FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

初合奏

前回の練習日が、台風の影響で練習が中止になったため、今日が、次回演奏会へ向けての初練習。最初、雨の影響で道路が渋滞したせいか、木管の集まりがあまりよくなく、降り番のワーグナーの2ndを途中まで代吹きして、途中からA嬢へバトンタッチ。その後、「影のない女」は、1度通した後、もう1度通した。この複雑な構成の曲でも2回目に通す時には何となくカッコがついちゃうところは、やっぱこのオケ、こういったタイプの曲が得意なんだなぁと思った。この曲は、3rdで乗り番。結構吹きがいがあって楽しいのだが、あまりに楽しくなってバリバリ伸ばしの部分などを吹いてしまうと口が疲れて、メインのグレートの演奏に支障を来たすので、ほどほどにすべきと実感。

「グレート」は、木管は倍管にはしないので、かなり吹き込んでOKなのだが、やはり体力配分を考えておかないと、後半、特に第3楽章のトリオから後で、口が疲れて苦しくなる。今日、吹いていて新しく発見したことは、「グレート」の第2楽章の116小節目からの4小節間は、バスーンがものすっごく気持ちよく吹けるとこで、かつ弦楽器とのアンサンブルなので、とても美味しいところだ。

次回は、管分奏となるが、久々に東京芸術劇場のリハーサル室を利用するそうだ。何か昔の練習を思い出しそうで懐かしい。
今日は、第38回定期演奏会の曲目が正式に発表となった…

…2つの交響曲第9番を演奏する。前プロが、シュスタコービッチの交響曲第9番。メインが、ブルックナーの交響曲第9番。指揮は、キンボー・イシイ=エトウ氏。ついに、タコ9を演奏する。あの第4楽章のソロから第5楽章の冒頭にかけてのソロ。どう料理するか…非常に楽しみだ。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>