FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

本番2週間前: 集中練習開始!

ということで、今日はクラシックスペース★100にて13:00-21:30(途中、休憩1時間あり)で合奏。曲順は、バッハ=シェーンベルク→マラ#7(2→1→3)/休憩/マラ#7(5→4)。

バッハ=シェーンベルクは明日のN響アワーでスイットナーが振った昔の演奏を放送するらしいので録画をセットしないと。この曲の飯守先生での合奏は今日が2度目。前回と特にテンポ設定の異なる部分の確認を中心に最初から細かく練習していった。付点音符のコンセンサスがオケにないという指摘を受けたのは痛い。前回の先生の合奏では、前奏曲のバスーンのソロ部分からテンポを戻すということであったが、今日の練習でそれは撤回され、その数小節前からテンポを戻してソロに突入し、ソロからはテンポを変えないことになった。通し始めて前回よりもテンポが速いので、このまま進んでソロのところからさらにギアチェンジして速くなったらどうしようと思っていたがそんなことはなかった。その早目のテンポは想定内。ソロの出来としてはまだ65点くらいかな。安定感のある演奏には程遠い。音程に関してもかなり先生の指摘が厳しくなってきた。

マーラーに関しては、弦楽器群がパート練習を自主的に重ねてきた成果が出てきているように思った。「確信」ベースの自主的かつ有機的な演奏という飯守先生の狙いを着実に表現できる兆しが見えてきたように思う。ただ、まだところどころで集中力が持続できず「ほころぶ」ところがあって、それがテンポであったり音程であったりするわけだ。今日は特に第3楽章のテンポがかなり速めにセットされたのでこれは結構厳しい。「拠り所」の無さについては、少しずつ解消されてきているものの、指揮に合わせるのではなくオケで聴きあって有機的に演奏してくださいというリクエストに対してはまだまだついていってないところが多い。

集中練習第2日目の明日は、バッハ=シェーンベルクとマラ#7(第1・第5楽章)の予定。
世の中三連休なんだろうが、こちらは今日・明日と集中練習の第1弾。来週末の第2弾を過ぎるともう29日は本番だ。祝日の17日はこの週末の練習の復習に当てるとして連休返上の集中練習…しかし、とにかく、暑い。35度という予報だったが、体感温度はもっと高いような気がした。いきなり真夏のような陽気になってしまったので、体が慣れていないから結構辛いものがある。へたに楽器抱えて外を歩き回ると熱中症になりかねない。本番まで2週間、体調管理に気をつけねば。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>