プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

大山先生の合奏: 今日は、モーツァルトのみの巻

 IPOJの合奏場所から一駅隣の練習場までは徒歩で移動。途中でエネルギーの補給など。

 今日は、マエストロ大山平一郎先生でモーツァルトの交響曲のみの合奏。
 曲は41番の「ジュピター」から。
 打楽器のトレーナーである読響の岡田先生もご指導にいらっしゃった。

 コンマスのK氏がチューニングの時に「今日は丁寧にやりましょう」とおっしゃったことにマエストロの突っ込みありで、Obから弦楽器がどのようにして音を取ったら一番確実性が高いチューニングができるかを伝授していただいた。

 今日は第4楽章から。
 テンポとしては、 先週までの管分奏よりは、やや遅めのテンポ。

 アゴーギクをきちんと理解して、各自の音符でそれを表現するようにと言う実にオーソドックスではあるが、基本に忠実に、それでもきちんとニュアンスが表現できると面白い音楽となるモーツァルトの非凡さを醸し出すような演奏を目指すという方向性。
 主題の提示部分以外の音型の扱い方、木管楽器の発音がややきつめになってしまうところやアンバランスになってしまっている強弱などの問題をご指摘いただいた。
 シンプルな楽譜とは言え、モーツァルトがこの曲に仕込んだ技の数々を今更ながら感じた。

 少し休憩を挟んで第1楽章。
 この楽章でのご指摘も第4楽章でいただいたものとほぼ同じ。
 その他では、冒頭部分の音楽のキャラクター変換をきちんと感じて表現することの重要性。
 音色やビート感、アゴーギクなどを使いながらオケがきちんとコンセンサスを持って演奏するには、まだいくつもの綻びが散見する。

 それでも、これまでの管分奏で齋藤先生より自分の吹いている音がコードの中でどのポジションにあるのかを意識して吹くことをトレーニングしていただいたが、コードを意識して細かいピッチの調整をしつつ吹くことによって、オケの中での自分の楽器の鳴り(響き)が良くなっていく感触を所々で感じたことは収穫。

 この練習の前にIPOJの合奏でかなり長い時間吹いて、ここでも更に追い打ちをかけるように吹いたので、帰宅後は唇が久々にヒリヒリしている。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>