FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

IPOJのG.P.: 明日は、いよいよ本番

 午後から IPOJ の本番前日の G.P.。

 練習は、本番の曲順で、まずは、「ばらの騎士」のワルツ第1番から。
 今日の練習場所は、前回の練習場所と違って、天井が低く、横長の部屋なので最初は響きがデッドになっていることと、他の楽器の音が聞き取りづらくてアンサンブルに迷いが生じた。しかも練習会場の都合で、いつものように練習前に音出しを十分にする時間もなかったのでリードのコンディションもよろしくなかった。それでもメンバーがそのことを踏まえてかなり注意力と集中力を持ってして練習に臨んでいたこともあって破綻をきたすことは無かった。しかしながら少しでも緊張感が緩むと綻びが生じる部分があってまだまだ油断大敵。

 続いて「4つの最後の歌」。今日は、全曲を通すのみ。「ばらの騎士」と同じ理由で、歌のソロとの音量バランスの作り方が難しい。音色でカバーしようにも響きがよくない場所ではかえって逆効果にもなるので、明日のホールでのステリハで調整するしかないだろう。第3曲目のVnソロとの絡みの部分、前回の練習録音を聴いて音量のバランスは掴んていたので、今日はそのこととフレーズの最後を大事にすることを意識して吹いてみた。全体的に遅めのテンポの部分で音楽が停滞する傾向にあるので、もっと「歩かないと」いけないな。

 最後に「田園」。先に第4楽章と第5楽章の要所を押さえてから、第1楽章から通し。すべての楽章は通せなかったが、この練習場所の響きに慣れて音作りをしてしまうよりは、ポイントを認識しておき、明日のホールでのステリハでそれを確認・応用したほうが身のためだと言うことをマエストロは分かっていらっしゃって、そのような練習の運びとされたのであろう。

 練習後は、同じ場所の2Fで予定されているザ・シンフォニカ手塚先生の初合奏へ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>