プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

「“Kibou” ミュージック・プロジェクト・コンサート」 終了

"Kibou" ミュージック・プロジェクト・コンサート終了。

朝から暑かった。最寄り駅でオケのHr吹きのA氏に会い、一緒に白寿ホールへ向かうだけで汗だく。入館手続きを済ませ、ステージ関連の打ち合わせを済ませてからステリハ開始。セッティングの入れ替えや、ソリストの立ち位置、PAなどの調整をしつつ、やや押し気味でステリハ終了。懸案事項であったピアノやマリンバの搬入と移動も何とかなりそうだ。ステージ設営を担当した者としては、最大編成のオケ+合唱+ソリストが何とか収まったのでホッとした。

本番。300人定員のホールに279名ものお客様がお越しくださった。チケットが完売し、当日売りがなかったのだが、もしあったらば、確実に定員オーバーだっただろう。曽我先生のMCが会場の雰囲気を和らげつつ、フレッシュな感性にあふれる若手演奏家が繰り広げる音楽を気楽に聴いていただけたのではないだろうか。今回、歌詞が付いた "Kibow" の初演は、サプライズゲストとして登場した島谷ひとみさんのヴォーカルで演奏された。作詞は、『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも』で有名な覚 和歌子さん。その歌詞がとにかく素晴しく、日本語の美しさを感じ、そこに島谷さんの声質がイイ感じにマッチして感動的な初演となった。当初用意していたアンコール(「手のひらを太陽に」)の後に、もう一度、この歌が入ってくる部分から最後まで"Kibow"を演奏した。

チャリティー・コンサートとしては、来場してくださったお客様の募金などで想定していた以上の義援金が集まりこれで無事に石巻の学校に楽器を寄付することができるとのこと。めでたし!

演奏会後は、レセプションを失礼して、ザ・シンフォニカの管分奏へ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>