FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

齋藤先生の木管分奏

ザ・シンフォニカの木管分奏@江古田。ご指導は、齋藤先生。
師匠にオーダーしていたリードが届いたので練習前にちょいとチェック。

江古田は、かつて「Dancing Winds」や師匠のおさらい会の練習とかで利用したスタジオがあったが、今日のスタジオは、初めて。地下室のため休憩時間に換気をしないと息苦しくなってきた。

練習は、マラ9の第1楽章→第2楽章の頭のほう→カルウォーヴィッチの順。

マラ9は、各自の音がかなり出てきたところで、もう一度、マーラの緻密な設計に基づく楽曲をきちんと再現するために、表情記号などにも気を配り、音の大小ではなく、音色の変化で表情を出すような内容。sfが付いている音符への重心の置き方など参考になる。第2楽章は、全体的にテンポよりも前へ前へと行ってしまう傾向を指摘された。例えばトリルのある音符の次の音の入りが必ず早くなってしまうので、メトロノームを使ってきちんと練習するようにというご指摘。難しいところは良くさらうけど、簡単なところは等閑にしておく傾向があるので一度きちんとやっておいがほうがいい。

カルウォーヴィッチは、これまで金管楽器や弦楽器の陰に隠れてた物が素っ裸になったことで、大きく2つの問題が発覚。1つ目は、音の吹き出しの際の舌の使い方。もっと柔らかい音の出だしが欲しいところできつい感じになってしまっていた。指にも力が入ってしまっていることにも原因がある。以前、先生に「指で吹くな!」と言われたことを思い出した。もう1つは練習番号【14】辺りから縦が全然合っていないこと。これはかなり重症で、各自の自覚がないためここだけで結構時間を使ってしまったため、最後まで通らなかった。かなり集中力が落ちていることもあったかもしれないが、これは基本の基本。

来週は、当初はマラ9の残りの楽章のみの予定だったが、先生がカルウォーヴィッチをやったほうが良いのではとおっしゃったので、カルウォーヴィッチからやって、マラ9の第2・3楽章の予定。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>