プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

新楽器到着

11月03日に選定したYAMAHA YFG-812を受け取りに午後から新宿ドルチェ楽器木管サロンへ。

YFG-812-01YFG-812-02

担当の室本さんのお出迎えを受け、早速スタジオでチェック。選定時にお願いしてあった数箇所の調整は、問題なくチェックは終了。12月19日(日)の向後 崇雄氏のリサイタルの招待状をいただいてお店を出た。気分が良かったので近くにある新宿で最も当たりが出ているという宝くじ売り場で年末ジャンボを買った。

帰宅途中に、このYAMAHAの楽器ケースの重たさに呆れた。タイプとしてはフォックスのコンパクト・ケース型で、内装はよく出来ているとは思うのだが、いかんせん超重たい。これを手で持って歩くと数分で手の感覚がおかしくなってくる。ショルダー・ストラップも付けられるのだが肩当てがずれやすくケースのバランスがくずれるので非常に歩きづらい。やはりこれまでの Marcus Bonna ケースを使うことにする。

YFG-812-03

帰宅してから1時間ほど、更に細かいチェックをしてみたが、キーのレイアウトとしては、右手のLow-F#キーがコレまでの楽器よりもやや深い位置にある(写真)ため指がずれやすい。それ以外のキーは、特に問題なくこれまでの運指が使えることも確認。これまでよりも低音部が良く鳴り、音程も良いので吹きやすい。

しばらくは楽器に慣れる事とリードの調整が必要だが、それはそれで楽しい作業だ。

タグ: バスーン ファゴット

コメント

812ゲット、おめでとうございます。
年末の忘年会はマンフレさんに無理を言って、延期にして頂きました。来春には帰国しますので、その時に宜しくお願い致します。
幕張暴楓林もやりますんで!

南米Fg野郎様

年末の件、了解です。
YAMAHA YFG-812は、かつて幕張暴楓林の時に南米Fg野郎さんの楽器を触らせていただいてから興味を持っていました。来年の幕張暴楓林を楽しみにしています。ありがとうございました。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>