FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

大井先生の初合奏

IPOJのG.P.後、川崎へ移動してのザ・シンフォニカの合奏は、本番指揮者の大井先生の初合奏。私個人は、先生とは、IPOJの今年5月の定演でご一緒させていただいた。練習開始前に先生が指揮台からオケを見回している時に目が合って軽く会釈をするとニコっとして頷かれた。覚えていて下さって良かった。

今日は初合奏ということで全曲通し(カルウォービッチ→マラ9の順)。

カルウォービッチは、大きく分けると縦の音楽と横の音楽で出来上がっているので、その切り替えをきちんとすることと、松元先生にも以前の練習で指摘を受けたことだが、全部のパートがわーっと弾いちゃうと飽和しちゃって何をやっているのか良くわからなくなるので、伴奏に回っているパートは極力控えめにして、周りをよく聴くと言うことを指摘された。

先生は、マラ9の第1楽章と第4楽章は遊びで振ったことがあるけど、第2・3楽章は、今日、初めて振るんだそうだ。時間がなかったので、全楽章を通したのみだったけど、十分に先生の棒から伝わってくるものがあったと思う。4楽章が終った後に、先生が、マーラーはオペラを書いていないけど、彼の楽譜は、歌を表現しているところが多く見受けられるから、勉強するには、マーラーと時代を同じくした声楽家の演奏を聴いて、その発音とか歌いまわしがマーラーの作品でどのように音符に表現されているかを知ると良いという話をされた。例えば、多用される前打音とかも、ドイツ語の発声に似せて書いてあるのだろうから、そのニュアンスを知る上で歌を聴くということ。

この後の年内の練習では、先生は弦分奏を指導されるのみなので、次にお会いするのは年が明けてからということになる。それまでに今日の練習から吸い取れることをおさらいしておこう。

IPOJの本番前日だから体力温存をしようと思っていたけど、終ってみれば気持ちの良い疲労感というところ。でも唇がピリピリしていて、ちょっと吹きすぎたかも。明日、大丈夫かなぁ…。

タグ: バスーン 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

練習・本番お疲れさまでした

一度コメント・トラックバックさせていただいたLionbassと申します。
今度トラで出演させていただくことになり、先週土曜日の練習から参加しております。
どうぞよろしくお願いします。

Re: 練習・本番お疲れさまでした

Lionbass様

コメントありがとうございました。
大井先生の充実ぶりから、期待感の持てる演奏会になりそうです。

どうぞよろしくお願いいたします。

> 一度コメント・トラックバックさせていただいたLionbassと申します。
> 今度トラで出演させていただくことになり、先週土曜日の練習から参加しております。
> どうぞよろしくお願いします。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>