FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

IPOJ練習始動

IPOJの管分奏(自主練)。今回のプログラムは、ウェーバーの「オベロン序曲」、チャイコフスキーの「バイオリン協奏曲」、そしてメインがブラームスの交響曲第2番という全てニ長調のプログラム。調性がすべて同じ曲が続くと聴衆が眠くなるという話もあるが、このプログラムならコンチェルトもあるしメリハリがあるプロだから楽しんでいただけると思う。

小生は、オベロンの2ndとブラ2のトップが乗り番なのでリードを使い分けるかどうかを考えることにした。オベロンに比べるとブラ2のほうが中・高音域でのソロが多いのでリードもそれを意識したものにする必要がある。幸い、最近届いた師匠のリードは調子が良いので本番までコンディションを整えれば大丈夫だろう。

さて、練習は自主練習なので輪になって合わせるパターン。人によってはブラ2は初めてではないかもしれない(現に小生は3回目)が、やはり吹き方を揃えるところから始まる。楽譜に書いてあること、例えばアクセントにしてもテヌートにしてもスラー・スタカートにしても、お互いが相手の出方を探っているような吹き方をしているうちは揃わないし、音色も安定せず、ダイナミクスの幅がでない。勿論音程もしかり。従って、自分がリードする場所と寄せる場所での吹き分けを意識してみた。また、過去にこの曲の演奏経験があると、どうしてもその時のベストな演奏方法でしてしまうと思うが、それを各自がやっているとバラバラになってしまうので、方針を決定してそれに従うというシンプルな原則にしたがうべきであろう。

来週末は、河口湖のサニーデ・ビレッジでの合宿予定。
ザ・シンフォニカの練習は10月半ばから開始なので、11月に本番があるこのオケの練習から始動。正確には7月末に譜読み合奏があったのだが、ザ・シンフォニカの第40回定期演奏会の本番と重なったので欠席。今日が初練習参加となった。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>