FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

2011年を振り返る

 昨年同様に今年1年を振り返ってみたいと思います。

 まずは、2月に昨年11月に購入した新しい楽器ザ・シンフォニカ第49回定期演奏会に出演しました。その結果は、そのときのブログに以下のように書いたとおりです。

楽器の性能が非常に良いので楽になった面とこれまでの楽器とは音色や鳴りが異なることで自分の音楽の作り方を改めなければならなかった部分、そして完全には慣れきっていないキーと指との関係克服など今後の課題も多い。

この後は、この課題に取り組んでいくことになりました。

 3月11日の東日本大震災の影響で、5月に予定していたIPOJの第18回定期演奏会が中止となりました。指揮者に松尾葉子先生をお招きする予定だったので大変残念でした。

 その後、6月に指揮者の曽我大介先生が震災で被害にあわれた地方の皆さんへのチャリティー活動の一環として行った「“Kibou” ミュージック・プロジェクト・コンサート」に出演しました。先生が作曲された "Kibow" の歌詞付きバージョンを島谷ひとみさんと協演出来たのはとても印象深かったです。

 そして7月には、ザ・シンフォニカの創立25周年記念となる第50回定期演奏会に出演しました(当日の様子は、こちら)。マエストロ飯守泰次郎先生のご指導は大変厳しかったですが、そこから生まれた音楽は非常に素晴しく、記念すべき演奏会とすることができました。創立当初からのメンバーとして、大変感慨深いものがありました。

 8月には、新しい楽器を剱持さんのところへメインテナンスに出しました(途中経過結果)。このメンテナンスの際に楽器購入以来の懸案事項であった右手親指のF#キーの改良が施されました。

 11月末には、5月に中止になったIPOJの第18回定期演奏会に出演しました。R.シュトラウスの「ばらの騎士」ワルツ#1と「四つの最後の歌」、そしてベートーヴェンの「田園」と非常にタフなプログラムでしたが、F#キーの改良と新たに使用を開始したリードのおかげでようやく自分が求めている楽器の鳴りと音色に近づいたことを実感しました。

さて、いつものようにこのブログの統計データについてもまとめておきます。
 まず、今年1月から12月までにアクセスされたエントリーのベスト10(トップページ、月別やカテゴリー別ページを除く)は、以下のとおりでした。

1. 運指表
2. Marcus Bonna ケース と Low A 延長管到着
3. なぬっ、シュライバー社が倒産だとぉぅ!
4. N響でトップを吹いていたあの人は…
5. N響の楽員募集に思う
6. 新楽器到着
7. リードの削り方の裏技
8. ザ・シンフォニカ創立25周年記念第50回定期演奏会終了
9. 田中雅仁のファゴット・ボーカル全知識
10. ザ・シンフォニカ第49回定演終了

 これらのページへのアクセスは、主に検索エンジン経由で特定のキーワードにひっかかったものがほとんどです。皆さんがこの1年どのような検索キーワードでこのブログにたどりついているのかを以下にご紹介します。

1. バスーンの杜
2. ファゴット 運指表
3. バスーン
4. ファゴット ケース
5. ファゴット 運指
6. シュライバー ファゴット
7. ファゴット ボーカル
8. バラの騎士 ワルツ 第1番
9. 岡崎耕治
10. 菅原恵子

 やはり運指や楽器について検索している方が多いようです。

 最後に、今年一年お世話になった皆様に感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

 来年もまた、よろしくお願いいたします。
 どうぞ良いお年をお迎えください。

タグ: バスーン ファゴット ザ・シンフォニカ IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>