FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

リードをちょいといじってみた

昨日のBassoonableのライブに触発されて、自分の楽器が、どれほど「鳴る」ものかと、ちょっと神経質なまでに、スケールを吹きながら、様々な息の使い方、ビブラート、ダイナミックスの幅などを確認。その後、プロコ#5の要所をチェック。R.シュトラウスの「4つの最後の歌」をチェックしている時に、プロコ用に使っているリードでは、微妙なニュアンスやダイナミックスに難があると感じ、ザ・シンフォニカの第37回定演のR.シュトラウス/「影のない女」で使用したリードを取り出して、ほんのちょっとだけ表面をナイフで軽く撫でた程度の調整でOK。2ndなんで、この程度で大丈夫。ついでにプロコ用のリード2本も購入してから初めて調整。と言っても、これもほんのわずかにここの[1]を軽く削った程度で、見違えるように音程が取りやすく楽器も鳴るようになった。リードだけのクロウ音でどこを削れば分かるようになったのは長年の賜物か。

自己紹介のページをちょいと更新するついでに、楽器の写真集リードの写真を新規公開した。この写真の右端のリードが今回手を入れた第37回定演のR.シュトラウス/「影のない女」で使用したリード。中央とその右側がプロコ用のリードで、まだ最終決定していないが、この2つのリードは、特性が違うので、これは合奏をしつつ他の楽器とのアンサンブルを考慮して決めたいと思っている。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>