プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

日本IBM管弦楽団第23回定期演奏会終了

 日本IBM管弦楽団(IPOJ)第23回定期演奏会終了。

 演奏会場のすみだトリフォニーホールには、いつものように9時頃に到着。

 今日のステリハは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」からスタートなので、ピアノの調律が終わるまで控室で音出し。
 ステリハは、オケがホールの響きとピアノの鳴りに慣れるまで若干の時間を要した感じ。
 第1楽章の後半でVaが乱れる箇所があって、少し不安になる。
 私が座っている席からは、ソリストの手の動きも良く見えたので演奏しやすかった。

 次に「魔弾の射手」序曲。
 この曲は降り番なので、客席でオケの響きをチェック。
 管楽器が生音で聴こえてくるホールと言うことを再認識。

 最後にブラ3。
 時間がかなり押していたので、全楽章を通すことはせずに、各楽章の冒頭から要所をチェックすることに。

 予定よりもかなり時間を超過したステリハ終了後、休憩となり、ステージで出演者の記念撮影。
 その後、自分は後援会の受付のサポートを開演前まで担当したので、結局昼食を摂る間がなく、空腹のまま本番を迎えることになってしまった…orz
 
 本番。

 ブラ3は、本番になって各セクションがかなり集中力を持って演奏したので、破綻をきたすことはなかったが、それが逆に音楽の柔軟さを失う結果となっていたと思う。
 細かいところで綻びもあって、改めてこの曲の難しさを知った。

 ピアノ協奏曲は、ステリハでの課題がそのまま解決せずに出てしまった残念な部分があったが、ソロの石井 楓子さんの堂々たる演奏に感服した。
 個人的には、第2楽章で1ヵ所音がひっくり返ったところがあり、ステリハよりも少し固くなったところがあったが、まずまずの出来だったと思っている。

 アンコールの曲は、ショパンの『モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」による変奏曲 変ロ長調 作品2』より、テーマ曲、第1変奏曲の途中から第4変奏曲の後半へジャンプして、第5変奏曲と Alla Polacca. 。
 この曲は、ショパンが17歳の時の作品で、モーツァルトの歌劇「ドン・ドヴァンニ」の第1幕第3場のドン・ジョヴァンニとツェルリーナの2重唱「お手をどうぞ」("La ci darem la mano") を主題にした変奏曲とのこと。
 原曲はイ長調だが、この曲は変ロ長調で作曲された。
 なかなか生で演奏される機会の少ない曲だったと思うが、どのような感想をお持ちになったか知りたいところ。

 さて、本日の入場者数は、1,300人丁度だったとのこと。
 ステージから見ると3階席まで客席が埋まっていたので、もう少し入っていたかと思った。
 お忙しいところをご来場いただきました皆様に感謝申し上げます。
 どうもありがとうございました。

 さて次回は、指揮者に曽我 大介先生をお招きしてベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」を演奏することに決まっている。
 前プロは、ブラームスの「運命の歌」。
 この演奏会で共演する「一音入魂合唱団」が団員募集をしています。
 初心者の方でもきちんと指導があり、ステージに乗ることができますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
 どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

素晴らしい演奏をありがとうございました。

いつも、素晴らしい演奏での楽しい機会をいただき本当にどうもありがとうございます。前から3列目で聴かせていただきました。ピアノも圧巻でした。木管楽器も音がきれいで濃くて、とても素晴らしかったと思います。アンコールの曲も楽しい曲で、とても良かったです。アンコール曲が何であるかを知りたくて、いつも誘って下さっているビオラの中谷さんにメールで問い合わせる前に、どなかたかが情報を載せてくださっていないかと検索してみて、たどりつきました。アンコールもピアノ協奏曲仕立てだったので、とても得をした気分になりましたし、楽しくてワクワクと陽気な気分になって演奏会を聴き終えて帰れるという選曲なのが何よりでした。しばらく前に転職してIBMを離れていますが、同期入社の仲間や、しばらくぶりに会う一緒に仕事をした先輩の元気なお顔を見ることができたことも、嬉しかったです。演奏メンバーの中で仕事でご一緒だったことがあるのは、中谷さんと、バイオリンの吉野さんです。本当にいつもありがとうございます。次回も楽しみにしております。

Re: 素晴らしい演奏をありがとうございました。

Our Homeisland 様

コメントをありがとうございました。
お楽しみいただけたようで良かったです。
私も昨年退職して、准団員として参加しておりますが、引き続きこのオケでの活動を続けていきたいと思います。

次回は、曽我先生の第九、楽しみですね♪
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>