プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

齋藤先生の木管分奏

 IPOJのG.P.の後、一旦帰宅してから出直して東大島に移動してザ・シンフォニカの木管分奏は、元東フィルOb首席の齋藤先生のご指導。

 今日は、R.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」のみ。
 細かい音符の中に休符があると次が出遅れる傾向対策としてのブレスを取り始める位置や「音に点を打つ」などのアドバイス。
 そして音程が悪いところでは、特に3音や7音をかなり低めに取らないと合わないことを実際にチューナーで確認しながら合わせてみたりといつもながらの実践的なご指導。
 かなり譜面が難しいこともあって各パート共にかなり苦戦。
 明日は今日に続いて山下先生の合奏があるので、今日いただいたアドバイスをしっかりと実践したいところ。

 自分は、明日のIPOJの本番のこともあるので体力温存のパターンで臨んだのだが、この曲の最後のほうはpで最低音域での伸ばしが結構あるので最後はヘロヘロ。唇はヒリヒリだった。
 一晩で体力が戻るか…。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>