FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

「クラリネット作品コンクール」を聴きに行った

午後から日本クラリネット協会創立30周年記念事業の一環として行われたクラリネット作品コンクールの本選会にパルテノン多摩の小ホールまで行ってきた。

なぜバスーン吹きがクラリネットのコンクールに出かけたのかと言うと、IPOJの木管トレーナーとしてお世話になってきた新日本フィル首席フルート奏者の荒川 洋先生が作曲された「ソナタ~モンマルトルの丘~クラリネットとピアノのための」が本選に残り、NHK交響楽団の松本氏が演奏するのを聴くためだった。この件は、先生のブログで「衝撃」と言うタイトルで紹介されている。演奏をする松本氏は同級生だったとのこと。荒川先生は、フルートのオリジナル曲も数多く作曲されており、ソロ活動でご披露もされている。最近では、2曲目となる木管五重奏曲の作曲に着手したようだ。

本選に残った5人の作品は、コンサート形式で演奏され、その後に舞台で公開審査会の形式で入賞者を決定した。審査員には、高校オケの創始者である作曲家の池辺晋一郎氏や元N響首席の横川氏や磯部氏など錚々たる方々がお集まりになっていた。

演奏は、どの曲もとても素晴しく、各演奏者がそれぞれの曲に共感を持って誠心誠意を持って演奏をしていたのでとてもレベルの高い内容だった。

1時間以上に及ぶ審査の結果、第1位は「11の顔」を作曲した南 聡氏と「痴人の愛」を作曲した白藤 淳一氏の2名に、残りの3名は全員第3位を分け合うこととなった。審査の過程で、磯部氏が荒川先生の曲を「普段使いの出来る曲」として第1位に推していたのがとても印象的だった。作曲家3名とクラリネット奏者4名という審査員、作曲する側と演奏する側の意見がそれぞれ聞けてとても参考になった。確かに本選に残った5曲のうち、荒川先生の曲を除く4曲は、いわゆる「現代曲」。私のような者にはどうしてもとっつきにくさが先立ってしまい、荒川先生の曲がとても聴きやすかったように思えたが、プロの講評を聞いているとそれが必ずしもプラスにはならない部分もあることがよく分かった。とても勉強になったコンサート&審査会だった。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>