FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

IPOJ本番終了

IPOJ本番すみだトリフォニーホール

昨日のゲネプロシンフォニカの合奏というダブルヘッダーの疲れは思ったほどではなかった。

ステリハは、曲順。ピアノの調律などの関係でかなり時間が押した。序曲では会場の響きに慣れるまでやや時間がかかったが、ピアノ協奏曲をやるころには慣れてきていくつかのチェックポイントも通過。ベト7は、1F中央付近の座席で聴いていたが、何となく荒い演奏に聴こえていた。

そして本番。

序曲は、特に問題なく終了。演奏会のオープニングにふさわしい躍動感のある演奏だったのではないかな。

ピアノ協奏曲は、特に管楽器はソリストとの掛け合いに全神経を集中させたのでアンサンブル的にはよくまとまっていたと思う。但し、第3楽章の157小節目からの6小節間は、縦が合わなくなっていた。自分は、第2楽章冒頭と再現部のソロは、とても良い感じで吹くことができたし、同楽章内での他のピアノとの掛け合いもうまくいったのだが、第3楽章の197小節目の4拍目のEを落とした…んだけど、私が持っているベーレンライターのスコアだと、この音は無くて休符になっている。前からの流れだとここも2・3拍目にだけ4分音符があるというのが自然なんだろうけど、どう言うわけか今回使用したブライトコプフ版のパート譜では、4拍目に4分音符がある。まぁ、大事故でなくて良かった。

今回は、メインは降り番のため、団員への花束やプレゼントを楽屋へ移動する係を仰せつかっていたので休憩時間の終わり頃にロビーに出向き、せっせと運搬作業を完了。実は、その前に楽屋の鍵を預かることになっていて、もう誰も居ないと思って施錠をして上に上がろうとしたらば、楽屋の前でベト7のObのトップを吹くあのYouTubeオケに出演したOさんの「楽器が中にあるんだけどぉ、鍵が閉まってるぅ~」っていう声が聞こえてきた。おやおやと思って楽屋に戻りお詫びをして送り出した。WCに行っている間に行き違いになってしまったようだ。終演後、もし、あのまま楽器無しでベト7を「エアー・オーボエ」で吹いたらなんていう冗談が出たんだけど、さすがはOさん、第1楽章の冒頭の一吹きで聴衆を魅了する素晴しい音色でした。オケ全体は、何と言うか、やっぱ第1楽章を繰り返した辺りと第3楽章の後半くらいから「疲労感」が漂ってきて、音も汚くなっていたなぁ。とにかくお疲れ様でした。

今回の来場者数は、1,272名だったそうで、もう少し「のだめ」効果が出るかと思ったけど、昨日は他のアマチュアオケの本番もあったようだし、前回よりも40名ほど上回ったということで良かったのではないかな。ご来場いただきました皆様に改めて感謝申し上げます。

終演後、いつもの場所でレセプション、そして2次会・3次会というお決まりのコースに参加して帰宅。

次回は、まだ曲が決まっていないけど、指揮は、2度目となる曽我大介先生にお願いすることになっているので、先生の芸風にあった曲になるとよいなぁと思っている。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

こんばんは。
TBとブログの紹介、恐縮です。
モーツァルトの488は大好物です。
楽しい演奏をありがとうございました!

吉田様

どういたしまして。
こちらこそ、ご来場どうもありがとうございました。
いつかは24番も演奏したいと思っております。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>