FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

G.P.

クラシック・スペース★100にてG.P.。曲順は、ブル9からで、休憩後にタコ9。

数日前に扁桃腺炎でダウンし、関係各位にご心配をおかけしましたが、薬が効いて体調は回復。とにかく喉の痛みが無くなっただけで、精神的にはかなり楽になった。心配してくださった皆様、ありがとうございました。

今日は、なるべく体力を温存というモードで練習にのぞんだのだが、キンボー先生が我々から引き出そうとする音楽を追っていくと知らぬ間にのめりこんでいる自分に気づく。ブルックナーを吹きながら(吹いていない時間の方が長いから、吹かないで他の楽器が演奏しているのを聴きながら)こんなに熱くなったのって、おそらく初めてだと思う。団内のMLで、

「とてもわかりやすいタクトですが、彼は奏者相互のアクティブなコミュニケーションを期待しています。最優先でまた来ていただけるよう、皆さん鏡とビデオを活用して、素敵な体言葉が行き交う時間を共有しましょう。」

と提言があったが、実にその通りだと思っている。それには、やや先生との合奏の時間が少ないかなという、ちょっと残念モードになりつつあるのだが、まだ明日の本番で何が起こるかわからない。うちのオケは、本番で化けるから…。

今日は、ブル9は、第1楽章と第3楽章で、先生がスコアにチェックを入れた個所を細かく確認したのちに、管楽器だけで第2楽章を合わせ、その後、弦楽器だけの合わせをしてから、全体の通し。タコ9は、ちとオケの柔軟性をつけるための特訓を行った。まぁ、明日のステリハに取っておいたところがあるにせよ、もう後はない。先生がこれまでの練習でおっしゃったキーワードを振り返ってみると、「音楽の温度」、「body language」、「ブレンド」、「調和」等々、これらを見直していると先生の求めていらっしゃる音楽が何となく分かってくる。もう一度、整理しておこう。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>