FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

自主練習: ハイバリ編 - その1

トップの代奏をすることになったブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」。あらゆるパターンを試され、しかも休む間のない曲なので、実際プロコ#5よりも大変なのだ。うーん、本番まで後1ヶ月足らずのところで、どうなるか…。1988年に本番を経験している。既に20年近く前のことなのだが、その時にかなりさらったのか、どういうわけか想像していたよりも指は良く回る。合宿の録音を聞いてテンポと指揮者の音楽の作り方をチェックした後に音を出した。個人的な鬼門は、第5変奏の237小節目からの5小節間。まぁ、明日もさらうが慣れが必要な箇所。今日は、天候も安定していたのでリードを調整した。調整の際に参考にしているのはここ。師匠のリードは、ほとんど手をいれなくても大丈夫なのだが、今回の作戦としては、ハイバリでTopを吹いたリードで「四つの最後の歌」の2ndも吹く予定。削った場所は、ちょいと高音部が重たい時は[21]、低音が重たいとか鳴りがイマイチの時は[1]、タンギングが重たい感じの時は[5]。後はワイヤーをちょっと緩めたり、ワイヤーでティップの開きを調整する程度。いずれも削ると言っても、400番の耐水ペーパーでわずかにカスが出る程度だ。プロコ#5用に使用するもう1本のリードも同様に調整したが、2本とも良い感じになった。ハイバリの1stのほうが口が疲れやすい(特に第7変奏)ので、楽に吹いて楽器が良く反応するようにしてみた(つもり…)。2時間半くらい吹いたが、気分は良い。明日もハイバリを中心に全曲一通りチェック・ポイントを中心に復習予定。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>