FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

IPOJの合宿

昨日から1泊2日で河口湖サニーデ・ビレッジIPOJの合宿。約50名が参加した。

初日は、まず、大河内雅彦先生のご指導による管分奏。ブラ2とオベロン序曲。オケ側の準備が先生が期待されていたものより低かったことがすべてを物語っており、これは第2日目のチャイコのVn協奏曲やオベロン序曲の合奏にも出てきてしまっていた。大いに反省すべき点である。少なくとも合宿に参加したメンバーは「危機感」を持ったはず。この気持ちが合宿に参加できなかったメンバーにも伝わり早い段階(といっても、次は手塚先生の合奏だが…)で各自の軌道修正と演奏に対する取り組み方を変えていかないと、どんどん悪い方向へ行ってしまうこともありえる。先生が指摘されていたフレーズの終わりの部分(「カデンツ」)のまとめ方をほんのちょっと意識するだけでもかなりまとまった演奏になることをもう少し各自が認識すると良いだろう。それと、先生のおっしゃっていることは、飯守泰次郎先生もおっしゃっていた「オケが有機体」になることに通じる。オーケストラが有機体となって、オーケストラが意思を持って音楽作りをしていく姿勢がないといけないのである。なんでもかんでも指揮者任せというのは、我々が求めることではないのだ。初日の夜の練習は、ブラ2を全楽章一通り通して、要所をチェックなのだが、ここでも上に述べたような理由で練習が空回りしてしまう部分が多々あり非常にもったいなかったと思う。練習後、宴会。宿にお願いしておいた、生ビールのサーバーが秀逸。ジョッキもあらかじめ冷凍庫で凍らせておいたので旨さ格別であった。恒例(?)のチキン・ラーメンもいただくことができ、結局寝たのは午前3時半くらいだったかな。久々にコップ洗いまでして、お片づけタイムまで参加。第2日目は、ブラ2の全楽章通しから。その後、チャイコのVn協を各楽章ちょっとつまんでから通し。ソロの代役を務めた団員のT嬢のソロはなかなかの好演。最後にオベロン序曲の通し。オベロンの2nd用のリードをほぼ決定した。いつものことながら、ここに来るとリードの調子が良くないので、苦労するがあまりいじらずになんとか乗り越えた。

さて、来週は練習が無いが、その次は手塚先生の初合奏となるので、このままの状態ではいけない。今回の合宿での経験が良い経験となることを望む。
サニーデ・ビレッジを利用された方のみに通じる話で恐縮だが、F5が使用できなかった。どうやらレストランを改装するらしく、その代わりの場所としてF5を利用するための改装工事が始まっていた。F5がレストランとして一時的に利用され、その後、レストランの改装が終われば、また元のとおりになるのだろう。従って、今回は宴会場はF1。バーベキュー場の上だ。管楽器は宿泊場所もここだったので、結局最後まで宴会に残って楽しんだので、本日は睡眠不足気味…。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>