FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

齋藤先生の管分奏(2回目)

先週に続いて齋藤先生の管分奏。今日は、当初の予定通りの場所での練習。

先にワーグナーで先週なかった分かなり時間を使ってしまったので、マラ5は第5楽章のみ。部屋が熱気でムンムンで湿度が高くなっていて、リードの調子がイマイチ。それに楽器も温度が急に上がって音程が合わせにくい感じ。この楽章は、この曲の他の楽章と比較して一番やりやすい。それでも色々な気づきがあって、例えば、スラー音型の中にアクセントがある音型(31小節目)とかsfの直後の subito p(35-36小節目)と言った部分をもっときちんと芸の細かさを見せて欲しいというご指導。それから弦楽器がやっているところで管楽器が緩慢になってしまいがちな音型、例えば224小節目や226小節目の1拍目から2拍目のスラーでの移音が全部遅れて聴こえるとのご指摘。個人的には、まだまだ速いテンポで細かく動くところについていっていないところの数々…orz

今日、とても嬉しかったのは、Flの代奏にかつてこのオケで一緒に活動し、会社も同じだったKIさんが来て下さったこと。Twitterでフォローしているので何となく身近に感じてはいたものの、直接お会いするのは実に久しぶり。彼女がこのオケで最後に吹いたのは私の記憶が正しければ第32回定演だと思う。バーンスタインの「シンフォニックダンス」のソロは見事だったと記憶している。

GWの間に時間を取って細かいところを丁寧にさらっておきたい。

タグ: バスーン ファゴット ザ・シンフォニカ 練習日記

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>