プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

冨平先生の合奏: Cbは、後ろに横1列の巻

 午後からIPOJの合奏は、マエストロの冨平先生のご指導。

 今日は、ピアノ協奏曲の練習は無しで、まずはクーラウ歌劇「ルル」序曲から。

 最初に通してから頭から返し。
 先生がイメージしている音楽との差が生じているポイント(音の長さやニュアンスなど)の指摘がいくつか出たが、既にこれまでの練習で指摘されていることなので、もうそろそろ何とかしてもらいたいものだ。
 おそらくスコアを見てきちんと自分以外の楽器の動きを確認していないこともあるのかと思う。
 ちなみにこの曲のスコアは、通常の楽器の並び順と違っていて、一番上が打楽器、次に金管楽器、次に木管楽器で一番下が弦楽器となっている。
 最後にもう1度通した後で先生が、次回もやるけど今日の最後の通しのレベルからスタートしたいと言うようなことをおっしゃっていたが、まさにそのとおりで、毎回オケのレベルがリセットされているのではいつまでたってもレベルが上がらない。

 今回の演奏会は、オケが対向配置となることは前に書いたが、Cbの位置は最初上手側としていたのを最終的には、木管とホルン(上手)の後ろに横1列となった。
 TrpやTrbと打楽器は上手にグループ化する。
 今日の合奏は、この配置で行ったので自分の後ろでCbがズンズンと鳴っていて心地よい(音程が悪いとすぐわかっちゃうけどw)。
 このCbが後ろに横1列という配置は、かつてザ・シンフォニカで経験している。
 この時は、タコ9の第4楽章の自分のソロが終わって第5楽章に入るところでCbがピチカートを入れるのにどのように合わせるかで悩んだ記憶がある。 

 後半のシューマンの交響曲第2番は、降り番なので、私はこれで練習終了。

 次回は、外部会場で本物のピアノを使用してのピアノ協奏曲の練習予定。
 今週練習がなく間が空いてしまうが、これまでの課題をどこまで克服しているかが要チェック事項だ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>