼も今日の練習に来ていたので同期会には出ていないわけだ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>