FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

懐かしの迷(?)演奏

昨日の同窓会のためにVcのW氏がわざわざ1977年9月の学園祭の時の管弦楽部の演奏と小生が彼を含めてドゥビエンヌのファゴット四重奏 Op.73-1を練習している様子をCD-ROMに焼いてきてくれたのでそれを聴きながら書いている。当時、小生は中古のシュライバーを師匠の紹介で手に入れてそれを吹いていたのだが、今こうして聴いて見ると、小職の音色は傑出していた…要するにイイ音していた…と思う。師匠のリードによるものに他ならない。オケの演奏は、それこそ音程メチャクチャで、今聴けば「何でー!?」というようなひどいもんだが、所々、すっごく「イイ音」している部分があるのだ。今でもそうだが、オケで吹いていて、ところどころでものすっごくイイ音に自分の音がはまっている瞬間って、「オケやってて良かったー!」と感じるのである。それがあるからオケはやめられない。この学園祭でのベートーヴェンの「運命」全楽章演奏というのは、高校オケの歴史始まって以来、最初に交響曲の全楽章を人前で演奏したという記録を残した。ドゥビエンヌは、細かい所はちゃんと音になっていないところも多々あるのだが、当時、この楽器を始めて3年足らずで、これほどの演奏ができていたという事実にあらためて驚いた次第。この頃のパワーを今一度蘇らせたいな。良き仲間との思い出を色々思い出したいい時間だった。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>