プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

山下先生の合奏: 久々のオペラシティの大リハでの練習

 午後と夜枠でザ・シンフォニカの合奏は、久々に東京オペラシティ・コンサートホールリハーサル・ルーム(大)にて、マエストロの山下 一史先生のご指導。

 曲は、R.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」から。
 まず最初に全部通してから、「戦場」から後の後半部分を重点的に。
 後半は、どうしても音楽の精度が落ちやすいし、譜面も難しくなっている。
 年末の合奏から約1ヶ月間が空いたこともあって、最初のうちはオケの反応もイマイチだったが、次第に良くなってきた。
 最後までやってから、頭からの返し。
 そろそろ譜面を音にするだけでなくて様々なニュアンスを醸し出す作業が必要でマエストロの要求もレベルが高くなってきた。
 個人的には、後半の伸ばしの音程が不安定なところがまだあって体力配分に留意しなければならないことを再認識。

 小一時間の休憩を挟んで、後半は、メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」。

 楽章ごとに通してから返す。
 メンデルスゾーンが譜面に書いていることが素直に音楽にできない部分がまだあり、なかなか難しい。
 第2楽章は、リズム感というかテンポ感というかノリというか、付点音符の演奏の精度が甘いと重たくなる。
 第3楽章は、短いながらも単に譜面を音にするだけでなく感情移入をしつつ表現の幅を広げるあたりのコンセンサスがまだできていない。
 第4楽章は、全体としての形は出来てきたが、まだ細部でもっと音符に気を使って音楽を作らなければならないところがあって、マエストロのチェックもその辺りに入った。

 今日は、上のホール東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の定期演奏会があったようで、リードのお世話になっている安本先生が吹いていたということを後で知った。
 今月届いた先生のリードは、絶好調なので本番までこの調子を維持したいところだ。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>