FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

マエストロ登場!

IPOJの練習は、早くもマエストロ手塚先生のご登場で合奏。曲順は、オベロン⇒ブラ2⇒チャイコVn協。

オケの練習としては、合宿以来なのだが、マエストロの力をまざまざとここで感じた。合宿の時と全然オケから出てくる音が違うのである。別に合宿の時の指揮者に問題があったということを言っているのではないのだが、マエストロの指揮と言うもの(というか体全体から出てくるオーラのようなもの)のすごさを感じた。もうそれだけ。やはり指揮者は指揮を見せてなんぼの世界だ(これは合宿に参加したメンバーは何を言っているのかおわかりだと思いますが)と思った。先生の指揮はバトンテクが「きれい」なので、ものすんごく吹きやすいのである。それだけではないが、目力というか、うーん、僕らに伝わってくるものが十分にあったわけ。これだけでも、オケ側のモチベーションは上がるわけだし、どういう音楽をやりたいのかということが既に伝わってきているのである。そうなってくると、今度は、演奏する側に「なんとかしなければ」という意識が芽生えてそれが相乗効果となってどんどん自主性をもって機能するようになり、その結果出てくる音が変わってくるようになっているのだと思う。細かいところはまだ色々と課題はあるけれども、オケ全体としての音楽の方向性がこの段階で見えたことは大きな収穫であったと思う。ブラ2は、上記のような前段があったので、非常に吹きやすかった。個人的には第1楽章の270小節目からのClとのSoliの最後がどうもはまらなくてご迷惑をおかけした。3回目には何とか感触をつかんだので、この次からは何とかなると思います>S嬢殿。音色と音楽の方向性としてのベクトルが合っているから、きっと良い結果となると思っています。お疲れ様でした。
それにしても天気がイマイチ。変なタイミングで台風が来たりするので、特に週末が良くない。でも明日は、ザ・シンフォニカの仲間であるフォルカー氏がご出演される東京ウィンナホルン協会第5回演奏会を聴きに行く予定なので頼むからドシャブリだけは勘弁して欲しい。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>