FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

GP

大久保のクラシック・スペース★100にてGP。

当初の予定では、午後・夜の2コマの練習だったが、メンバーの体調を考慮して18時半には終わった。まぁ、あまり前日に無理してもね。コミュニティのメンバーで本番1週間前くらいから朝練をするという方々がおられるのだが、朝起きて口や顔の筋肉がほぐれていない状態で練習をするのはあまり良くないのではと思っている自分だが、考えてみると中学校のブラバン時代に朝練があったことを思い出した。まぁ、30年以上も前の話だから基礎体力の育成と言うか回復力と言うか成長力と言うか、そういう「若い」頃には効果があったかもしれない。

さて、GPは曲順でハイバリから。R.シュトラウスの「ドン・キホーテ」をやった時にソリストとしてお迎えしたVcの川上先生がアドヴァイスに来てくださった。

まず、ハイバリを1度通した。戻してVar. V。どうもこの曲はスタートのタイミングの取り方でテンポが安定するまでに時間がかかってしまうことと、頭の拍が無い音型の場合の積極的な吹き方が要求される。川上先生の的確なアドヴァイスで弦楽器も随所で改良される。

「四つの最後の歌」もまず1度通した。ようやく大倉先生の歌い方が見えてきて音楽が流れるようになってきた感じだが、時間不足は否めない感覚。音色を変えて演奏することと共に微妙なテンポの変化に敏感にオケが順応できなくてはならない。余裕が無いといったところが正直なところか。

プロコ#5。今回は個人技というよりもオケのアンサンブル力が十分に発揮できずに終わりそうな予感。「ちょっとヤバイよね」っていう所が数箇所あるのは事実。空中分解しないことを望む…というか、もしそうなりそうになった時に、何をしなければならないのかを理解してないメンバーがいると破綻をきたすのだが…。

本番前日だというのに不安ばかりの今回の演奏会。それでも、いい音がしているところもずいぶんあるので、十分にお楽しみいただけることと思います。
個人的には、体調は、まずまず。オケは、チト課題多しというかやり残しがいつもよりも多い感じかな。結構吹き込んだのか、唇がヒリヒリします。

明日は、沢山のお客様にご来場いただきたいと思っております。当日売りのチケットもございますので、お時間がございましたらば、是非ご来場ください。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>