プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

齋藤先生の木管分奏: もう本番1ヶ月前なんだけど…

 午後の「ウルトラ演奏会」を前半だけ聴いて一旦帰宅してからザ・シンフォニカの木管分奏へ。

 今晩は、久しぶりに元東フィルOb首席の齋藤先生のご指導。
 今日は、この間購入したブルガリアから届いたリードケースのデビュー。

Reed_Case.jpgReed_Case_Inside.jpg


 まずは、幻想交響曲を1→2→3楽章の順で。
 先生のご指導で必ず指摘される調性の変化に対して、自分が吹いている音が第何音に当たるのかを理解して、ピッチの調整をするという作業。
 意識して吹くのとそうでないのとではかなりの違いが出る。
 それと、吹き出しが遅れるような場合の、ブレス位置。
 1小節前と16分音符分前から吸い出すというコツなど。
 後は「音に点を打つ」というコツなど。

 次にダフクロの第2組曲。
 冒頭の木管楽器の細かい音符がまだちゃんと吹けていない。
 早くて指が追いつかない原因として、どこかで指を強く押えている音があるとその次の音が遅れているというご指摘。
 これが無意識になっているとまずい。
 バスーンは、クロス・フィンガリングがかなりあるのだが、早いパッセージで指が回らない場合は、原因がこの辺りにあるかもしれないので、今後は意識してみたい。
 結局、各自のさらいが足りないから音楽的なご指導まで至らず。
 少しテンポを落として通すことに。
 もっと早い時期に先生のご指導があれば、さらい方のコツをマスターするうえでよかったのかもしれない。
 実は先生のご指導は、今日が最初で最後。
 本番もお仕事で聴きにいらっしゃれないとのこと。
 何とか名誉挽回といきたいものだ。

 最後の三角帽子は、降り番なので一足お先に帰路へ。

 さて、いよいよ定演本番まで、後1ヶ月となった。
 リードのコンディションに影響のある鬱陶しく湿気の多い梅雨が早く開けてくれることを望む。
 
 尚、この定演のチケットをご希望の方は、ご用意いたしますので、こちらのフォームからお知らせください(このフォームは、個人用で団を代表するものではありません)。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>